子どもの尿路感染症

19 10月, 2020
尿路感染症は、時に深刻なケースもあり、他の病気につながることもあります。そのため、尿路感染症の症状が現れたら、すぐに病院を受診することをお勧めします。

子どもが尿路感染症にかかるのは、とてもよくあることです。尿路感染症は、尿管、膀胱、腎臓に細菌が入り込むことで起こります。もし症状が現れたらすぐに治療を始めることが大切です。

今日は、尿路感染症とは何か、そしてどのように治療されるかについて見ていきましょう。

子どもの尿路感染症

尿路感染症は、泌尿器に細菌が存在したり、増殖することにより起こります。症状のない尿路感染症は、別の種類で、無症候性細菌尿と呼ばれます。

尿路感染症はどこが感染しているかによって分類されます。

子どもの尿路感染症の原因となる最も一般的な細菌は、プロテウス、クレブシエラ菌、エンテロバクター、レンサ球菌、ブドウ球菌でしょう。新生児の場合、リステリア・モノサイトゲネスやエンタラウコカスが多いでしょう。

残念ながら、子どもの尿路感染症はよくあることで、繰り返すことが多いようです。放っておくと長期的な合併症につながることもあります。そのため、少しでもおかしいと思ったら、すぐに小児科を受診して治療をしましょう。

こちらもあわせてどうぞ:子どもの咳に効く自然療法6選

尿路感染症の症状

母親と子ども

子どもの尿路感染症の症状は、年齢によって異なります新生児や生後6ヶ月未満の赤ちゃんは特に発見しにくいでしょう。一般的な症状は発熱(37℃以上)や排尿時の痛みです。

よくある症状は次のようなものです。

  • 排尿時の痛み、かゆみ、燃えるような感覚
  • 発熱
  • 膀胱周辺の痛み
  • 尿が濁っている、臭う、血が混じることもある
  • 嘔吐、過敏性
  • 不快感や寒気
  • 尿はほとんど出ないのに頻繁に尿意を感じる

しかし、感染が腎臓に到達してしまう急性灰白髄炎の場合は、より深刻な症状が現れます。高熱、倦怠感、食事が取れない、嘔吐などです。

尿路感染症の合併症

尿路感染症によって合併症が起こるケースもあります

  • 尿路のトラブル(尿管や尿道の障害物)
  • 腎臓の奇形やトラブル
  • 膀胱尿管逆流症 :腎臓と尿道に尿が流れる原因となる病気

子どもの尿路感染症はどう診断される?

こちらもあわせてどうぞ:子どもの窒息!対処と予防について

子どもの尿路感染症の治療方法

病院では、問診や触診、尿検査をして尿路感染症が診断されるでしょう。一般的に、尿検査ではどのようなタイプの感染か、そして一番良い治療法は何かが決定されるでしょう。

尿検査をするかどうかは、子どもの年齢にもよります。年齢の大きな子どもには、直接問診をし、尿を取るように言えるでしょうが、まだオムツをしているような乳幼児の場合はカテーテルで尿を取る場合もあります。

尿検査

尿路感染症は、抗生物質で治療されます。時には、治療が終了した後に再度尿の検査を行う医師もいます。これは、完全に感染が治っているか、体の他の部分に広がっていないかを確認するためです。

子どもの尿路感染症で深刻な場合、入院が必要となることもあります。入院が必要となるのは、特に生後6ヶ月未満の赤ちゃんの場合で、感染が腎臓に影響を及ぼしている時や自ら水分が摂取できず、脱水症状となっている時です。

大人の方へ

  • 最初の症状が現れたら、すぐに小児科を受診して診断してもらいましょう。
  • 診断を受けたら、医師の指示に従って抗生物質を投与しましょう。
  • 尿路感染症を起こした子どもが排尿する頻度を記録しましょう。説明できる年齢の子どもの場合は、排尿時の痛みがないかなども聞いて確認しましょう。
  • たくさんを飲ませましょう。

 

  • C. Rodrigo Gonzalo de Liria, M. Méndez Hernández, M. Azuara Robles, “Infección urinaria”, Protocolos diagnóstico-terapéuticos de la AEP: Infectología pediátrica, Asociación Española de Pediatría. https://www.aeped.es/sites/default/files/documentos/itu.pdf
  • Felipe Cavagnaro S.M., “Infección urinaria en la infancia”, Rev. chil. infectol. v.22 n.2 Santiago jun. 2005. http://dx.doi.org/10.4067/S0716-10182005000200007
  • Paulina Salas del C. et al. “Actualización en el diagnóstico y manejo de la infección urinaria en pediatría”, Rev Chil Pediatr 2012; 83 (3): 269-278.  http://dx.doi.org/10.4067/S0370-41062012000300009