顔の外観を変えてしまうかもしれない食べ物4つ

· 12月 17, 2017
顔がむくんだり黒ずみが現れるという人で、セリアック病などではない場合、食べ物が原因かもしれません。

驚くべきことに、顔の外観を変えてしまう可能性がある食品が存在します。

メモの用意はいいですか?

本記事では、顔に変化が現れるリスクのある食べ物と、その食べ物がどのような影響を与えるかについてご紹介します。

1. ワイン

ワイン

ワインを飲み過ぎている人の顔には、特有のシワや鼻梁周辺のシミが現れることが多くあります。

また、目の下の小じわがあったり、瞼がむくんでいるのも特徴です。

さらに、肌は乾燥して赤みを帯び、毛穴が開いてしまう危険があります。

これは、ワインに含まれる多量の糖分、そして同様に、農薬や亜硫酸塩の影響により、体が脱水症状を起こすためです。

アルコール飲料を飲むと喉が乾いて水が欲しくなりませんか?

一般的にアルコールを飲むと体は水分を失い、アルコール分を体外に排出しようと肝臓が過剰に活動するため、飲みすぎた翌日には胃腸のトラブルを抱えることも多いでしょう。

その結果、前述したようにシワができ、肌のたるみや赤みを帯びた斑が現れます。

さらに、長期間アルコールを過剰に摂取し続けると、腸内細菌の機能を変えてしまうかもしれません

これらの問題を解消するためには、少なくとも3週間、すべてのタイプのアルコール飲料を飲むのを控えることで、肌がリセットされる効果があります。

すべてのお酒や飲酒が悪いわけではありませんが、必ず適量を守ることが大切です。

2. 牛乳

牛乳

牛乳を大量に飲む人や、乳製品を過剰に摂取する人は、目の下のむくみやまぶたのむくみが特徴的でしょう。

また、顎などにシミや毛穴の黒ずみが現れます。

牛乳または乳糖は、顔色に影響を与えます。

これは、歳をとると、乳糖の消化を助ける酵素のを多く失ってしまうからです。

アレルギーとは異なりますが、顔のむくみや顔色の変化が現れるため、これらの症状に気づいた場合は、数週間乳製品を摂るのをやめてください。

数週間乳製品をやめて症状が消えるのであれば、乳製品の過剰摂取による悪影響です。

また、乳糖不耐性かどうかを医師に診断してもらうのもお勧めです

3. 砂糖

砂糖

必要以上に砂糖を摂っている人の顔の特徴は、顔の上部の深いシワ、目の下のむくみ、薄く青白い肌、ニキビなどです。

砂糖の目安摂取量を守り、健康状態や肌状態、そして体重の増加に気を配ることが大切です。

砂糖の摂取により、過剰なグルコース分子がコラーゲンについて肌にダメージを与えて弾力を失います。

その結果、肌の老化のスピードが高まり、シワをつくり、皮膚の色素沈着などを起こすリスクが高まります。

肌を美しく保ちたいと考えているときは、砂糖の摂取量を最小限に減らし、別の甘味料を使うことを考えましょう。

こちらもご覧ください:ステビア /糖尿病患者のための甘味料

4. グルテン

パンを断る女性

グルテンを含む食べ物を過剰に食べるのが良くないというのは、セリアック病に対してだけではありません。

グルテンを食べ過ぎている人は、おでこ、頬、顎の毛穴が黒ずみ、赤みを帯びた頬、浮腫んだ顔が特徴で、言い換えると、グルテンの過剰摂取は顔本来の様子を変えてしまうリスクが高まります。

これらの兆候に気づいたら、あなたの体はグルテンを消化する力がないということかもしれません。

ただし、グルテンを食事から取り除く前に、必ず医師や専門家に相談してください。

こちらもご参考に:グルテン不耐性の症状と治療法

グルテンは、以下のような食べ物に含まれているタンパク質の一種です。

  • 小麦
  • ライ麦
  • オーツ麦

また、以下のような飲み物にも含まれています。

  • ビール
  • ウイスキー
  • ウォッカ

グルテン不耐症かもしれないと思っている人は、簡単なテストをしましょう。

2〜3週間、完全にグルテンを食事から取り除きます。

グルテンを含むあらゆる食べ物をやめ、肌に変化が起きるかを観察します。

2〜3週間経っても症状が消えないのであれば、何らかの食べ物不耐症はあるかもしれないが、グルテンに対してではないということです。