下垂体腺腫:その原因と症状

2月 5, 2020
下垂体腺腫の多くは良性で、成長はゆっくりです。脳下垂体か、またはその隣接組織に残るため、識別することができるでしょう。

下垂体腺腫とは、脳下垂体内の細胞の成長が正常ではない状態です。視床下部に付き、神経や血管を脅かします。

多くの下垂体腺腫は良性で、その成長はゆっくりです。脳下垂体か、またはその隣接組織に残るため、識別することができるでしょう。そのため、体の他の部分に拡がりません。

下垂体腺腫の中には、脳下垂体に影響を及ぼし過剰にホルモンを分泌させるものがあります。ですが、ほとんどホルモンを分泌させないものもあります。

下垂体腺腫の種類

下垂体腺腫

脳下垂体で作り出されるホルモンは、体にとってとても重要な働きをします。この機能は発達、代謝、ストレス反応、そして、甲状腺を通して性器の機能にも影響を与えます。また、副腎、卵巣、精巣も助けます。

脳下垂体は、中央神経系の内部で”生きて”います。そして、私たちの体の様々な機能を正常に保ちます。

下垂体腺腫の原因は知られていません。ですが、遺伝成分がある場合もあります。そのため、その機能性によって分類されます。

  • 機能性下垂体腺腫はホルモンを多く生成しすぎます。そのため、体に様々な問題がおきます。影響を受けるホルモンが何かによって症状は異なります。
  • 非機能性下垂体腺腫はホルモンを生成しません。そのため、いかなる症状も直接的には成長に関係しません。

下垂体腺腫の原因とは?

通常、下垂体腺腫ははっきりとした原因がありません。症状が他の病気からくるものととてもよく似ているため、下垂体腺腫だと診断されないこともよくあります。

しかし、ホルモン値が異常になることで起こる病気もあります。

  • クッシング病:この病気の人は、顔や背中、胸に脂肪が蓄積されます。ですが、腕や脚は痩せて細くなるでしょう。
  • 先端巨大症:これは、手や足、顔が通常より大きくなる病気です。
  • 下垂体の性ホルモンは、エストロゲンとテストステロンに影響を与えます。これらのホルモンは、たとえ妊娠中や授乳中でなくても女性の母乳生成を助けます。また、性欲を低下させます。

 

こちらも合わせてどうぞ:コルチゾール値の高さを示す6つのサイン

 

機能性下垂体腺腫の症状

甲状腺を調べる医師

機能性下垂体腺腫の症状は、どのホルモンが過剰に分泌されているかにより異なります。どのようなホルモンが関係するか、以下にいくつか例を挙げましょう。

プロラクチン

このホルモンが過剰になると、頭痛や視力の低下をはじめ、女性の場合は生理周期が変化したり、授乳中でないのに母乳が出るかもしれません。男性の場合はインポテンスを引き起こすかもしれません。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

副腎皮質刺激ホルモンが分泌されすぎると、体重増加などの症状が引き起こされます。また、首のうなじにしこりができたり、皮膚に紫色を帯びた筋が現れる、骨の脆弱症、気分の変化などが現れるかもしれません。女性の生理が不規則となるかもしれません。

成長ホルモン

成長ホルモンの値が上がると、体の過剰な成長や手や指のしびれなどの症状を引き起こすかもしれません。また、関節痛や頭痛を引き起こすかもしれません。

 

こちらも合わせてどうぞ:オキシトシンというホルモンについて

 

甲状腺刺激ホルモン(TSH)

過剰な甲状腺刺激ホルモンは、不整脈、震え、体重減少、睡眠障害や発汗などの症状を引き起こすでしょう。

非機能性腺腫の症状

非機能性腺腫は、機能ゾーンに影響を与えないため、一般的に複雑化しやすいでしょう。脳下垂体に圧力をかけるか、単にダメージを与えるでしょう。

下垂体腺腫はまた、腺がホルモンの十分な分泌を妨害します。例えば、特定のホルモンの値が低すぎると、このホルモンがコントロールしている臓器や腺が正常に働かなくなります。

非機能性腺腫の最もよくある症状は以下のようなものです。

  • 頭痛や視力低下
  • 抜け毛
  • 生理周期が長くなる、または生理が止まる
  • 男性の場合、ヒゲがなくなる、インポテンス、胸の組織の成長
  • 性欲の低下
  • 子供の場合、成長や性的発達が遅れる

下垂体腺腫の治療

下垂体腺腫の治療は様々な方法があります。腫瘍を取り除くこと、腫瘍の成長を抑えること、ホルモン値をコントロールすることなどが治療法として挙げられるでしょう。

  • Rojas, D. (2017). MANEJO DE LOS TUMORES DE HIPÓFISIS. Revista Médica Clínica Las Condes. https://doi.org/10.1016/j.rmclc.2017.01.008

  • Witte, F. (2005). Trastornos de la hipófisis. In Mente y cerebro. https://doi.org/10.1017/CBO9781107415324.004

  • Nieman, L., & Swearingen, B. (2010). Síndrome De Cushing Y Enfermedad De Cushing. Bioscientifica.