仔牛のパルメザンステーキの簡単レシピ

28 10月, 2019
牛肉は、タンパク質とミネラルをたっぷり含むお肉の一種です。さらに、今回ご紹介するパルメザンチーズと作る仔牛のステーキは、他の栄養素も含むレシピに仕上げました。

今回の記事では、ユニークなレシピ、「仔牛のパルメザンステーキ」をご紹介します。既にご存知でしょうが、仔牛肉は非常に栄養価が高い肉です。その食感と消化しやすいという特徴から、非常に人気があります。今回はその調理方法と驚くべき栄養価について学びましょう。

 

仔牛肉の健康へのメリット

仔牛は、1歳未満の牛肉です。フランス語の「veau」という名前は、柔らかい食感を表します(アングロノルマンフランス語ve(e)lと、「ふくらはぎ」を意味するラテン語のvitellusから)。

一般的に、仔牛は草と穀物を食べて育ち、これが仔牛特有のピンク色の理由です。人間の体の機能に不可欠である栄養素を高く含みます

ただし、医師の指示に従い、特に特定の病状がある場合は、適度に摂取する必要があります。

仔牛肉について

  • 鉄、カリウム、リン、ナトリウムなどのミネラルが豊富です。
  • 仔牛は、B、E、K複合体のビタミンの優れた供給源です。
  • 飽和脂肪酸を含むため、適度に摂取する必要があります。

パルメザンチーズの特徴

パルメザンステーキ

パルメザンチーズは、揚げたり焼いたりするレシピおける主要な材料としてよく使われます。

チーズはタンパク質、カルシウム、リン、鉄、リノール酸、ビタミンAおよびDが豊富で、仔牛のステーキに最適な材料です。

今こそ、このレシピのような新しいものを試す時です。美味しい手作りレシピは、一緒に夕食をとる人を喜ばせること間違いなし!

こちらもお読みください:お肉を食べるのを止めたら体に起こる10の変化

仔牛のパルメザンステーキ

肉 パルメザンステーキ
自分で切ることで、お好みの厚さで召し上がれます。

仔牛ステーキは、カットに応じて分類されます。サーロインステーキ(フィレ)、ロース、テンダーロイン、イチボなどです。

でも、サーロインの塊を購入して自分でスライスすれば、ステーキを好きな厚さで食べることができます。もちろん、肉屋さんで好きな厚さに切ってもらうこともできます。

材料

  • 赤ワイン 1カップ
  • にんにく 4片
  • 塩 大さじ1
  • コショウ 大さじ1/2
  • タイムパウダー 大さじ1
  • 仔牛サーロインステーキ 6切れ
  • クッキングペーパー
  • 牛乳 1/4カップ
  • 卵 2個
  • パン粉 1カップ
  • オリーブオイル 1カップ
  • キッチンペーパー
  • モッツァレラチーズ 1カップ
  • パルメザンチーズ 1/2カップ
  • アルミホイル
  • 飾り用のバジル

マリネの準備

マリネ パルメザンステーキ
マリネ液が、ステーキにさらなる風味を与えます。

肉から最高の風味を引き出すには、グリル、揚げ、焼きのいずれの調理方法であっても、まず数時間マリネして冷蔵する必要があります。また、オーブンでパルメザンチーズを数分間グリルしましょう。

  • まず、深みのあるグラタン皿に赤ワインを注ぎます。
  • 次に、つぶしたニンニク、塩、コショウ、タイムパウダーを加えます。
  • 仔牛肉を入れ、ワインとスパイスを吸収するように何回かひっくり返します。
  • 最後に、クッキングペーパーで覆い、少なくとも2時間冷蔵庫に寝かします。

こちらもお読みください:お肉をマリネする3つの方法

パルメザンチーズステーキの作り方

  • まず、オーブンを175〜190度に予熱します。
  • 次に、浅いボウルで卵と牛乳を混ぜます(お好みで塩を追加しましょう)。それとは別に、パン粉を平らなプレートに入れます。
  • 肉を冷蔵庫から取り出し、卵と牛乳を混ぜた液に通してからパン粉をつけます。
  • 後で使うのでマリネ液は取っておきます。
  • フライパンにオリーブオイルを入れて加熱し、肉を1枚ずつ、約5分間または黄金色になるまで焼きます。
  • ステーキをフライパンから取り出し、ペーパータオルの上に置いて余分なオイルを取り除きます
  • 次に、ステーキをマリネ液に浸します。ステーキ全てが収まるように、グラタン皿に並べます。パルメザンチーズとモッツァレラチーズをかけます。
  • 皿をアルミホイルで覆い、約10分間、予熱したオーブンで焼きます。
  • 10分経過したら、オーブンから皿を取り出します。パスタやサラダを添えて、食べる前に少し冷ましてからバジルを飾ります。