チベット流!体のためのガーリックオイル

7月 3, 2019
健康であったとしても、ガーリックオイルを料理の調味料として使用することからメリットが得られます。恐れずにこの体に良い治療薬を食生活に加えてみましょう。

ガーリックオイルにはたくさんの効能があり、健康を保つため、または病気の予防や治療のために食生活に取り入れるべきです。錠剤を購入することもできますが、自宅でガーリックオイル治療薬を作ることもできます。

この記事を通して、にんにくが持っている全ての効能を見つけましょう。このスーパーフードは、体を浄化し、免疫力を高めるのに役立ちます。またそれだけではなく、循環を改善し、フリーラジカルによるダメージからの回復に役立ちます。

ガーリックオイルは、食生活の一部に取り入れるべきです。

にんにくの効能

ガーリックオイル

何よりも、にんにくは健康に優れた効能があるスーパーフードです。昔から、多くの症状を治療するのに使用されてきました。

その効能は、主にアリシンおよびジアリルの2つの硫化物によってもたらされます。しかし、アミノ酸、ビタミンBとC、そしてマグネシウム、銅、カルシウム、セレン、リン、鉄、カリウムなどのミネラルも含んでいます。

にんにくは、

  • ウイルス、細菌、真菌、および寄生虫と闘うことができる強力な天然抗生物質です。
  • 抗発癌作用があります。
  • 抗酸化物質です。
  • 体内水分量を減らし、腎臓の機能を改善するのに役立ちます。
  • 神経系のバランスを保ちます。
  • 循環を改善し、コレステロールや高血圧を下げることによって、心血管疾患を防ぐことができます。
  • 高い血糖値を下げるのに役立ちます。
  • 肝臓と胆嚢を保護し、体内から毒素の排出を促進します。
  • 健康や肌の見た目を改善させます。にきび、乾癬、および他の皮膚障害を減少させます。
  • 消化作用を調節するのに役立ちます。
  • 自然な媚薬になります。

ご存知ですか?自家製ガーリックソースのレシピ

にんにくの摂取方法

予防および健康維持として全ての効能からメリットを受けるためには、1日に1片の生のにんにくを摂取することが理想です。

空腹時の摂取では効果がとても強いので、食事の一部として摂取するほうがいいでしょう。調理後もいくつかの効能はそのまま保つことができますが、全ての効能が同じままというわけではありません。

また、チベット文化では、にんにくを使って治療を行うための古代の秘伝レシピを明らかにしています。チベット僧侶は、アルコール漬けにしたにんにくのレシピを考案し、徐々に摂取する方法について指示を出しました。この方法で摂取することにより、その効能を徐々に体に吸収させることができるのです。

最近では、ガーリックオイルの錠剤を購入することができます。これらの錠剤は、臭いに我慢できない人や上手く消化できない人、またはどんな理由にしろにんにくを食べたくない人に強く推奨されています。

それでは、チベット流ガーリックオイルのレシピをご紹介します。これによって、とても体に良い2つの食べ物の効能を得ることができます。

チベット流!ガーリックオイル治療薬

ガーリックオイル

可能であれば、有機にんにくを使用しましょう。医療目的でこの治療薬を使用する場合には、農薬や他の有害な化学物質が含まれていないことが重要です。そうでなければ、この治療薬の有益な効果を奪いかねません。

材料

  • エクストラバージンオイル 4カップ
  • にんにく 30片

作り方

  • にんにくの皮をむき、半分に切ったら、密封されたグラスの瓶に入れます。
  • にんにくが覆われるようにエクストラバージンオイルを加えます。
  • 瓶をしっかりと閉め、乾燥した冷暗所に30日間保管します。冷蔵庫の中には入れないでください。
  • 2~3日に1回、瓶を少々振ります。
  • 30日経過したら、にんにくを取り除くためにオイルを濾し、ガーリックオイル治療薬を保管します。(取り出したにんにくも摂取することができます)

こちらもご参考に:強力なパワーをもつ3つの食材/玉ねぎ、にんにく、レモン

ガーリックオイル治療薬の使い方

治療の目的によって、さまざまな方法で使用することができます。

  1. 病気予防として、1日大さじ1杯を摂取します。そのまま飲んでもいいですし、食べ物と一緒に摂取することもできます。常に瓶から直接摂取し、全ての効能を逃さないようにしましょう。
  2. 料理の調味料として使用します(サラダ、パスタ、スープ、ソースなど)。やや柔らかめの味にしたい場合には、少なめのにんにくを使用するか、オイルをもっと加えてみましょう。
  • Soto, V., Camargo, A., González, R., & Galmarini, C. (2007). Síntesis y purificación de ajoeno y su cuantificación en aceites comerciales de ajo Synthesis and purification of ajoene and its quantification in commercial garlic oils. Revista de La Facultad de Ciencias Agrarias.
  • Navarro, M. C. (2007). Posibilidades terapéuticas del bulbo de ajo (Allium sativum). Revista de Fitoterapia.
  • Ardila, M., Vargas, A., Pérez, J., & Mejía, L. (2009). ENSAYO PRELIMINAR DE LA ACTIVIDAD ANTIBACTERIANA DE EXTRACTOS DE Allium sativum, Coriandrum sativum Y Eugenia vulgaris FRENTE A Clostridium perfringens. Biosalud.