加齢に負けず声を若々しく保つには

6月 7, 2020
加齢と共に声が変化するのには、ホルモンが関係しています。今日は、そのプロセスについて知り、若々しい声を保つコツを知りましょう。

年齢が上がるにつれて、なんだか声が変わってきたと思ったことはありませんか。また、お年寄りはどうして若い人と声が違うのだろうと思ったことはありませんか。声は加齢に伴い、自然に変化します。これは咽頭に起こる変化のせいです。咽頭や声帯は、それぞれの人によって震え方が違います。人によって、そして年齢によって、より大きく震えたり、少ししか震えなかったりします。加齢に伴い、コラーゲン繊維や弾力性を失っていくのです。

声紋

声は人によって違います。声によって人を識別することができますし、声が違うからこそ一人一人がユニークな存在なのです。声はきちんとケアをしてあげなくてはいけません。上喉頭路の形によって声紋が決められます。上喉頭路は、人によって違います。だから、声の反響も違うのです。

声の変化にはホルモンが関係しています。男性のテストステロンと女性のエストロゲンです。年を取ると、男性のテストステロンが減り、声が鋭くなります。女性の声は、エストロゲンの減少によってわずかに低くなるでしょう。

年を取ると気づく5つの声の変化

年を取ると、声は変わっていきます。中には若々しい声を維持している年配の方もいますが、一般的な変化は以下のようなものです。

  1. 声が薄れる:声の響きが悪くなります。喉頭の中の声帯が薄くなり、柔軟性が失われていきます。これは、時が経つに連れて筋肉が失われ、以前のように振動しなくなるためです。
  2. 声が荒くなる:声がはっきりと出るには、効果的に振動しなくてはいけません。喉頭に害があると、荒くてしわがれた声になります。
  3. 強さがなくなる:加齢は声のボリュームにも影響を与えます。また、呼吸器系の変化があった人は、声が低くなったことに気がつくでしょう。
  4. トーンが変わる:声帯の筋肉が萎縮したせいで声のトーンが変わることもあります。女性の場合、ホルモンの変化が原因かもしれません。
  5. 声の疲労:声は強く出るのに、1日の終わりにはだんだん弱く消えてしまうという場合もあります。体の倦怠感と同じで、声も使うにつれて疲れてしまいます。

こちらも合わせてどうぞ:声がかすれたり、出なくなったりするのはなぜ?

加齢に負けず声を若々しく保つには〜10のコツ

加齢に負けず声を若々しく保つ一番の秘訣は、予防です。声や喉を労わり、声を出す器官に影響を与える病気を予防しましょう。

  1. 声を無理に出そうとしない。叫ばない。
  2. 騒がしい場所は避ける。騒がしい場所で自分の声が聞こえるように大きな声を出して相手と話さない。
  3. タバコは吸わない。咽頭を炎症させるかもしれないため、煙のある場所には行かない。
  4. 無理に痰を出そうとしない。
  5. しわがれ声や失声症が10日以上続く場合は、専門医を受診する。
  6. 風邪やアレルギーなどで咳が頻繁に出る場合、放っておかずに専門医を受診して治療を受ける。
  7. 水分補給をする。1日あたり、グラス6〜8杯の水を飲む。適切に水分を補給することで、声帯を覆う粘液が潤う。
  8. しっかりと休む。体の疲れは声にも影響を与える。特に声を使う仕事をしている人は十分に休息を取ること。
  9. 声帯を傷つけるおそれがあるので、4時間上続けて話したり、2時間以上歌うことはできるだけ避ける。
  10. 声帯の潤いが失われる為、お酒やカフェインの摂取量を抑える。バランスの取れた食事を心がけ、声に影響を与える辛いものや乳製品は避ける。

こちらも合わせてどうぞ:タイムの健康成分と体に良い効果

まとめ

加齢によって声が変わることについては、完全な予防策が出せるほどの研究がありません。ですが、衛生状態を良く保つことを始め、今日ご紹介したコツを取り入れながら、加齢に負けず若々しい声を保っていけるといいですね。

  • Cobeta, I., Núñez, F., Fernández, S., Núñez, F., Cobeta, I., & Fernández, S. (2013). Patología de la voz. Marge Medica Books.

  • Martínez-Sánchez, F. (2010). Trastornos del habla y la voz en la enfermedad de Parkinson. Revista de Neurologia.

  • Sataloff, R. (1993). La voz humana. Investigación y Ciencia.