子供に教えておきたい習慣

子供のうちに教える習慣は、子供の成長に欠かせません。この記事では、子供たちが善良で健康な人間になるために、どのような習慣を教えればよいのかをお伝えします。
子供に教えておきたい習慣

最後の更新: 07 9月, 2021

親が直面する最大の課題の1つは、子供たちが良い人間になるための習慣を身につけさせることです。子供たちが世の中で良い行いをするように、健康的でポジティブな習慣を身につけさせなければなりません。これは、親の大きな責任の1つです。

習慣とは、同じ行動や似たような行動を繰り返すことで身につく行動のことです。心理学的には、身振り手振りから個人的な欲求の充足まで、あらゆるものが習慣になるとされています。習慣は学習の基本であり、親が子供に教えなければなりません。

子供に習慣を身につけさせるには

何よりも大切なのは、子供に安心感を与えることです。子供たちは、それぞれの活動の後に何が待っているのかを知っていなければなりません。例えば、夕食を食べたら、歯を磨き、眠る、という流れです。こうやって子供に安心感と先見性を与えなければならないのです。

安心感があれば、自分に自信を持てるようになります。家庭内での愛情表現も豊かになります。

家族全員が同じ行動パターンを持っていれば、子供に習慣を教えやすくなります。お母さん、お父さん、兄弟が何をすべきか、家族の中での自分の役割は何かを知っているのがベストです。家庭での役割を与え、協力を促すことが必要です。

しかし、安定した日常生活を送ることが何より大切であることを忘れてはいけません。バディア氏は、『3歳児における習慣とルーティンの重要性』という著作の中で、「習慣は子供の自律性を助ける」と述べています。習慣を身につけることで、日々の生活に対処するための手段を増やすことができます。

子供 習慣
読書と、新しいことに挑戦することは、どちらも子供に教えておきたい習慣です。

子供に教えておきたい習慣

常に良い習慣を教え、悪い習慣を避けるべき理由を説明するのが一番です。これは親にとって重要な仕事であり、子供の人生のターニングポイントでもあります。以下では、そのために役立ついくつかの方法をご紹介します。

1. 朝食はもちろん、どの食事も抜かない

朝食は、1日の中で最も重要な食事です。もちろん、1日3回の食事は必要ですが、1日の最初の食事は、その日1日を過ごすためのエネルギー源となります。

朝ごはんを食べないと、体は疲労状態に陥ります。つまり、ある種の “省エネモード “になってしまうのです。これは、集中力に影響を与え、疲れやすさを引き起こします。

2. 毎日の読書は、子供に身につけさせたい習慣の1つ

読書は五感を研ぎ澄まし、知識を蓄え、集中力や共感力を養い、世界の知識を広げるのに役立ちます。

寝る前に物語や小説を読んであげるといいでしょう。1日に1章ずつ読むと、子供は常に次の展開が気になるようになります。この習慣は義務ではなく、子供が興味を持って自発的に行うようにします。

3. 食品の栄養成分表示を確認する

健康的な食生活を送るためには、栄養成分表示を読まなくてはなりません。そうすることで、自分が何を食べているのか、それぞれの食品の糖分やカロリー、賞味期限や製造日、含まれている成分や添加物などを知ることができます。

また、原材料や栄養成分を見ることで、どの食品がより健康的かを比較することができます。

4. 理解してあげる

誰かの行動によって子供が焦ったり怒ったりしたときは、「自分も完璧ではない」ことを思い出させてあげ、「同じように自分も扱われたい?」と聞いてみましょう。

人には欠点や弱点があり、それが劣っているわけではないことを理解させます。自分が得意なことでも、他の人には難しいことであれば、上手にできる方法を教えることができることを伝えましょう。

5. 十分な睡眠をとる

睡眠時間は年齢によって異なります。3歳から5歳までは、1日10〜13時間の睡眠が必要です。6歳から13歳までは、1日9〜11時間の睡眠が必要とされています。睡眠時間が不足すると、学校の成績が悪くなります。他にも、思考力や判断力が低下したりする可能性があります。

6. スクリーンを見る時間を制限する

テレビを見たり、スマホやパソコン、タブレットを操作したりする時間を制限しましょう。一日のうち、決まった時間にテレビを見るようにスケジュールを立てましょう。ペアレンタルコントロールを利用するのもよい方法です。

7. 体育的、教育的な活動をする

ダンス、格闘技、水泳、射撃などの課外活動は、幼い頃から参加させることができます。体力に自信のない子供には、チェスや語学、ピアノ、アートなどのレッスンを受けさせるのもよいでしょう。

子供 習慣
運動も、子供のうちから教えておきたい習慣の1つです。

8. 手を洗う

手を洗うことは、良い習慣というだけではありません。食事の前やトイレの後に行うことで、汚染を防ぎ、子供の健康を保つことができます。

子供に教える習慣は、親の行動を反映する

子供は親の鏡であり、習慣はすぐには身につかないということを忘れないでください。時間をかけて繰り返したり、他の人がやっているのを見たりすることで身につきます。子供に習慣を教えることは、親として立派なことというだけでなく、子供を立派な人間にすることでもあるのです。

途中で落胆することはありません。子育ては終わりのない旅です。その過程を楽しみ、将来のある子供たちを育てていることを意識しましょう。

こちらの記事もおすすめです。
子供にとって大切な食習慣:ありがちな親の7つの間違い
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
子供にとって大切な食習慣:ありがちな親の7つの間違い

子供の適切な成長と発達のためには、バランスの取れた健康的な食事が必要です。しかし親が子供の食事に関して間違えることも多くあり、これが子供にとっての悪習慣となる傾向があるため注意が必要です。今回の記事では、親が間違いがちな子供の食事に関する7つのミスをご紹介します。