簡単なダイエットの手助けをしてくれる食事

4月 6, 2018
矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、苦しむことなくダイエットするためには食事制限をしてはいけません。今日紹介する秘訣は正しい食事や健康的な食材を取り入れるためにあるのです。

食事制限というと非常にツラいイメージがあり、常にお腹を空かせていて気分も優れないような状態を想像してしまいませんか?

本記事では、辛い思いを最小限に抑えたダイエットの助けになる方法をご紹介します。

本当に苦しむことなくスリムになれるの?

食事制限イコール苦しみではありません。

実際は、空腹を感じることのない減量は実現可能であり、リバウンドの恐怖や気分の落ち込みやなどを感じることなく安心して減量を行うサポートになります。

これから紹介するアドバイスを参考にしてみてみましょう。

1.代謝を邪魔する食べ物にお別れをする

代謝を邪魔する食べ物

私達の体を傷つけたり、良い影響を持っていない食べ物を加工糖、加工小麦、そして油の3つのグループに分けました。

この3つが含まれている食べ物はどのくらいあるでしょう?実は、ほとんどの食品の中に入っているのです。

このグループの問題の一つは膨満することです。体重がなかなか落ちないのは、この中に含まれるでんぷんと脂肪が組織に蓄積していることが原因なのです。

こちらもご参考に:あなたの食事に取り入れるべき6種類の全粒穀物

2.食事制限をしない

不思議なことに、体重を落とす為に一番良い食事制限は、食事制限をしないことです!

食品のパッケージなどに記載されているカロリーや量などを気にするあまり、強迫観念に襲われるリスクが高まるからです。

いつも体重や食べ物のカロリーの事ばかり気にして、「受け入れる、受け入れない」作業をするのは肉体的にも精神衛生的にも良いものではありません。

無理をして食事制限して、わずか数週間で効果を出そうと焦るよりも、適切な食事法と運動を継続することが大切です。

3.良い朝食をとる

良い朝食をとる

健康的な食事の基本は、体が必要としている物を与えることを指します

そして、健康的な朝食はそれを満たす基礎的な習慣なのです。

また、必要な栄養をしっかり体に与えることは一日を乗り越える為には不可欠です。(寝ている時間は何も口にしていない時間だということを忘れないでください)

完璧な朝食をとることで、ランチタイムをお腹が空いたまま迎えることを防ぐことが出来ます。そして、朝食はあなたに活力を与え、生産性を高めてくれるなど、様々な効果を持っているのです。

さらに、長時間の空腹は体を「貯蔵」モードに切り替えてしまい、脂肪の蓄積を引き起こしてしまいます。

フルーツ、野菜、乳製品、穀物などの食品を朝食にとるようにしましょう。揚げ物やスイーツは厳禁です。

こちらもご参考に:ダイエット中におすすめの朝食6選

4.体重を計り過ぎない

体重は様々な要因で変化することがあります。

  • 例えば、朝食前に体重を計るのと様々な物を食べた夜ではもちろん数値が異なります。
  • また、運動やエクササイズの前後でも体重は変わります。
  • トイレの頻度、水分補給、そして女性は生理でも体重が変動します。

最も健全な体重測定の方法は、毎月同じ条件で行うことです。(例えば、朝食後や運動前など)

5.  一度の食事の量を減らして食事の回数を増やす

食事回数を増やす

私達の体は様々な栄養を必要とするので、食べるものや量を極端に減らすダイエットは良いアイデアとは言えません。

辛い思いをせずに減量するためには、食事の回数を賢い方法で増やすことです。

量の多い食事を3~4回食べるのではなく、少量の食事を6回程度に分けて取りましょう。

食べる回数が多くなるだけで量は変わりません。

これは3~4時間毎に食べる方法で、空腹感を抑えることが出来て、活力を持続するのに役立ちます。

さらに食品の消化が良くなり、脂肪を燃焼しやすくします。

6.よく噛んで食べる

この方法辛い思いをせずに体重を減らすポイントの一つです。

  • ゆっくり食べることで食べる量が減ります。早く食べると、胃から脳に満腹感が伝わる前にたくさん食べてしまうのです。
  • 一口ごとに30回噛むようにすると、消化の働きも助けてくれます。
  • 食べ物を入れるお皿を小さくするのも成功の秘訣の一つです。

7.好きな食べ物を我慢しない

好きな物を我慢しない

アイスクリームやケーキ、ハンバーガーなどあなたが好きな食べ物は適度な量や回数を設けることで安心して食べることが出来ます。

週に1回は、罪悪感を気にせず好きな物を食べてください。ただし食べる量には注意が必要です。

これの良い所はストレスを和らげることです。

久しぶりに好きな物を食べる時、早く食べ過ぎないようにするためにも必要なことです。

8.タンパク質をとる

この栄養素は私達の体に様々な効果を与え、減量の手助けもしてくれます。

満腹感とエネルギーをしっかり感じる為、毎食野菜やフルーツと一緒にタンパク質をとるようにしましょう。

タンパク質は健康的でカロリーが低く、消化もゆっくり遅くしてくれます。

9.食事に集中する

食事中はテレビやスマホから離れたり、本や漫画を読むのを止めましょう。

何かを行いながら食事をする「ながら食べ」は、必要よりも多く食べてしまう傾向があります。

また、食事以外の何かに没頭しながら食べると、必要以上に食べ物を噛んでも、脳は食事ではなく、別のものに集中しているため、満腹というメッセージを胃から受け取るのに時間がかかり、結果として食べすぎるリスクが高まります。

  • Brikou, D., Zannidi, D., Karfopoulou, E., Anastasiou, C. A., & Yannakoulia, M. (2016). Breakfast consumption and weight-loss maintenance: Results from the MedWeight study. British Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1017/S0007114516001550

  • Leidy, H. J., Clifton, P. M., Astrup, A., Wycherley, T. P., Westerterp-Plantenga, M. S., Luscombe-Marsh, N. D., … Mattes, R. D. (2015). The role of protein in weight loss and maintenance. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.3945/ajcn.114.084038

  • Strychar, I. (2006). Diet in the management of weight loss. CMAJ. https://doi.org/10.1503/cmaj.045037

  • Paddon-Jones, D., Westman, E., Mattes, R. D., Wolfe, R. R., Astrup, A., & Westerterp-Plantenga, M. (2008). Protein, weight management, and satiety. In American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/87.5.1558S