家庭で出来る脇の下の汗を防ぐ方法

ちょっと信じられないかも知れませんが、脇の下の汗を抑えるには、体内の温度を調整するサポートをするため、水分摂取量を増やすと良いようです。

外が暑かったり動き回った時など、体温を調整するため脇下に汗をかくのはとても自然なことです。ですがあまりに多く汗をかく場合は問題です。天然のものだけを使って、家庭でそれ抑えることが出来る方法があります。ここではそれをご紹介していきましょう。

人間の身体には2百万以上もの汗腺があります。

これらは外の気温が高い日や運動をした時、もしくはストレスのかかる状況下にある時に、体温を調整し毒素を押し流すために活性化します。

汗そのものには悪臭はありません。皮膚についているバクテリアと混ざることで臭いを放つのです。

 

脇下の汗に効く自然療法

食べ物によっては汗の量が増えたりすることがあります。

過度のや悪臭をなくすため、以下の食材を避けるようにしましょう。

・にんにく

・玉ねぎ

・辛いもの

・ファーストフード

・加工食品

・砂糖の多い食べ物

また、これとは逆に食べた方が良いものもあります。

・フルーツ

・野菜

全粒粉

・赤身の肉

 

コーヒーの摂取量を減らす

カフェインは神経系を刺激します。アドレナリン分泌を促し体温を上昇させます。

その他にもソーダやお茶など、カフェインを多く含む飲み物を避けましょう

 

お水をたっぷり飲む

水をたくさん飲むのは様々な利点があります。体温を調節し、汗を抑えます。

ただし飲みすぎは良くありません。また、熱すぎる飲み物も避けて下さい。

 

セージティー

お茶は体に良いものですが、その中でもセージティーはおススメです。

何世紀もの間、このお茶はホットフラッシュや寝汗の治療に使われてきました。

手作り制汗剤

デオドラントは汗の臭いを抑えはしますが、汗をかくこと自体は抑えることが出来ません。これは制汗剤の役目です。天然素材を使って作ってみましょう。

材料

・重曹  1/2カップ(75g)

・コーンフラワー  1/2カップ(75g)

・ココナッツオイル  大さじ4(60g)

・お好みの精油  10滴

作り方

・ボウルに重曹とコーンフラワーを入れて混ぜます。

・そこにココナッツオイルと精油を加えてよく混ぜます。

・容器に移し、冷蔵庫に固まるまで入れておきます。

・脇に付けましょう。

 

お酢とラベンダーウォーター

この2つの組み合わせは、過度の汗と悪臭を防いでくれるデオドラントです。

材料

・お酢  1/2カップ(125ml)

・ラベンダーウォーター、もしくはローズマリーウォーター  1カップ(250ml)

作り方

・2つを混ぜ、蓋のしっかり締まる容器に入れます。

・1日1回、瓶を振って混ぜます。1週間続けてください。

・脇の下につけます。

 

毛穴の詰まりとディープクレンジング

過度の汗は毛穴の詰まりが原因かもしれません。天然のものを使ってディープクレンジングをしましょう

・オーツ麦、レモン果汁、シーソルト、挽いたコーヒー豆がクレンジング効果のある材料です。

・どれか一つを選んで、脇を洗いましょう。週に多くて2回まで行っても大丈夫です。

・レモンを使う場合は、日光を避けてください。シミになる可能性があります。

 

サウナ

体に溜まった毒素を排出させ、過度の汗を抑えます。

・サウナは心と体をリラックスさせ、ストレスホルモンの値を下げます。

・体が健康な方だけに限る療法です。

 

制汗剤になるタルク

タルカムパウダーには様々な働きがあります。脇下の汗と、悪臭を放つバクテリアを吸収します。

・タルカムパウダーをご家庭で作る時は、コーンフラワーと質の良い精油を使いましょう。

・入浴後に使ってください。

 

 

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ