膝関節鏡検査とその利点について

6月 17, 2019
膝関節鏡検査とは、手術中に執刀医である外科医が関節全体を見ることができる方法です。本記事でさらに詳しくご紹介しましょう!

外科手術の一つとして取り入れられる膝関節鏡検査は、怪我の手術や整形外科の手術で用いられています。

様々な診断を容易にし、多くの関節疾患の治療に役立つこの方法は、関節を大きく切開する必要がなく、痛みも少ない手術ですが、あくまで外科的処置であることを忘れずに、注意をすることが大切です。

膝関節鏡検査とは、膝の周りに最小限の小さな切開を行い、そこから小さな内視鏡を挿入する処置方法です。

ほとんどの患者は、その日に帰宅できる日帰り手術であり、回復が促進される効果もあります。

膝関節鏡検査の利点

膝の痛みを抱える人

この方法は膝の内側を視覚化できるため、膝関節の様々な問題や怪我を治療するのに用いられます。

私たちは病気や怪我により、体の様々な部分が損傷するリスクがありますが、以下の部分の損傷においては、膝関節鏡検査を活用することができる場合があります。

  • 軟骨
  • 靭帯
  • 半月板
  • 筋肉

こちらもご参考に:膝の痛みの原因となる悪習慣

靭帯損傷

靭帯損傷の患者を正確に診断するためには、膝関節鏡検査が不可欠です。

靭帯損傷には、前十字靭帯(ACL)損傷と後十字靭帯(PCL)損傷の2種類があります。

前十字靭帯は過度の動きを制御する靭帯で、その名前は別の靭帯を横切ることからつけられました。

もう一つは後十字靭帯で、脛骨の後ろ側の靭帯を指します。

靭帯損傷は非常に一般的で、強力な外からの力がかかった時に起こります。

靭帯の損傷は、変形性関節疾患を引き起こすだけでなく、半月板損傷の要因となるリスクがあるため、靭帯の再建はとても大切です。

半月板損傷

膝の痛みを抱える女性

半月板を損傷した人への診断と修復に膝関節鏡検査が用いられます。

半月板は膝の中でも特に重要な機能を持つ線維軟骨です。

その機能をご紹介します:

  • 衝撃吸収システムとして働く
  • 軟骨を保護する
  • 関節機能を改善する

損傷の度合いや怪我をしてからの時間が浅い時には、専門医が半月板を修復することができます。

膝関節鏡検査を活用して、半月板を修復するだけでなく、薬による治療も行います。

また、損傷を受けた半月板をドナー由来組織で置換する半月板移植も、膝関節鏡検査で行うことができます。

変形性関節症

軟骨とは、大腿骨、脛骨、および膝蓋骨の関節を覆って保護する滑らかな弾性組織です。軟骨損傷の最も一般的な原因は変形性関節症です。

骨軟骨炎、感染症、代謝障害、そして外傷なども変形性関節症を引き起こす可能性があります。

この場合、患者の年齢、日常生活における活動レベル、およびどこまで治したいかという観点から、軟骨を修復または再建するためのいくつかの外科的選択肢が提示されます。

ご存知ですか?:膝の痛みを和らげる5つの方法

膝関節鏡検査の利点

手術中の医師たち

この技術のおかげで、患者の入院期間が短縮され、その結果迅速な回復が促進されます。

またこの技術の利点は、関節鏡と呼ばれる小さな器具により、外科医が関節全体を見ることができるという点です。

そして膝の切開が最小限に済むことも、入院期間の短縮と迅速な回復に役立ちます。

膝関節鏡検査を受ける患者の多くは、手術と同じ日に退院することができます。

また切開する部分が最小限で済むというのは、審美的な観点からも傷が少なくお勧めです。

ただし、すべての患者がこの方法に同じような反応をするわけではないため、患者の入院期間と回復期間には、怪我の状態も含めて個人差があることに留意してください。

  • Arabia, J. J. M., & Arabia, W. H. M. (2009). Lesiones del ligamento cruzado anterior de la rodilla. Iatreia. https://doi.org/10.5455/medarh.2014.68.350-352
  • Castiella-Muruzábal, S., López-Vázquez, M. A., No-Sánchez, J., García-Fraga, I., Suárez-Guijarro, J., & Bañales-Mendoza, T. (2007). Artroplastia de rodilla. Rehabilitacion. https://doi.org/10.1016/S0048-7120(07)75532-9
  • Gicquel, P. (2009). Artroscopia en el niño. EMC – Técnicas Quirúrgicas – Ortopedia y Traumatología. https://doi.org/https://doi.org/10.1016/S2211-033X(09)71601-9