健康で美しいまつ毛の育て方

· 9月 14, 2015

誰もが、顔の印象を変えてくれる長くて、魅力的で、健康的なまつ毛を手に入れたいですよね? 美的な観点からだけでなく、まつ毛は、眼を日光の日差しから守ったり異物や汚れが入らない様に防いでくれていることも忘れてはいけません。長くてふさふさしたまつ毛は、視力と私たちの健康にもとても大切なものなんです。今回は、そんな健康的なまつ毛の育て方を見ていきましょう。

まつ毛に関する問題の原因とは

皮膚科医によると、まつ毛一本の平均的な寿命は、約5か月で、その後に新しいまつ毛に生え変わるそうです。しかし、新しいまつ毛が、抜けたものの代わりに生えてくるかどうかは、以下に挙げるような要因次第になります。また、なぜまつ毛が細くなってしまったり、成長が止まってしまったりするのかも見ていきましょう。

・バランスの悪い食事: 特定のビタミンやミネラルが足りないと、細くなってしまったり成長が止まってしまいます。また、髪の抜け毛と同様で、まつ毛も抜けてしまうのです。ビタミンB、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンH(ビオチン)や十分なマグネシウムや鉄分などのミネラルを含んだバランスの良い食事が必要になります。その為に、ほうれん草、芽キャベツ、ブロッコリーなどの緑色野菜とビール酵母などの穀物、また、くるみ、ピスタチオやアーモンド等のドライフルーツやサーモンなどのオメガ3を含んだ物を食べるようにしましょう。

・化粧に関する悪習慣: 夜に化粧を落とさないで寝てしまうのはいけません。化粧したままで寝てしまうと顔に汚れがたまってしまいます。特にウォータープルーフのマスカラは落としにくい為、目の周囲を綺麗にしっかりと洗う事が難しいですが、専用メイク落としを使って、まつ毛に沿って内側から外側に優しく落としていきましょう。

・ビューラーの使用: 急いで化粧している時って、ビューラーがどんなにまつ毛を傷つけてしまうか忘れがちですよね。一般的にビューラーは、金属とプラスチックにゴムの部分が乗っった物が多いですが、それらがまつ毛を痛めてしまうのです。引っ張り過ぎて抜けてしまうこともあります。定期的にゴムの部分を新しい物に変えてくれぐれも気をつけて使って下さい。

麦粒腫: これは、瞼(眼瞼炎)の炎症で、脂肪の蓄積による膿腫です。汚れた手などで目を擦り眼がバクテリアと接触することによって引き起こされます。

・脂漏症: 過剰な脂が瞼の先端に溜まることが原因です。まつ毛同士がくっ付いてしまって、瞼に白い塊の様な物が出来てしまいます。この症状は若い人によく見られますが、栄養不足やホルモンの変化で起こります。

健康で美しいまつ毛を育てる為の療法

まつ毛の為の栄養たっぷりスムージー

bi-toju-su

栄養たっぷりのジュースを朝食に飲む事は、健康で美くしいまつ毛や、艶のある髪のためにもとても良いことです。人参2本、オレンジ1つ、テーブルスプーン1杯の蜂蜜、くるみ2つを砕いたものと松の実を少々、全てをミキサーにかけて作ったジュース、出来たてを飲みましょう。

 

まつ毛を強くする

Himashiabura

 

よくお化粧をする人は、栄養補給が出来る色の付かないクリームなどを下地に使いましょう。いつもはお化粧をしない人でも小さなブラシなどを使って、まつ毛の手入れをするのはとても良いんですよ。ブラシに薄くワセリンやひまし油を塗ってとかせば、まつ毛は、強くてより健康的になるでしょう。でも、使い過ぎると結膜炎を起こしたり、まつ毛にダメージを与えてしまうので気を付けてください。

 

カモミールを使った療法

Chamomile

 

この療法は、夜間にするのがお勧めで、健康で艶のあるまつ毛を保ってくれます。カモミールは、有機栽培の物でティーバッグではない物を使って下さい。1カップの水でカモミールの花2つか3つを沸かし、丸めた綿につけて、まつ毛をやさしく擦って行きます。

 

まばたきを頻繁にしてみましょう

皮膚科医によると、まばたきは、瞼の循環を良くしてまつ毛の成長を促進してくれるそうです。

適切なまつ毛専用マスカラを使いましょう

セラミド、ビタミンB5とSPF効果があるパンテノールが入ったマスカラを使うようにしましょう。ウォータプルーフマスカラ(水がついても落ちない)は、落とすことが難しいので、通常のマスカラよりもダメージが大きいです。また、ビューラ―は、バクテリアが付きやすいので、いつも清潔にしておいてください。