簡単に気分が良くなる方法5つ

· 12月 3, 2018
気分が滅入った時、調子のよくない時、さっと気分を切り替えられたら、と思いませんか? 次のシンプルな5つのアドバイス、簡単に気分が良くなる方法を実践してみましょう。

この記事では、他人を助けたり、家を掃除したり、ただ水を飲んだりといったシンプルな行動がもたらす快感や達成感を紹介しています。こうした感情は、人生の中で一番シンプルなことからすぐに得られるプラスの効果です。

簡単に気分が良くなる5つの方法

1.人助けをする

子供と過ごす 気分が良くなる方法

自分の時間を非営利活動に捧げると、大きな満足感を得ることができます。人助けをすることで、共感力を高めることができ、人の痛みにより敏感になることができます。利他主義、慈善作業、寛大さといった特性に基づいて行動すると、人間として成長もできます。

人は皆、人生において辛い時期を経験しますが、そうした時、人は人生において一番基本的なことができないことがあります。良い行いを積み、困難を抱えている人には支えの手を差し伸べることは、自分の人生にも意義と尊さを与えるものとなります。

良心に従うべきではあるものの、何も大きな犠牲を払う必要はありません。辛い時の最中にある人の人生を変えるためにできる行動は、小さいものかもしれませんが必ずあります。他人の気分を良くしてあげつつ、自分の気分も良くしましょう!

この記事も読んでおきたい:無私無欲の行動―人には親切にしよう/Random Acts of Kindness

2.家を掃除する

簡単に気分を良くする方法の一つが、自分の家を整理整頓することです。時間が無かったり、やる気がなかったりすると、洋服がぐちゃぐちゃになって散らかったり、キッチンが整頓されていなかったりと、掃除しなければいけないところが多すぎて、家の中が乱れた状態になり、それが暗い気持ちへとつながったりします。

掃除は、幸福感や平静、心地よさといった感情を促します。家が臭うと、物事の見方や士気に影響があるかもしれません。洗い立てのシーツに寝ころびたいのと同じように、清潔でいい匂いのする家は快感と幸福をもたらすのです。これは、金銭状態に関係なく、誰にでも達成可能なことです。

3.水をたくさん飲む

水を飲む 気分が良くなる方法

水を飲むことは、間違いなく実践するべき健康習慣の一つです。水を飲むことは体に良いことですから、自分の水分摂取量を自覚すること、そして、意識的に水をたくさん飲むというアドバイスを守ることが非常に大切です。食前、食後に、1日に少なくとも2リットルの水を飲みましょう。

水をたくさん飲むことで、健康状態全般が良くなります。この簡単な習慣を守ることで得られる効果には、気分を良くする以外にも以下のようなものがあります。

  • 毒素を体外に排出するのに役立つ
  • 酸素を運搬する細胞に水分を補給し、栄養分を送る
  • 関節のはたらきを良くする
  • 腎臓のはたらきが良くなるように促す
  • 胃液の分泌を増やす
  • 体重を落としやすくする

4.仲直りする

良心を明確に持って生活することはお金には替えられない価値のあることです。他人と衝突したり、恨みを抱いたりすると、不快感を生み、落ち着くことができません。

簡単に実行できることではありませんが、時に、自分の気持ちが良くなるためには、他人と仲直りする必要があります。それが元恋人であったり、旧友であったりすることもあるかもしれませんが、自分にも落ち度はあったことを受け入れ、許しを乞う勇気を出すことも必要です。

そうすることで、過去にけじめをつけ、誤解や喧嘩による重圧を軽くすることができます。大事なことは、より距離を置いてしまうようになったり、恐怖心から会話することを引き延ばしたままにしたりしないことです。最善の道は真実を知ることです。時に、友人というのは真実によって受ける痛みよりも、嘘によって受ける痛みの方が大きかったりするものです。

この記事もチェックしよう:自分と仲直りする方法

5.大好きな人と出かける

大好きな人との特別な夜を共にする準備をしたり、相手が好きだと分かっているものを買ってあげたり、相手の好きな音楽を選んであげたり、相手の好きな料理を作ってあげたり・・・。大好きな人と特別な時間を過ごすことは、良い気分になるためにできる最も素敵なことの一つです。お互いに同じ気持ちを抱けるかどうか分からなくても、試してみる価値はあります。

長年共にしているカップルにとっては、その行動自体が何より価値のあることです。ハネムーン期のようにお互い慈しみ合う関係というものは、実はずっと維持しなければいけません。子供や日常の義務の時間とは別に、大好きな人と濃密で特別な時間を常に作るようにしましょう。