肝臓と胆のうの働きを促進する5つのヒント

· 6月 20, 2016
夕食後にタンポポ茶を飲むことで、消化機能や肝臓の働きを促進することに加えて、頭痛や炎症を軽減する効果もあります。

肝臓と胆のうは互いに深く関連しており、いくつかの共通した役割を持っています。どちらもお腹の右側に位置し、胆管で繋がっています。

肝臓は、毒素の排出、ホルモンや酵素の合成、グリコーゲンの貯蔵など、さまざまな重要な役割を果たしていて、体にとって不可欠な器官であることは疑いありません。

また肝臓には、クッパー細胞(白血球の一種であるマクロファージが肝臓に定着したもの)という免疫機能を持つ細胞によって、ウイルスなどを破壊する働きもあります。

胆のうは、肝臓が産生した胆汁を貯蔵する働きを担っています。胆汁には、消化機能を強化し、栄養を吸収しやすくする働きがあります。

健康的な生活を送り、食事にも気を配ることは、肝臓や胆のうの重要な役割をサポートするためにも非常に重要です。

この記事では、あなたの肝臓と胆のうの機能を促進する、5つの自然療法・レシピをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1. 空腹時に行う自然療法

アップルサイダービネガー

ここでは、朝のスタートにぴったりの3つの自然療法をご紹介します。それぞれの自然療法が、毒素を排出し、体の中をきれいにし、自然なpHバランスを保つのを助けることで、肝臓と胆のう両方の機能を促進します

レモンを搾ったお湯

この自然療法では、冷たい水ではなく、必ずお湯を使うようにしましょう。コップ1杯の適温のお湯に、レモン半個分の果汁を搾り、朝食の前に飲んでください。

これを、以下でご紹介する自然療法と組み合わせながら、4日間続けて行ってください。

こちらの記事もご参照ください:胆のうの病気を知らせてくれる6つのサイン

レモンの果汁を加えたオリーブオイル

このブログでも何度もおすすめしてきた組み合わせですが、オリーブオイルとレモンを一緒に摂ることで(サラダのドレッシングなど)、肝臓に必須ミネラルやビタミンCを補給すると共に、胆汁の分泌を促進します。

有機りんごジュース

りんごには、肝臓のデトックスに非常に効果的な成分であるリンゴ酸が含まれています。デトックスをより効果的にするために、2日間、朝の空腹時にコップ1杯のオーガニックりんごジュースを飲むことをおすすめします。朝食の30分前までに飲むようにしてください。

2. グレープフルーツ、にんにく、生姜のジュース

この3つの食材の組み合わせには素晴らしい健康効果があります。にんにくと生姜には抗炎症作用があり、グレープフルーツの豊富なビタミンCやミネラルと組み合わせることで、肝臓と胆のうのデトックスを促進します。

材料

  • グレープフルーツ 1
  • 新鮮な生姜をすりおろしたもの 5g
  • にんにく1片を刻んだもの
  • 水 1カップ(200ml
  • はちみつ 1テーブルスプーン(25g

作り方

  • まず生姜をすりおろし、みじん切りにしたにんにくと混ぜてください
  • グレープフルーツを搾りましょう。
  • 全ての材料―グレープフルーツの果汁、生姜、にんにく、水、はちみつをジューサーに入れ、全体が均一でなめらかになるまで混ぜてください。15分間そのままにしてから飲みましょう
  • このジュースを週2回、夜寝る前に飲んでください。
  • 肝臓のデトックス機能は、リンパ系の助けによって、眠っている間に最も活発に働きます。このジュースを寝る前に飲むことによって肝臓の働きを助ける効果があります

3. タンポポ茶

  • タンポポは、肝臓と胆のうの健康にとって最も効果的な植物の一つです。
  • タンポポには、消化機能や胆汁の分泌を促進し、肝臓の働きを活性化させ、炎症や頭痛、全身の倦怠感などを改善する効果があります。
  • タンポポ茶を飲むのに最も適した時間は、夕食の10分後です。10gのタンポポをお湯で煮出してお茶を入れ、はちみつで甘さを加えて飲みましょう。おいしいですよ!

こちらの記事もご覧ください:タンポポが肝臓に良い理由

4. 肝臓と胆のうを回復させるサラダ

コールスローサラダ

材料

  • ざく切りにした紫キャベツ 50g
  • 千切りにしたキャベツ 50g
  • 新鮮なにんじんをすりおろしたもの 適量
  • カットしたほうれん草 50g
  • ナッツ 3
  • 小さく切ったアボカド 1/2個分
  • 細かく刻んだパセリ 適量
  • レーズン 8
  • フェンネル 適量
  • 洋梨 1/2

作り方

  • まず、全ての野菜をよく洗いましょう。そして、カットする必要がある食材は全て小さく切ってください。新鮮な材料を生で食べることで、それぞれの効能を最大限に得ることができます
  • 全ての材料をボウルに入れ、少量のオリーブオイルとレモンの果汁で味付けしてください。とてもおいしいですよ!

5. 大麦水

穀物

バーリーウォーターは、ストレス・不安の軽減や、体のデトックスに効果があります。また、カルシウムやマグネシウム、カリウム、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれており、体の中のpHを整える効果もあります

材料

  • 大麦粒 25g
  • 水 1カップ(200ml
  • シナモン 2g
  • レモンの果汁 1/2個分
  • はちみつ 1テーブルスプーン(25g

作り方

まず、水切りボウルなどを使って大麦を洗いましょう。

水を沸騰させ、大麦を加えてください。少なくとも30分、または大麦が柔らかくなるまで煮込んでください。

これを漉したものにシナモンと蜂蜜で風味と甘みを加え、最後にレモンの果汁を加えましょう。これを温かいうちに飲んでください。