甲状腺疾患が原因の抜け毛対策8選

甲状腺疾患を発症すると、髪はダメージを受けます。ただし、髪がダメージを受けて弱っているという事実をストレスに感じてしまうと、髪の症状を悪化させてしまいます。髪に適切な栄養を与えながら、精神面を改善していくことが大切です。

甲状腺疾患を発症すると、私たちの身体機能に変化が訪れます。その一つが、毛管サイクルの変化や深刻な抜け毛です。

甲状腺が毛包を刺激し、皮脂腺の健康バランスを保ち、皮脂の分泌を促進するため、甲状腺ホルモンの分泌と髪の健康は深く係わり合っています。

甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症を発症すると、髪がダメージを受けて弱く乾燥します。その結果、甲状腺バランスの崩れにより、慢性的で深刻な抜け毛を発症します。

甲状腺が原因の抜け毛の症状を解消するのは難しいといわれていますが、ご安心ください。

髪の状態を改善しながら丈夫にする方法がたくさんあります。本記事では今すぐにでも試したい7つの方法をご紹介します。

1.検査を行うこと

2-medical-exam

抜け毛の原因が甲状腺の異常や疾患ではないか?と疑っている方は、すぐに医師の診察を受けて、検査を行ってください。

甲状腺の活動やその影響をしっかりと理解することが大切です。甲状腺を発症すると、抜け毛以外にも様々な症状が現れます。

2.適量の甲状腺ホルモンサプリメントを摂取すること

どの甲状腺疾患なのかという診断がでると、現在の症状を改善するための甲状腺ホルモンサプリメントを使用した治療が始まります。

この治療は、身体が必要としているホルモンの量を正確に処方しますので、必ず医師の指導の元で行ってください。

3.食事を改善すること

 

何か病気を発症しているいないに関わらず、健康的な食事を摂ることは私たちの健康に大切です。特に甲状腺疾患を発症している場合は、できる限り早く食事療法を取り入れてください。

甲状腺疾患は、体内でコントロールできないホルモンが、私たちの身体能力を制限し、栄養素を吸収しようとするため、私たちの身体能力や機能を制限します。

ジャンクフードや加工食品などの身体に悪い食品や、炎症を引き起こす食品は甲状腺疾患の症状を悪化させるので、食べないように注意してください。

食事の改善は栄養士など、専門家の指導の元に行ってください。

避けるべき食品は、乳製品、グルテン、遺伝子操作をした食品(とうもろこし、大豆、一部の野菜など)ですが、以下の栄養素は積極的に取り入れてください:

  • セレニウム
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • ビタミンA、B、 D

4.コラーゲンを含む食品を積極的に摂取すること

コラーゲンとは、グルタミンを含むアミノ酸を豊富に含むタンパク質です。髪にハリと弾力を与えて丈夫で健康な髪へと再生させる働きがあります。

私たちの体内でもコラーゲンは生成されていますが、加齢と共に体内で生成されるコラーゲンの量は減少しますので、食品などから足りないコラーゲンを補ってください。

コラーゲンは、骨や関節の健康維持にも効果があるため、様々な慢性疾患のリスクを低下させます。

おすすめの食品:

  • ゼラチン
  • 赤い果物
  • 柑橘類
  • 卵の白身
  • 豆類
  • 魚介類

5.髪への熱を避けること

4-hair-brush

カールアイロン、ストレートアイロン、そしてヘアドライヤーなど、髪に熱を与える電化製品は健康的な髪の天敵です。特に甲状腺疾患が原因で弱っている髪に熱を加えてはいけません。

髪の構造そのものにダメージを与えて、髪を弱くしてしまいます。

6.体内への水分摂取量を増やすこと

水を飲むことは、体内器官の機能を正常に保つだけでなく、髪の健康維持にも効果的です。1日グラスに6〜8杯のを飲むと頭皮の乾燥を予防し、循環を促進します。

7.ゼラチンをシャンプーに加えること

5-gelatin

ゼラチンに含まれるタンパク質とコラーゲンは、髪の状態の強化とお手入れに効果があります。

副作用のある市販品とは異なり、安価にお試しいただける効果的な方法です。

ゼラチンを継続して使うことで、甲状腺疾患が原因の抜け毛をはじめとする髪の問題を予防する効果があります。

ゼラチンパウダー1/2袋を天然素材でできたシャンプー約230gに加えるだけで、手軽にはじめられる方法です。

8.ストレスを避けること

ストレスは、抜け毛を含む甲状腺疾患の症状を悪化させます。

精神状態が悪くなることで、毛管の健康に悪影響を与えて、抜け毛を引き起こすことが証明されています。

甲状腺疾患を発症している方は、医師の診断による治療計画に従い、定期的な検診を受けることも大切です。