血液の循環を良くする自然療法

· 3月 9, 2019
血液の循環を良くする自然療法はたくさんありますが、その中でも効果の高いものを5つご紹介します。

不健康な生活習慣や食習慣は血液の循環に悪影響を与え、心臓の病気を引き起こすリスクを高めます。症状が少しずつ現れるため、気付いた時には病気がかなり進んでいることがほとんどです。ですが天然のものを使って血液の循環を改善する方法があります。

 

血液の循環が良いか悪いかどうやったら分かる?

血液の循環が悪いのは意外と簡単に分かります。例えば手や足先が冷たく感じるのもそうです。

血液がうまく体の先端にまで流れないため冷えてしまうのです。ジンジンとする感覚が起きるのは、血液が流れるのを邪魔する脂肪がどこかに蓄積されているたです。

血流が悪いというのは、体全体にうまく血液が届かないということで、それはつまり酸素や栄養分がうまく届いていないことを意味します。

必要な酸素が届ききらず疲労感を感じたり手や足先、唇の色が悪くなったりします。

こちらもご覧ください:疲労感の7つの理由

 

血液の循環を良くする5つの自然療法

血の巡り

ここでは血液の流れをよくする5つの自然療法をお伝えします。

そのまま食べたり、インフュージョンを作ったり、ジュースやその他の食材と混ぜたりして取り入れます。

 

1.にんにく

にんにく 血液の循環

にんにくには多くの効能があります。その一つが血液の循環を良くすることです。

シンプルで便利な取り入れ方は毎日の料理で頻繁に使うことです。料理に豊かなフレーバーを添えるだけでなく、血液の流れも良くなります。

最もおススメなのは、空腹時にニンニクを食べることです。

ここではレモンを組みわせたジュースの作り方をご紹介します。色々なものに使えるのでとても便利ですよ。

材料

・にんにく  3片

・レモン果汁  45ml

・水  200ml

シナモン  適量

作り方

・にんにくを細かく切ったら水に入れます。

・レモン果汁を加えてよく混ぜます。

・お好みでシナモンを加えます。寝る前の空腹時に飲んでください。

 

2.イチョウの葉

イチョウの葉 血液の循環

血管を拡張させる効果のある薬草です。お店で抽出液のカプセルなどを見つけることが出来ます。お好みのものを選んでください。

もし葉っぱが手に入るなら、インフュージョンを作りましょう。1日1回飲んでください

材料

・乾燥したイチョウの葉  15g

・水  250ml

作り方

・水を火に5分かけ、イチョウの葉を加えます。火からおろし濾したら甘みを付けます。

・1日1杯飲むのがおススメです。

注意:妊娠中、不眠症、不安症の方は飲まないでください。

 

3.ブッチャーズブルーム

ブッチャーズブルームはハーブのお店や薬局などで手に入ります。静脈瘤や痔核、胃のもたれ、足や足首のむくみを予防します。

またブッチャーズブルームのクリームで足をマッサージしても良いです。

体に取り込むにはインフュージョンを作ったり、浴槽に入れたりします。

材料

・ドライブッチャーズブルーム  15g

・水  250ml

作り方

・湯を沸かしブッチャーズブルームを加えます。火からおろししばらく置きます。

・濾して甘みを付けます。午前と午後、2回飲んでください。

 

4.ダンデライオン

ダンデライオン

ダンデライオンはあらゆる効能があることで知られるフローラルハーブです。目の機能や肝臓の機能を改善し、ニキビを予防します。

また体液貯留を緩和するのでダイエットにも効果的です。血流の循環を良くする作用もあります。もっとも簡単な取り入れ方はインフュージョンを作ることです。

材料

・ダンデライオン  45g

・お好みのハーブ  15g

・水  1ℓ

作り方

・湯が沸騰したらダンデライオンを加えて5分そのまま火にかけ続けます。

火を止めお好みのハーブを加え、5分置きます

・濾したら甘みを付けます。1日2回飲むことをおススメします。

こちらもご覧ください:タンポポの優れた7つの効能

 

5.ターメリック

ターメリックには血液の循環を良くする作用があります。抗炎症作用や抗酸化作用など健康に良い効能がたくさんあります。主成分がクミンで、動脈内のプラーク形成を抑え血管の詰まりを解消します。

ターメリック ブッチャーズブルーム

材料

・ターメリックパウダー  10g

・はちみつ  7.5g

・熱した牛乳  200ml

作り方

・温めた牛乳にターメリックとはちみつを加えてよく混ぜます。

1日に1回か2回飲むのをお勧めします。

日常的に運動をし、ヘルシーでバランスの良い食生活を心がけてください。

血液の問題はなかなか表に出にくいものです。ですので何かしらの症状が出たらすぐに気づけるよう、常に注意を払いましょう