傷跡を目立たなくする天然クリームの作り方

11月 2, 2019
体のどこかに傷があるという方で、隠したいと思っている方は多いのではないでしょうか。この自家製クリームを試してみてください。

一言で傷跡、と言いますが、その形や大きさは様々です。大きさやできている場所によっては、見た目が気になったり、自信をなくしてしまう、という人もいるでしょう。今日は、傷跡を目立たなくする天然クリームの作り方をご紹介します。

まず最初に、気になるその傷がやけどによるものなのか、それとも切り傷なのか、一時的なものか、そうでないのかをはっきりさせましょう。例えば、帝王切開による傷は女性にはよくあることです。これは、帝王切開をする以上は避けられない傷です。

ですが、この傷は目立たなくすることが可能です。帝王切開の傷が気になってビキニが着られなかった、という方はぜひ試してみてくださいね。

人間の体は傷を癒す力を秘めています。時間を掛けてゆっくりと癒していくのです。自然の植物を使ったクリームで、人の体が持つヒーリングプロセスをスピードアップさせましょう。

傷跡を目立たなくする天然アロエクリームの作り方

お腹の傷跡

アロエベラが持つ癒しの効果は、傷跡を目立たなくするのに役立つでしょう。また、やけどや傷を癒すのにも良いでしょう。アロエを使ったローションを使えば、肌が潤いを取り戻し、クリアになるのに気がつくはずです。

材料

  • ナチュラルココナッツオイル 大さじ1(15g)
  • アロエベラジェル 1と1/2カップ(375ml)
  • 香油 20滴
  • 小麦胚芽オイル 大さじ1と1/2(21ml)
  • ローズヒップオイル 20滴

作り方

  • 最初に、ココナッツオイルとアロエベラジェルを小さめのボールに入れて混ぜ合わせます。とろっとした状態にしましょう。
  • 次に、小麦胚芽、香油、ローズヒップオイルを入れてよく混ぜます。
  • 傷が気になる部分にこのローションを塗ります。1日1〜2回行いましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:見逃せないアロエベラの健康効果とは?

 

フーラー土

傷跡を目立たなくするパック

フーラー土とは、吸収力のある泥です。皮膚の脂肪組織を減らし、傷跡を目立たなくする効果があるでしょう。また、肌に弾力を取り戻してくれるはずです。

材料

  • フーラー土 大さじ1(15g)
  • ライム汁 小さじ1/2(7ml)
  • ローズウォーター 大さじ1(15ml)

作り方

  • 最初に材料を全て混ぜ合わせ、なめらかな状態にします。傷が気になる部分に塗りましょう。
  • 塗った後、30〜45分そのままにしておきます。その後、たっぷりの水で洗い流しましょう。
  • 週に1〜2度、結果が見えるまで続けて行いましょう。

オートミールのクリームマスク

傷跡を目立たなくする麦

オートミールはタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが豊富な穀物です。肌の傷跡を見立たなくしてくれるかもしれせん。オートミールで作るローションは、乾燥が気になるカサカサ肌の潤い対策にも良いでしょう。

このオートミールマスクなら、肌にたっぷりの水分が与えられ、傷跡が目立たなくなるかもしれません。

材料

  • サワークリーム 大さじ2(30ml)
  • プレーンヨーグルト 大さじ2(30ml)
  • オートミール 大さじ1(15g)

作り方

  • サワークリームとヨーグルトをボールに入れて混ぜ合わせます。
  • オートミールを加え、よく混ぜ合わせます。
  • 傷の気になる部分に作ったペーストを塗ります。15〜20分おきましょう。その後冷たい水で洗い流します。
  • 週に1〜2回この方法を試しましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:エクストラバージンオリーブオイルの健康効果6選

 

 

玉ねぎの汁とオリーブオイルのクリーム

玉ねぎはどこのご家庭にも常備されている、と言っても過言ではないほどよく使われている野菜です。実は、玉ねぎには癒しの効果があり、傷跡を癒すのに理想的です。また、オリーブオイルと玉ねぎを組み合わせることで、より効果的になるでしょう。オリーブオイルト玉ねぎには、皮膚組織の再生を助けるミネラルが含まれているからです。

材料

作り方

  • 玉ねぎを四角く適当な大きさに切り、ブレンダーに入れる。汁が出るまで攪拌し、小さめのボールに汁を入れる。
  • オリーブオイルを加え、よく混ぜ合わせる。
  • 傷が気になる部分に塗り、20〜30分おく。時間が経ったら、冷たい水で洗い流す。
  • この方法を1日1〜2回行いましょう。

簡単な手順でできる自家製のクリームで気になる傷跡を目立たなくし、ヘルシーな肌を保ちましょう。美しい肌を見せるのを恐れてはいけません。

  • Andrades, Patricio, Susana Benítez, and Arturo Prado. “Recomendaciones para el manejo de cicatrices hipertróficas y queloides.” Revista chilena de cirugía 58.2 (2006): 78-88.
  • Bernabéu, Alejandra. “Tratamiento de las cicatrices.” Offarm: Farmacia y Sociedad 28.2 (2009): 40-43.
  • Jornet, Josep M. Petit, et al. “Prevención y tratamiento de la cicatriz patológica.” Revista ROL de enfermería 27.1 (2004): 7-12.