コロナウイルスはどこから来たの?根絶できる?

5月 25, 2020
コロナウイルスの起源については、はっきりと確定できることはありません。そして、根絶できるかどうかもわかりません。他の似たウイルスと違わないのであれば、なんらかの薬が開発される一方で、いずれ力を失う傾向にあるでしょう。

コロナウイルスに関するニュースは、今日、世界中のメディアのヘッドラインとなっています。ですが、コロナウイルスは何が原因で始まったのか、そして根絶できるのかどうかは未だにわかっていません。

コロナウイルスの発生起源については様々な説がありますが、ソーシャルネットワークを通した間違ったニュースもよくあります。超機密プロットであるとか生物攻撃であるという説まで出回っています。こういった様々な噂が飛び交っていますが、誤った情報を信じこんでしまう人も多くいるでしょう。

同じように、どうして私たちがこれまでに根絶できていないのかについても様々な意見があります。不安定な決定に対して政府を批判する人もいますし、十分な研究を待つしかないと言う人もいます。

コロナウイルスはどこから来たの?

コロナウイルスの発生源は、コロナウイルスに関してはっきりとしていない点の一つです。理論はいくつかあり、中にはより証拠に基づいているものもありますが、それでも未だ結論は出ていないのです。

まず知っておきたいことは、コロナウイルスとは大きな科であるということです。そして人間に感染するのは初めてではないということをわかっておきましょう。

現在流行しているSARSーCoVー2ウイルスは、もともとコウモリが自然宿主です。そしてそれが人間に間接感染したのです。まずサンゼンコウに感染し、それが人間に感染したという意見もあります。サンゼンコウは、中国では漢方薬として人間が消費するために密売されているエキゾチックアニマルの一種です。

また、コロナウイルスは強さを増しているという理論もあります。コウモリは関係しておらず、このウイルスは直接サンゼンコウから人間に感染したという理論もあります。実際、サンゼンコウにからSARSーCoVー2ウイルスによく似た2種のコロナウイルスを発見した研究グループもあります。

動物から人間に感染するウイルスはたくさんあります。そのため、SARSーCoVー2コロナウイルスの起源が人獣共通感染症であるというのは、十中八九そうでしょう。

では、研究所で作られたとは考えられるのでしょうか?

もちろん、可能性はゼロではありません。ですが、証拠はありません。陰謀論を述べる人達はかなりいるようですが、現時点では推測のみです。

コウモリ

こちらも合わせてどうぞ:新型コロナウイルスの変異に関する情報

 

コロナウイルスは根絶できる?

人類はこれまでウイルスを根絶することができませんでした。人類は、古代よりウイルスや細菌と闘い続けてきたのです。ですが、天然痘と牛疫は、根絶に成功した2つの感染症です。

コロナウイルスは、人間を攻撃した最初の感染症ではありませんし、また、最も致死率の高いものでもありません。COVID−19が危険であるのは、その致死率ではなく、感染力です。このウイルスの問題は、一度に多くの人を感染させる力があるという点です。だから、皆がすでにわかっているように、医療機関が緊迫した状態になったり、最悪の場合崩壊してしまうのです。

 

病院のベッド

こちらも合わせてどうぞ:新型コロナウイルスが女性より男性に影響を与えるというのは本当?

コロナウイルスは今後どうなる?

コロナウイルスは世界中に広がってしまっていますので、おそらく、消えてなくなることはないでしょう。普通、こういったウイルスは時が経つにつれて有害さを失っていきます。生命体を殺してしまうことが目的ではないのです。ウイルスは自らが増殖するための生命体が必要なのです。

このコロナウイルスは新しいものですので、どのような活動をするのかはわかっていません。もし、他の似たウイルスと同じようであれば、ゆっくりとその力を失い、そして人間に適応していくでしょう。また、夏頃には感染者数が減り、冬に第二波がやってくると考えられています。

一方、世界中で多くの研究者がSARSーCoVー2の抗ウイルス剤を作りだそうとしています。このウイルス剤ができれば、ウイルスが体内で増殖するのを抑えることできるかもしれません。それに、10〜18ヶ月の間にワクチンが開発されるかもしれません。

共存することを学ぶ

コロナウイルスの感染が世界中に広がり、私たちはウイルスと共に生きる方法を学びつつあります。いずれ、このウイルスが私たちを取り巻く環境の一部となり、感染者数が落ち着くこととなるでしょう。コロナウイルスの始まりが何であるのか解明されるにせよ、未知のまま終わるにせよ、今後はSARSーCoVー2の存在を踏まえて視野を広げることが私たちに求められているのかもしれません。

  • TOCOLOS, D., & VIGILA, E. CORONAVIRUS SARS-COV-2.
  • Briggs, H., & BBC. (2020, 27 marzo). Coronavirus: cómo se estrecha el cerco sobre el pangolín como probable transmisor del patógeno que causa el covid-19. Recuperado 5 abril, 2020, de https://www.bbc.com/mundo/noticias-52066430
  • Bonilla-Aldana, D. K., Villamil-Gómez, W. E., Rabaan, A. A., & Rodriguez-Morales, A. J. (2018). Una nueva zoonosis viral de preocupación global: COVID-19, enfermedad por coronavirus 2019. Iatreia.
  • Cortés, Manuel E. “Coronavirus como amenaza a la salud pública.” Revista médica de Chile 148.1 (2020): 124-126.
  • Millán-Oñate, José, et al. “A new emerging zoonotic virus of concern: the 2019 novel Coronavirus (COVID-19).” Infectio 24.3 (2020).