起床後に水を飲むと体に良いのは何故?

· 1月 18, 2016
なぜ起床後に水を飲むことは体にいいのでしょうか。それは、脳の力を向上させ、あなたをよりフレッシュに、よりエネルギッシュに、より健康にしてくれます。

水をたくさん飲むのは重要な生活習慣のひとつであることは、皆さんご存知かと思います。水は人間の臓器の機能全てに不可欠な液体です。しかし、一日の中でいつ 水を飲む のが本当に健康的なメリットがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか。

もちろん水はいつ飲んでも体にいいのですが、専門家は、朝起床した後空腹時に少なくともグラス一杯の水を飲むことを勧めています。一体どうしてなのでしょうか?ということで、この記事では朝起きて最初に水を飲むことのメリットをご説明します。

体全体が脱水症状になることを防ぐ

長時間寝ると、体から水分が失われるのは一般的です。前日にどれくらい水を飲んでいたというのは関係がありません。というのは、体は不要なものを排出してしまっているからです。なので、起床後すぐに水を補給することが重要なのです。

こちらもお読みください:

水分が脳に与える効果5選

コップ一杯の温かいお湯が、一日をスタートさせるには最適です。水分を補給することで脱水症状になるのを防ぐのに加え、あなたの気分をよりフレッシュに、よりエネルギッシュにしてくれます。

体から毒素を排出するのに役立つ

空腹時に水を飲むことは、ただ水分を補給し体の細胞に栄養を与えるというほかに、体が必要としない毒素の排出を促進するのに役立ちます。睡眠中、体は自分自身を修復し、エネルギーを補充し、ホルモンのバランスを調整します。その副産物として、多量の毒素や、できるだけ早く排出される必要がある廃棄物が発生してしまいます。朝起きて最初にコップ一杯の温かいお湯を飲むと、これらの毒素の除去を促進するのに役立ちますし、体から必要でない物質を除去してくれます。水を飲み毒素が体から排出されることで、体全体が健康であると感じ、お肌もきれいに見えるでしょう。

新陳代謝を盛んにする

あなたが体重を減らしたいのであれば、空腹時に水を飲むことは始めるのに良い習慣です。というのは毎日十分に水を飲むことは健康的な体重を維持するのに重要で、かつ食事の前に水を飲むのがより効果的です。 

このシンプルな習慣が体の新陳代謝を盛んにしてくれるだけではありません。B-Nutritious創業者のブルック・アルバート氏やニューヨークにあるレノックスヒル病院(Lenox Hill)の物理学者ケーリーピーターソン氏によると、水そのものにカロリーを燃やす効能はなくとも、カロリーを燃やすための体の能力を向上させてくれると言います。それに加え、多くの水を飲むことで満腹感を得て、たくさん食べたいという衝動を抑えることができます。

胸焼けを軽減する

腹痛

胸焼けは、一般的に悪い習慣や栄養不足などの結果としてよくある問題になっています。胸焼けは通常刺激性の食品を食べた後に起こりますが、それはまた一日の早い時間に発生することが多いです。温かいお湯を起床後に飲むことで、胃酸をおさえてくれます。

こちらも合わせてお読みください:

冷水よりも白湯を飲むべき4つの理由

脳のエネルギーになる

脳の75%は水分であることは既にご存知かと思います。あなたの体に適切な水分がなかったら、脳も同じようにダメージを受け、必要な働きができなくなってしまいます。朝十分な水を飲めば、脳はより強く、しっかりした働きができるようになります。

消化を改善し、便秘を防ぐ

便秘

消化不良や便秘の主要な原因のひとつは、体内の水分不足です。空腹時に水を飲むことによって便通が良くなり、消化不良などを防ぐことができます。

病気を防ぐ・病気を改善する

水を継続的に摂取することは、体のコンディションを維持し、健康的な問題を防ぐのに重要です。

適切な臓器の機能を促進するために、水は重要な鍵となっています。なぜなら水は血栓や高血圧などを防いだり、場合によっては改善したりすることができるからです。また、空腹時に水を飲むことで大腸がクレンジングされ、栄養素の吸収率がアップする効果があるとされています。

健康的な肌を維持する

大事なことを言い忘れていましたが、朝起きて最初に水を飲むということはお肌にもとても良いのです。朝食前にコップ1杯もしくは2杯の水を飲むことは、お肌をより保湿された状態で、ひきしまった若々しい肌に見せるための確実な方法です。お肌の弾力を保持し、しわを防いでくれます。