肝臓デトックスに効果的な6つの食品

6月 8, 2017
肝臓のデトックスを実践する際には、天然の食材を選ぶことと、体に有害な化学物質を口にしないように気をつけることが重要です。

肝臓デトックスに効果のある食品を食べていますか?肝臓病や肝臓の疾患が引き起こす合併症が増えている現代では、それらの食品を毎日の生活に取れ入れることが非常に大切です。

また、水、大気、そして食品に含まれる有害物質が肝臓の疾患の原因となったり、農薬を使って栽培された農作物に残っている農薬が体内に入る機会も増えています。これらの有害物質は、体内で最も大きな器官である肝臓に悪影響を及ぼします。

肝臓が健康でないと私たちは生きていくことができません。今回ご紹介する食品を積極的に摂取して肝臓の健康維持に努めましょう。

1.赤ビーツ

赤ビーツ

赤ビーツは体内のエネルギーや疲労回復などの働きがあり、肝臓の機能と栄養素の吸収機能を改善します。

またビーツには、抗酸化物質や、ビタミンB、ペクチンと呼ばれる食物繊維、鉄分、ベタイン、ベタニンなどが豊富に含まれています。

ペクチンはその洗浄効果が有名な水溶性の食物繊維で、少量の食事でも満腹感を感じられるおすすめの食品です。

これらのビーツに含まれる食物繊維をはじめとする栄養素により、肝臓に蓄積されやすい有害物質を体外に排出するため、ビーツは肝臓デトックスに最も効果的な野菜の一つだといわれています。

 

2.ニンニク

ニンニクにはセレニウムとアリシンが豊富に含まれています。セレニウムはデトックス作用のある天然のミネラルで、アリシンは免疫システムを正常に保つ働きがあります。

さらにこれらの成分には、肝臓の働き、つまり肝臓が処理しなくてはいけない仕事の量を軽減する効果があります。

ニンニクは肝臓内の酵素を活性化させ、有害物質を浄化し、消化機能を改善します。

ニンニクパウダーなどではなく、新鮮なニンニクを使ってください。

こちらもご参考に:
肝臓デトックスを目的とした食事について知っておくべきすべてのこと

3.レンズ豆

レンズ豆

レンズ豆には、食物繊維が豊富に含まれているため、肝臓のデトックス効果を高めるのにおすすめの食品です。また、過剰に動物性たんぱく質を摂取すると、その消化に時間がかかり、体への負担も大きいため、レンズ豆に含まれる植物性たんぱく質が健康維持におすすめです。

レンズ豆は、豆類の中でも最も消化されやすい豆のひとつとされているため、効果的に栄養素を体内に供給します。

4.玉ねぎ

ニンニクと同様、玉ねぎには、肝臓と消化器官のデトックスに効果的なアリシンが豊富に含まれています

また、玉ねぎにはカリウム、食物繊維、フラボノイドなどの植物性の栄養素が豊富に含まれており、体内機能を正常に機能させるのに役立ちます。

玉ねぎのニオイと強い風味が苦手だという方は、他の食事と混ぜる食べ方をオススメします。

消化不良を避けるためにも、調理した玉ねぎを摂取してください。スープなど、調理した玉ねぎを1週間に少なくとも一度食事に加えることで、肝臓のデトックス効果が高まります。

ご存知でしたか?:
タンポポが肝臓に良い理由

5.さつまいも

さつまいもは人参と同じくカロチンが豊富に含まれ、体内で抗炎症物質として作用する大切な天然素材です。

βカロチンはビタミンAへと変換され、肝臓で処理されます。また、さつまいもは、肝臓で有害物質を作り出さず、食物繊維とビタミンCを供給します。

ビタミンAは、サプリメントではなく、βカロチンを豊富に含む食品から摂取することで自然に必要な栄養素を体内に補給できます。

サプリメントは経済的で多くの人が利用していますが、サプリメントの製造過程で化学物質が使用されているため、肝臓に有害になることがあります。

 

6.柑橘類

柑橘類

柑橘類には、有害物質を体内に吸収されやすい物質へと変換することで、体内のデトックスを行うビタミンCが豊富に含まれています。

肝臓をデトックスしたいときは、柑橘類を毎日食べるのが良いでしょう。

キレイな肝臓には健康的な食生活が必須

バランスのとれた食生活を送るための注意事項をご覧ください。

  • 天然素材を選ぶ
  • 塩分や脂質の過剰摂取を避ける
  • 毎日十分な水分補給を行う

体内を綺麗に保つ働きをする器官が肝臓ですが、肝臓の容量は限られています。健康的な食生活を送ることで肝臓を綺麗に保ち、健康維持を心がけてください。