筋肉の拘縮を解消する5つの方法

4月 6, 2018
筋肉の拘縮(こうしゅく)は何らかの原因で収縮し、運動機能が制限された状態の事を指し、痛みを伴うことがあります。しかし、正しい処置を施すことで自然に、そして素早く症状を解消することが出来ます。

筋肉の拘縮は体の特定の部分の筋肉が収縮することで、一般的に以下の部分によく見られます。

  • 背中、肩甲骨あたり

これは患部の運動機能を制限して、不快感と痛みを患者に与えるのです。

しかし、ある方法を知っていると簡単に拘縮を解消することが出来ます。

もし、素早く効果的な方法を探しているなら、今回紹介する記事の中に答えは隠されています。お見逃しなく!

拘縮とは?

拘縮とは

拘縮は筋肉のコブとしても知られています。

この収縮は血行の流れを制限して、血が筋肉細胞に届かないようにしてしまうのです。その為、毒素が筋肉の中に蓄積して、神経終末が脳に不快感や痛みの信号を送るのです。

そして、この痛みを緩和する唯一の方法は、この収縮を治して血行の流を改善するだけなのです。

拘縮の原因

拘縮は様々な理由によって引き起こされます。下記にその例をいくつか挙げるので確認してみましょう。

  • 筋肉が対応できないほど負荷をかける、または圧迫する
  • 筋肉が弱っている状態でさらに負荷をかける
  • 座ってばかりの生活習慣
  • 同じ態勢を長時間とる
  • 急激なストレッチ
  • 風邪
  • 悪い食生活
  • 十分な量の水を飲んでいない
  • ストレスや不安

拘縮を解消する方法

拘縮を解消する方法

1.筋肉に負荷をかけない

拘縮を解消するために第一にしなければいけないことは、筋肉、またはその部分に負担をかけないことです。これ以上ダメージを与えないよう、出来るだけ負荷をかけないでください。

2.温かいシャワー

温かいシャワー

拘縮を解消するには、温かいシャワーがとても効果的です。これは以下のような働きをしてくれます。

  • 痛みを軽減する
  • 筋肉をリラックスさせる
  • 血行を改善する

拘縮を素早く治療するには、5分から10分間シャワーを当て続けるのが良いでしょう。これを一日二回行うようにしてください。

3.ローズマリーと粘土

ローズマリーは抗炎症性や痙攣を和らげる特徴の他に、血液の循環を改善する働きもしてくれます。そして、粘土は筋肉の痛みを解消する力を持っているのです。

このローズマリーと粘土の持つ力が拘縮を解消する最適な治療薬となってくれます。

材料

  • ローズマリー:50グラム
  • 白い粘土:200グラム
  • 水:200ml

作り方

  • 水とローズマリーをやかんに入れます。
  • それを10分間沸騰させてください。
  • その後に20分間待ちます。
  • ざるなどを使ってその水だけを取り出してください。
  • そこに粘土を加え塊が無くなるまで良く混ぜます。
  • 2時間程置いたら完成です。

使い方

  • 患部に直接塗ってください。
  • そのまま20分待ちます。
  • 温かいお湯で洗い流します。
  • 一日二回行いましょう。

また、洗い流した後に、患部に天然オイルを塗ってあげるのもお勧めです。

4.ストレッチ

ストレッチ

ストレッチは拘縮に悩んでいる時にとても大切な行動の一つで、正しく行うことで筋肉を収縮を元に戻してくれます。

しかし、さらにダメージを与えてしまう可能性もあるので筋肉を圧迫し過ぎないように気をつけてください。

5.アルニカ軟膏

アルニカには抗炎症性と鎮痛作用があり、患部の痛みや炎症を緩和するのに最適です。

アルニカ軟膏を塗る時は筋肉をリラックスさせるために優しくマッサージしながら塗ってあげましょう。

シャワーの後など、一日3、4回軟膏を塗ってあげるのがお勧めです。

拘縮の予防法

拘縮を予防するため、以下のことを実践するようにしてみましょう。

  • 筋肉には限界があるので、過度の負荷や圧迫を避けてください
  • 筋肉を休めている時や弱っている時は負荷をかけないでください
  • 日常的に運動をしましょう
  • 良い姿勢を保ちましょう
  • 急に体を伸ばしたりせず、必要だと思ったら小まめにストレッチをするようにしましょう
  • 風邪を引いた時はしっかり休んでください
  • バランスの良い食事をしましょう
  • 水をたくさん飲みましょう

このような予防法を実践することで症状を素早く抑えて、拘縮を解消することができるでしょう。

もし何の変化も見られない場合は理学療法士などに相談して、しっかり拘縮を治癒する措置をとってください。

あなたへおすすめ