新型コロナウイルスの変異に関する情報

23 5月, 2020
世界中の科学者が、感染が検出された患者の新型コロナウイルスが持つゲノムを分析しています。科学者たちの努力のおかげで、新型コロナウイルスの変異を特定し、各地域で追跡することができます。

COVID-19のパンデミックは広がり続けており、新型コロナウイルスの変異に関する最初の兆候は、時間の経過とともに科学的な根拠を得ています。こちらで2つのウイルス株の存在についての記事を発表して以来、科学界では現在も研究が続けられています。

多くの科学者によると、ウイルスの変異は以前から予想されており、新型コロナウイルス自体の組成が、その変異を説明しています。新型コロナウイルスはRNAウイルスであるため、次にに示すように、複製のエラーが原因でゲノムが変更される可能性が高くなります

COVID-19の感染が大流行してることに関して、科学者が記録しているこれらの変異は、新しいウイルスの出現を表すものではありません。新型コロナウイルスの大きな突然変異は、中国の武漢で起こりました。この変異により、このウイルスは動物間でのみ感染していたものが、人と人の間で広がるようになりなりました。

これらの変異は、疫学者が「株」または「系統」と呼ぶものです。これらは引き続きCOVID-19ですが、小さな変更が加えられています。本質的には、ウイルスはその特性を維持し、含まれているRNAの大部分は元のRNAと同じですが、一部が異なります。

新型コロナウイルスが変えることができるものとは?

前述のように、コロナウイルスの変異は、ウイルス自体の構造によって可能です。 COVID-19はRNAウイルスなので、そのゲノム(その遺伝情報)はリボ核酸にコード化されています。 RNAとは、ウイルスがどうあるべきかについての暗号化とコード化です。ウイルスが生物の中に入ると、宿主の細胞を利用して増殖します。これは、細胞の構造を利用して複製する寄生虫として機能します。

RNAウイルスが抱える問題の1つは、複製中にエラーを修正するシステムが不足していることです。素晴らしい検出と修正システムを持つデオキシリボ核酸であるDNAとは異なり RNAでは、ケースが異なります。

したがって、新型コロナウイルスが細胞内で自分自身の複製を作成し始めると、間違いを犯します。 RNAのこれらのエラーは、新型コロナウイルスの変異として検出されるものであり、異なる株を作成します。これらの変異によってウイルスの活動が大きく変わることはなく、それでもやはり同じウイルスです。

新型コロナウイルスの変異に関する情報 パンデミック
各国で検出されるコロナウイルスは、中国からの元のウイルスとは異なる場合があります。

続きを読む:買い物時に新型コロナウイルスへの感染を防ぐ方法

新型コロナウイルスの2つの株に関して専門家が推測すること

COVID-19のゲノムをコード化する科学者たちは、新型コロナウイルスには2つの主要な株があることを発見し、それを LとSの文字で名前を付けました。

L株は、2019年12月に武漢で始まったものです。入手可能なデータによると、L株は中国に閉じ込められたままですが、より致命的な株だと考えられています。

他の種類のウイルスであるS株は、その死亡率という点ではL株ほど攻撃的ではないと考えられていますが、より容易に感染が拡大し、中国を抜け出すことに成功したウイルス株です。実際には、この株が検出不可能であるという点が、感染拡大を可能にしたという理論もあります。新型コロナウイルスの診断検査は、L株に基づいて開発されたため、S株には自由に動き回ることができ、現在のパンデミックにつながりました。

制限措置の適用が遅れたことも、S株の感染拡大に大きな影響を与えたとされています。 2019年12月に新しいコロナウイルスが特定されてから武漢での感染の拡大が収まるまで、ほぼ1か月でした。

新型コロナウイルスの変異に関する情報 2つのウイルス株

発見:新型コロナウイルスとイブプロフェンは危険な組み合わせですか?

国ごとの新型コロナウイルスの突然変異

スペインの、バレンシア地区衛生および生物医学研究振興財団が、国内に存在するCOVID-19のRNAゲノムに関する情報を得ました。興味深いことに、これは今年の1月に中国が発表したゲノムとは異なることを発見しました。

ブラジル国家衛生監督局は、南米に感染を広げて、ブラジルで最初の症例を生み出した新型コロナウイルスが、武漢に由来するコロナウイルスに関して16の変異を持っていると報告しました。その一方で、より多くのニュースや研究が、引き続き同様の結果を示す可能性があります。

ただし、パンデミックに直面する私たちは、新型コロナウイルスの変異によって、ウイルスへの対応を変えてはいけません。安全と衛生への対策や予防措置は、最初から変わっていません。また、隔離措置に関する規則は、一部の国では自主的に遵守する必要がありますが、他の国では法的な拘束力のある義務的なものです。

RNAウイルスとして、新型コロナウイルスの恒常的な変異が予想されます。過去にSARSやMARSを引き起こした同じコロナウイルス属も、感染が広がるにつれて繰り返し変異しました。

科学の進歩が明確な情報に結びつく

迅速かつ効率的にコミュニケーションが可能な現代の科学の進歩に感謝しなければなりません。これにより、世界中の研究チームが協力して、リアルタイムでそれぞれの研究の前進を共有することが可能になりました。

新型コロナウイルスの変異は、その感染拡大の一部です。しかし幸いなことに、私たちには、それを追跡して記録するために必要な手段があります。これらの情報を責任を持って使用することで、新型コロナウイルスを封じ込めるのに役立つでしょう。

  • Tang, Xiaolu, et al. “On the origin and continuing evolution of SARS-CoV-2.” National Science Review (2020).
  • Bonilla-Aldana, D. Katterine, et al. “Una nueva zoonosis viral de preocupación global: COVID-19, enfermedad por coronavirus 2019.” Iatreia 33.2 (2020).
  • Sahin, Ahmet Riza, et al. “2019 Novel Coronavirus (COVID-19) Outbreak: A Review of the Current Literature.” EJMO 4.1 (2020): 1-7.
  • Li, Yanni, et al. “Similarities and Evolutionary Relationships of COVID-19 and Related Viruses.” arXiv preprint arXiv:2003.05580 (2020).