記憶力を高める5つの食品

9月 21, 2015

最近物忘れが多いと心当たりがある方もいるのではないでしょうか。記憶力は20代をピークに加齢と共に衰えていきます。更に近年では、パソコンやスマートフォンの普及により、「覚える」という作業をしなくなったため、若者の間でも記憶力の低下の傾向があります。この記事では、特に記憶力の改善に良い5つの食品をご紹介します。普段から食べるようにして、記憶力の低下を防ぎましょう。

1. クランベリー

クランベリー

クランベリーは、健康に良い食べ物の中でも最も人気のある果物の1つです。この数年、その特性と利点のおかげで非常に人気になりました。クランベリーは、その特徴的な色を与えて、脳の退化を防ぐ色素であるアントシアニンを含んでいるため、記憶力をよくしてくれます。クランベリーは記憶機能に介入する認知過程を高めるため、アルツハイマー病や老人性痴呆症のような病気を防止する大きな手助けとなります。

2. リンゴ

りんご

リンゴは、記憶力強化に役に立つ特性を含む食物です。これは、病的過程であろうと通常の老化であろうと、記憶に影響を及ぼす退行プロセスを失速させ防止する抗酸化物質である、クエルセチンを多く含んでいるからです。この成分は、果肉の中にもありますが、特にリンゴの皮にあります。従って、リンゴを丸かじりで皮ごと食べるのが効果的です。細胞を刺激して脳シナプスを最高の形に保つため、記憶力の向上に繋がります。

3. ホウレンソウ

ほうれん草

ホウレンソウは、間違いなく記憶を助ける最も人気のある食べ物の1つです。ホウレンソウが一般的に記憶と脳に良いことはよく知られています。なぜなら、脳細胞を退行プロセスから保護する化学物質であるルテインを含んでいるからです。また葉酸も豊富で、情報をより速く処理して、知的パフォーマンスを向上させるのに最適です。また、鉄分含有量も相当です。

4. セロリ

セロリ

セロリは、記憶力アップに利用できる、もう一つの天然の食べ物です。セロリはルテオリンと呼ばれる、老化現象の負の影響を減らし、記憶を失うことにつながる脳内炎症を引き起こす分子の生産と放出を減少させる化学物質をかなりの量含有しています。そして実際、セロリは頭痛と片頭痛を防ぐのにも有効です

5. 魚

魚

マグロ、サーモン、マス、イワシなど特定の種類の魚も、記憶の維持を助けます。すでにご存知かもしれませんが、これらの魚(特にサーモン)はオメガ-3脂肪酸を相当量含み、一般的に体に非常に良いのです。この種の脂肪酸は、神経系にポジティブな影響を及ぼします。これらの魚はまた、記憶と認知過程の適切な機能に必要な基本的要素であるヨウ素を含んでいます。

あなたへおすすめ