関節の健康を守ろう!滑膜関節とその特徴について

1月 2, 2020
滑膜関節とは、滑膜細胞と疎水結合組織によって結合された膜のことで、関節軟骨と関節腔を形成しています。今回の記事で詳しく学びましょう。

滑膜関節は2つの骨をつなぐ関節で、関節軟骨と共に関節腔から形成されています。

今回の記事では、滑膜関節の特徴、そして位置や機能について詳しく説明します。

滑膜関節の特徴

関節の健康を守ろう!滑膜関節とその特徴について 骨格の図解

関節には、骨格元素の関節面を覆う軟骨層があるため、表面は互いに直接接触しません。

関節をレントゲンで見ると、隣の骨との間には十分なスペースがあります、

滑膜関節の2番目の特徴は関節包の存在で、内側滑膜と外側線維膜で構成されています。

滑膜

この膜は、滑膜関節の内面と腱鞘の被膜に沿っており、線維膜および滑液潤滑剤に触れています。

滑膜は高度に血管新生され、滑液を生成します。その後、関節腔に蓄積し、関節表面を滑らかに保ちます

滑液包または腱鞘を形成する場所である、閉じた滑膜嚢が関節の外側に現れます。

この滑膜嚢は、腱と関節、腱と骨、または皮膚と骨などの構造の間に形成され、摩擦を減らします。

発見:関節痛にバツグンの効果がある自然療法

線維膜

線維膜は密度の高い不規則な結合組織で構成されており、関節を取り囲んで安定させる働きがあります。

線維膜の一部が肥厚して靭帯を形成し、関節を補強してさらに安定させることがあります。

滑膜関節の他の特徴的な構造

滑膜関節の持つその他の特徴は、滑膜に囲まれた領域内に付加的な構造が存在することです。

次のようなものが含まれています。

  • 関節円板:線維軟骨で構成されています。圧縮力を吸収し、運動中に起こる関節表面の変化に適応し、関節領域の運動においてその可動域を広げます。
  • 膝蓋下脂肪体:クッション作用があります。

続きを読む:35歳からのカラダケア:変形性関節症を予防する6つの方法

膜関節の種類

私たち体には、次のタイプの滑膜関節があります。

関節の健康を守ろう!滑膜関節とその特徴について 股関節

  • 平面関節:骨が別の骨の上を移動するときのスライド運動を可能にします。その一例は、肩の上部にある肩鎖関節です。
  • 蝶番関節:1つの平面内で屈曲と伸長という動きを可能にする関節で、肘がその一例です。
  • 車軸関節:回転という動きを調整します。その一例は、下橈尺骨関節です。
  • 複関節:2つの凸状顆で構成されていますこのタイプの関節は、2番目の軸の回転が制限された軸間の移動が可能になります。このタイプの関節の例は膝関節です。
  • 楕円関節:2つの垂直軸内の動きと、3番目の軸上の受動的または二次的な動きを可能にします。屈曲、伸展、外転、および内転運動(回旋)が可能になります。手首関節がその一例です。
  • 鞍関節:これらは、楕円関節と同じ動きを可能にする関節ですが、楕円関節よりも大きな、屈曲、伸展、外転、内転運動(回旋)の動きが可能になります。
  • 球関節:屈曲、伸展、外転、回転、および内転運動(回旋)を提供します。股関節が、このタイプの関節の例です。

結論

私たちの体に関節がなければ、骨は動くことができなかったでしょう。

関節が存在するおかげで、腕や脚を曲げたり回転させたるなどのさまざまな動きができます!

  • Padrós Soler, G., Galán Ortega, A., Guillén Campuzano, E., Hortas Nieto, M. L., Marín Soria, J. L., Muñoz Pérez, M., & Noguera Bennaser, A. (2004). Recomendaciones para el estudio del líquido sinovial. Química Clínica.

  • Iturriaga, V., Mena, P., Oliveros, R., Cerda, C., Torres, D., & del-Sol, M. (2018). Importancia del Líquido Sinovial en la Articulación Temporomandibular y sus Implicancias en la Patología Articular. International Journal of Morphology. https://doi.org/10.4067/s0717-95022018000100297

  • Aguado Jódar, X. (1992). Diferencias y similitudes entre el rozamiento deslizantes y de giro. Fuente: Serway R. A.. Física. Editorial McGraw-Hill.