子供の生活に影響を与える小児喘息:原因と診断

呼吸困難が起こる小児喘息は、患者である子供が遊んだり運動をすることを困難にします。
子供の生活に影響を与える小児喘息:原因と診断

最後の更新: 04 5月, 2021

小児喘息は非常に一般的な病気だと考えられており、子供に最も頻繁に起こる慢性疾患です。現在の推定では、子供の5〜15%に影響を及ぼし、その発生率は徐々に増加し続けていることが示されています。

喘息は気道の炎症を特徴とする病気です。したがって、息を吸ったり吐いたりするときに、咳、窒息、喘鳴などの症状と共に発症する呼吸困難につながります。小児喘息は、多くの場合アレルギーと密接に関連しています。これは、より多くの子供が小児喘息を発症する理由の一つです。たとえば、喘息の子供は花粉、チリ、そしてダニなどにもアレルギーがあるのが一般的です。

今回は、小児喘息の最も一般的な原因と症状について説明します。小児喘息は、適切な治療を医師が処方する上で他の病気と区別することが非常に重要なので、医師がどのように診断するかについても説明します。

小児喘息とは?

前述のように、小児喘息は子供の気道に炎症が起こる病気で、空気が肺に出入りするときにより多くの抵抗が起こります。この状態は、一般的に危険な状態です。

小児喘息のほとんどの子供は、4歳になる前に最初の発作を起こします。発作時には気道の炎症は残っていますが、より危険な状態へと症状が悪化します。

喘息患者の半数以上が花粉やダニなどの一部の物質にアレルギーがあることに留意してください。これは、ほとんどの喘息発作を引き起こす要因の一つです。

子供の生活 小児喘息 原因 診断

症状

小児喘息の症状は、通常、呼吸困難と胸部のうっ血として現れます。このような症状を発症している小児喘息の子供は、頻繁に咳の発作を発症します。また、感染症や風邪を発症した時、または子供がストレスを受けているときに症状が悪化する傾向があります。

小児喘息の子供が呼吸しようとすると、喘鳴が起こります。これは通常、笛の音のように聞こえます。ただし、人によって症状が異なること、つまり子供によって症状が違うことを理解しましょう。

一般的には、アレルギーとの関連により、小児喘息が起こる2つの主要な季節があります。

  1. 子供たちにとって最も敏感な時期は、秋の始まりと学校が始まる時期です。これは温度の変化によるものです。
  2. 春は、より多くの小児喘息発作が起こる傾向があります。これは、多くの人に影響を与える、最も一般的なアレルゲンの1つである環境中の花粉の増加によるものです。

合併症

子供の生活 影響を与える 小児喘息 原因 診断

ほとんどの子供は上記の症状にだ​​け苦しんでいますが、一部の子供は合併症を発症する可能性があります。多くの場合、小児喘息は睡眠に関連する問題を引き起こします。これは呼吸困難が原因です。

また、呼吸器感染症は治癒に時間がかかります。小児喘息を発症する子供は、常に他の子供よりも疲れていて、遊んだり走り回ったりするような単純な活動を行うのに苦労する傾向があります。

小児喘息の診断

小児喘息は、特に5歳未満の小児では診断が困難です。これは、同様の症状を示す他の病気や、鼻炎、細気管支炎、副鼻腔炎なども喘息の症状と関連しているためです。

いくつかの検査を受けることで、医師が小児喘息を診断するのに役立ちます。たとえば、肺活量測定では、肺機能を評価できます。この検査を行っても診断を行う結論が出ない場合は、呼気一酸化窒素テストを使用します。

結論

小児喘息は、複数の原因と危険因子を伴う一般的な疾患です。また、ストレス、風邪、アレルギーなどと共に遺伝もその原因の一つであると考えられています。

小児喘息の症状は他の病気の症状と類似しているため、診断は困難です。したがって、医師が必要な検査を実施できるように、子供の症状を詳細に説明することが大切です。これにより、子供が適切な治療を受けて、小児喘息が悪化するのを防ぐことができます。

それはあなたに興味があるかもしれません...
急性の重症喘息:その症状と治療法
みんな健康Read it in みんな健康
急性の重症喘息:その症状と治療法

喘息患者は、日常生活の中で急性の激しい喘息発作を起こすリスクがあります。喘息の発作が起こると、時には致命的になる場合もあるため、病院に行って適切な救急医療を受けることが喘息治療の基本です。急性の重症喘息は人々が病院に行く一般的な理由の一つで、多くの場合は子供と10代の若者が医師の治療を必要とする年齢層です。