革靴をきれいにする方法:効果的な5つのアドバイス

9月 28, 2019
革靴を最適な状態に保つには、特別なお手入れが必要です。今回ご紹介する5つの興味深いアドバイスとコツを学んだら、早速革靴のお手入れを始めましょう。

革靴のお手入れは、慣れていない人にとっては退屈な作業になるかもしれません。

革靴をきれいにする製品が多く市販されていますが、あまりお金をかけずに革靴をきれいにするアドバイスやコツがあるのをご存知ですか?

本記事では、革靴の汚れを取り覗き、柔らかく光沢のある外観を取り戻すためのお手入れ方法を5つご紹介します。

今回の方法はすべて天然の洗浄成分を使用するため、高価な製品を購入する必要はありません。

ご存知ですか?:いつもきれいで清潔に!靴のお手入れ方法を学ぼう

革靴をきれいにするための5つのアドバイス

革靴を完璧な状態に保つ最も良い方法は、履くたびにお手入れを少し行うことです。

履いた後のお手入れを怠ると、靴の表面にはごみが蓄積し、素材の劣化を促進します。

こちらもご参考に:靴の嫌な臭いを消す7つの方法

1. 革靴をブラシまたは布で拭く

革靴のお手入れ方法

布またはブラシを使用して革靴の表面の汚れを取り除きます。

革靴をきれいにする最初の方法は、柔らかいブラシまたは布を使って表面から汚れを取り除くことです。

紐がついている革靴の場合は、紐を取り出し、石鹸と水で別々に洗うことをお勧めします。

  • いくつかの方向にブラシをかけ、わずかな圧力を加えて付着したほこりや汚れを取り除きます。
  • 最後に、清潔な乾いた布で革靴をこすります。

2. 水とホワイトビネガー

水とホワイトビネガーは、革靴のくすみや汚れを取り除くのに役立ちますが、均等に塗らないとシミなどになるため注意が必要です。

  • 水とホワイトビネガーを混ぜた溶液を靴に塗布した後、清潔で柔らかい布で乾かします。
  • 完全に乾くまで、太陽の下に置きます。

3. オリーブオイル

オリーブオイルを使った革靴のお手入れ

靴が汚れてくすんでいる場合には、オリーブオイルが役立ちます。

革靴にオリーブオイルを塗布すると、革靴がより滑らかで明るくなります。

ワックスなど靴をお手入れする市販の製品の代わりとして活用してください。

  • 靴に数滴のオイルを塗り、清潔で柔らかい布でこすります。

4. 油汚れにはベビーパウダー

靴についた油汚れを落とすにはベビーパウダー(タルカムパウダー)をお試しください

油汚れが革靴の表面に付着するととても目立ちますが、ベビーパウダーを使えば簡単に取り除くことができます。

ベビーパウダーは脂肪分を吸収して、表面のシミを防ぐ効果があります。

  • 水分がなくなるまで、清潔な綿の乾いた布で油汚れを乾かしますが、こすりすぎるとシミが広がる可能性があるため注意してください。
  • 油汚れが気になる場所にベビーパウダーを塗布し、一晩そのままにします。
  • 翌朝、靴を振って柔らかいブラシでパウダーを取り除きます。

5. バナナの皮

バナナの皮で革の靴を掃除できるのをご存知ですか?

バナナの皮はすぐに捨ててしまいがちですが、バナナの皮の内側の成分が、革靴に付着した汚れを除去して表面の光沢を保つのに役立ちます。

  • バナナの皮の白い部分で靴をこすります。
  • 乾いた綿の布を使って靴をきれいに磨きます。
  • 屋外に置いて新鮮な空気の中で乾かしてください。

革靴の内側をきれいにする方法

革靴の内側をきれいにする方法

カビや悪臭をなくすためには、革靴の内側のお手入れが不可欠です。

革靴の外側をきれいにしたら、細菌や悪臭の拡散を防ぐために内側も掃除しましょう。

内側の掃除は見落としやすいですが、靴の中の汗やバクテリアは、悪臭や感染症の原因になります。

  • 布を水と数滴のアンモニアで湿らせます。
  • 靴の内側をこすり、日陰で乾かします。
  • 靴がしっかりと乾いたら、中に重曹をたっぷり注ぎます。重曹を均等になるまで振ってください。
  • 重曹を入れたまま一晩置きます。翌朝重曹を捨ててください。
  • 靴を履く前に、足に少量のパウダーをつけると、足の嫌なニオイを予防できます!

今回ご紹介した手軽で簡単なアドバイスを活用し、革靴を新品のように輝かせましょう。

たくさんのお金をかけずにできるお勧めの方法です。