過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について

小児期にスクリーンに過度にさらされると、発達に悪影響が出る可能性があります。これは、学習や人間関係にも影響を与える可能性があります。
過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について

最後の更新: 15 2月, 2021

子供が電子機器の画面の前で多くの時間を過ごす、スクリーンへ過度の曝露は、認知および社会的感情の発達の低下に関連していることを示す科学的研究があります。スクリーンとは、スマートフォン、タブレット、テレビ、コンピューターなどを指します。

また、スクリーンタイムと呼ばれる、子供がスクリーンの前で過ごす時間が子供に与える影響を親が知らないことが多くあります。

今回の記事では、アメリカ小児学会のJAMA Pediatricsに掲載された2019年のMadigan、Browne、 Racine  と Toughによる最近の研究を使用します。

発達スクリーニングテストにおけるスクリーニングタイムと子供のパフォーマンスとの関連を調べたこの研究(Association Between Screen Time and Children’s Performance on a Developmental Screening Test)は、前述の電子機器を過度に使用した場合に、子供が苦しむ可能性のあるいくつかの悪影響を明らかにしています。

子供のスクリーンへの過度の曝露に関する科学的研究

分かりやすいように、研究内容と研究から明らかになったスクリーンタイムの影響をセクションに分けて説明します。

過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について タブレットで遊ぶ子供


研究

この研究は、2,400人のカナダの子供たちの発達を入念に追跡しました。結果として、子供が2歳と3歳の時点で、長時間スクリーンの前で過ごすほど、4歳と5歳でパフォーマンスが低下することが実証されました。

この調査では、5つの領域で子供の進歩を調査しました。

  • コミュニケーション
  • 総運動技能
  • 細かい作業を行う運動技能
  • 問題解決力
  • 社会的スキル

たとえば、コミュニケーションの習熟度を評価するために、4語の文章を作成したり、体の一般的な部分を特定したりできるかどうかを子供に質問しました。

また、運動技能を調べるために、自分の足で立つことやビーズを紐を通すなどの行動を行うように子供に頼みました。その結果、子供たちがスクリーンの前で過ごす時間が長ければ長いほど、運動面におけるパフォーマンスが悪くなると判断しました。

科学者たちは、人生の最初の5年間、脳は刺激に非常に敏感であると述べています。これは臨界期として知られています。実際、それは成長と成熟段階において非常に重要です。

過度のスクリーンタイムが子供に与える悪影響

すべての研究が、スクリーンへの露出である過度のスクリーンタイムが、子供たちが重要な機会を逃している可能性を示しました。過度のスクリーンタイムが妨げる可能性のある事柄は次の通りです。

  • 社会的およびコミュニケーション的発達(他の人々との相互作用)
  • 運動能力:スクリーンタイムが座りがちな生活を促進する
  • 人との緊密な関係の発展
  • 学習と情動の調整

前述の研究で述べられているように、子供がスクリーンを見続けることで、対人関係、運動能力、そしてコミュニケーションスキルを習得する機会を失う可能性があります。

したがって、過度のスクリーンタイムが子供に与える悪影響という点では、非常に深刻な結論につながります。スクリーンへの過度の露出は、すべてのレベルで子供の発達に悪影響を及ぼします。つまり、合理的かつ責任を持って電子機器を使用する子供たちと比べて、知能、さまざまなスキルや必要な能力が低下する可能性があります。

過度のスクリーンタイムが子供に与える影響について スマホで遊ぶ子供たち

社会経済的変数と性別による変数

研究によると、私たちが言及した5つのドメインにおいて、女の子は画面の前で過ごす時間が少なく、男の子よりも良いスコアを取得する傾向がありました。

一方で、最近まで子どもたちの主要な社会的感情学習や強化の場であったグループゲームが急激に減少していることが懸念されています。スクリーンタイムが長すぎると、子供たちの個人やグループでの遊びの時間がなくなります。

さらに、この研究のもう1つの重要な発見は、より多くの読書時間、運動時間、睡眠時間を取ることができている子供、または、両親のうつ病の値が低い就学前の子供たちのは、パフォーマンスがはるかに優れているという点です。

また、社会経済的レベルが最も低い人々が最も多くのスクリーンタイムを示したことがわかりました。つまり、これらの集団の子供たちが最もスクリーンタイムによる影響を受けていると考えられます。

子供たちは過度のスクリーンタイムの悪影響に受けています

研究者たちは過去10年間に、子供が過度にスクリーンへに曝露されると有害な結果が現れるという科学的証拠を示しましたが、今回ご紹介した研究結果は、特に重要な結果を示しています。

これは、2400人の被験者を対象とした初めての大規模な研究で、スクリーンと発達への悪影響とのより直接的な関係が示されました。

それはあなたに興味があるかもしれません...
子どもとテクノロジー依存
みんな健康Read it in みんな健康
子どもとテクノロジー依存

もしかして、うちの子ってタブレット漬け?テクノロジー依存なの?自問したことがある親御さんなら、これまでにお子さんがタブレットに夢中になる姿、取り上げられたり電池がなくなって憤慨する姿を見たことがあるのではないでしょうか?今日はそんなタブレット漬けーテクノロジー依存についてみていきましょう。



  • Hale, L., & Guan, S. (2015). Screen time and sleep among school-aged children and adolescents: a systematic literature review. Sleep medicine reviews21, 50-58.
  • Madigan, S., Browne, D., Racine, N., Mori, C., & Tough, S. (2019). Association between screen time and children’s performance on a developmental screening test. JAMA pediatrics173(3), 244-250.
  • Tandon, P. S., Zhou, C., Sallis, J. F., Cain, K. L., Frank, L. D., & Saelens, B. E. (2012). Home environment relationships with children’s physical activity, sedentary time, and screen time by socioeconomic status. International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity9(1), 88.