膝の痛みを和らげる方法5種

· 1月 13, 2018
ここでご紹介する方法は軽い膝の痛みを和らげるには適していますが、痛みがひどかったり継続しているものなら専門医を受診するべきでしょう。

膝は複雑な関節の一つで、故障が起こりやすく、特に強い負担がかかると痛みや炎症の起きやすい部分です。

膝を休めてよくある鎮痛剤などを飲めば一時的に収まる場合がほとんどでしょうが、代替療法を使って根本から治す必要がある場合もあります。

幸いナチュラルな代替療法で、血流を良くし問題箇所をリラックスさせてくれるものがたくさんあります

今回は5種ご紹介します。膝に痛みを感じたら試してみて下さい!

1.アルニカ茶

アルニカ

アルニカを煎じたものを患部に塗ると、痛みが和らぎ腫れがひきます。炎症を抑え、患部をリラックスさせる効果のある成分が含まれているためです。

材料

  • 水 カップ1杯(250ml)
  • アルニカ スプーン2杯(20g)

準備

  • 水カップ1を沸かし、沸騰したらアルニカを加えます。
  • 10分間おいてから濾しましょう。

やり方

  • 清潔なガーゼをアルニカを煎じたものにひたし、膝に当てて下さい。
  • 10分おいて作用するようにし、必要なら日に2回行ってください。

 

2.エプソム塩

エプソム塩は関節の痛みを和らげるとして民間療法でよく使われます。炎症の起きている部分に使うことで血流が良くなり硬直や過敏になっている状態が改善されます。

材料

  • 水 カップ2杯(500ml)
  • エプソム塩 スプーン3杯(30g)

準備

  • 水を温めて、エプソム塩を溶かします。

やり方

  • ガーゼなどをひたして患部に当てます。
  • 10分そのままにして作用させます。温かいままの状態で使いましょう。
  • 痛みがひくまでこれを繰り返しましょう。

 

3.オリーブオイルとしょうが

しょうがオイル

オリーブオイルの脂肪酸は自然な抗炎症薬で、膝、筋肉の痛みを和らげてくれます。

材料

  • オリーブオイル スプーン2杯(32g)
  • しょうがオイル スプーン2杯(15g)

準備

  • オリーブオイルを温めてから、しょうがオイルと混ぜます。

やり方

  • オイルが熱すぎないかどうか確かめてから、膝に塗ってやさしくマッサージします。
  • 膝がオイルを吸うようにそのままにします。これを3、4日繰り返して下さい。

 

4.リンゴ酢とカイエンペッパー

カイエンペッパーにはカプサイシンという鎮痛・抗炎症効果で知られている成分が含まれています。

ここでご紹介する民間療法ではこのカイエンペッパーを、リンゴ酢のミネラルと抗酸化成分と合わせて使います。

材料

  • 粉末状のカイエンペッパー ティースプーン半杯(1,2g)
  • オーガニックのリンゴ酢 カップ1(250ml)

準備

  • 二つの材料を混ぜ合わせておきます。

やり方

  • ガーゼやタオルなどを混ぜ合わせにひたし、膝に当てます。
  • 20分ほど放置し、その後水で洗い流します。
  • 痛みがなくなるまで毎日繰り返しましょう。

 

5.ミントのオイルとユーカリオイル

ミントのエッセンシャルオイル

ミントとユーカリのリラックス効果を合わせて、ナチュラルな方法で痛みを和らげるのに使うことができます。身体的な負担が大きかった時や打ち身に使えます。

材料

  • ミントのエッセンシャルオイル ティースプーン1杯(5g)
  • ユーカリのエッセンシャルオイル ティースプーン1杯(5g)
  • ココナッツオイル スプーン2杯(30g)

準備

  • 容器で三種のオイルを混ぜ合わせます。
  • ココナッツオイルを使うのはとても重要。ミントとユーカリオイルの混ぜ合わせが皮膚に与えてしまうかもしれないネガティブな反応を防いでくれます

やり方

  • 痛んだり腫れたりしている膝に、オイルを塗ってやさしくマッサージします。
  • オイルは患部に吸わせるようにして、洗い流さないでください。1日に2回繰り返します。

 

膝が痛んでいませんか? 膝をちょっと使い過ぎてしまいませんでしたか? そんな時はここでご紹介した方法を是非試してみて下さい。痛みがすーっと和らぐ心地よさを感じられるはずです

継続的に痛むようなら専門家を訪ねてより適切な処置が必要でないかどうか診てもらいましょう。