肝斑に効く5つの自然療法

肝斑は、日光に当たることと加齢が原因で現れる症状です。
肝斑に効く5つの自然療法
José Gerardo Rosciano Paganelli

によってレビューと承認されています。 医者 José Gerardo Rosciano Paganelli.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 06 12月, 2022

肝斑(かんぱん)とは、日光への当たり過ぎや加齢によって皮膚に現れる小さなシミの一種です。その肝斑を薄くするのに役立つ5つの自然療法があると言われています。

肝斑ができるのはなぜ?

シミの一種である肝斑は、皮膚の老化に対するメラニン色素の自然な反応であると言えるもので、普通40歳以降に腕、手、足、顔などの部位に現れます。

小さいままで広がらなければ、肝斑は重大な問題ではありません。肝斑を目立たなくしたい場合は、皮膚科を受診して医師の指示に従うのが一番です。

アメリカ国立衛生研究所の専門家は、それぞれのケースに合わせて塗り薬やレーザー治療、インテンス・パルス・ライトや凍結療法などを皮膚科医が行うとしています。

肝斑の自然療法

自然療法は一般的に良く使われてはいますが、科学的根拠に乏しく理想的な対処法だとは言えません。そのため、医師に相談せずに実践することは避けましょう。

1. ターメリック

ターメリック
ターメリックの抗菌効果は、クルクミンという成分のおかげだとする研究結果が出ています。

材料

  • ターメリックパウダー 大さじ1(10g)
  • 牛乳 125ml

方法

  • 二つの材料をなめらかなペースト状になるまでよく混ぜます。
  • このペーストを必要だと思われる部位に塗ります。
  • 日光に当たるのを避け夜間に作用させるため、夜に塗るのが良いでしょう。

2. タマネギ

玉ねぎには皮膚の色を明るくする効果があり、肝斑を薄くする助けになると考える人々がいます。

材料

  • タマネギ ½個

方法

  • 半分に切ったタマネギを色素が濃くなっている部位にあて、円を描くようにやさしくこすります。
  • そのまま作用させ、洗い流さないようにしましょう。

3. アロエ

あらゆる皮膚の問題に役立つというアロエの驚きの効能は良く知られています。民間では、その有効成分により肝斑となる茶色い色素を薄くするサポートになると考えられています。

アロエのジェル

 

材料

  • アロエの葉 1枚

方法

  • アロエの葉の果肉を丁寧に取り出します。
  • この果肉を、余分なヨウ素を取り除きアロエの最も純粋な成分を使うためにたっぷりの水で洗います。
  • よくつぶしてペースト状にし、漂白が必要な部位に塗ります。
  • 1時間そのまま作用させたら、たっぷりの水で洗い流します。

こちらもどうぞ:アロエベラの健康効果5選

4. キュウリ

キュウリにも漂白効果と浄化効果のある有効成分があると考えられています。この療法は肌にパックをし作用させて効果を引き出すものなので、夜間に行うのがおすすめです。

材料

  • キュウリ ½本

方法

二つの方法があります。一つ目は、

  • キュウリで直接シミの部分をこするだけです。手や顔の場合にどうぞ。
  • この場合40分間作用させた後、ぬるま湯で洗います。

オプション2

  • キュウリ½本をすりつぶすかミキサーにかけるかして、均一なペースト状にします。
  • 肝斑のある部位に直接ペーストを塗ります
  • そのまま20分間作用させます。
  • たっぷりの冷水で洗い流します

5. 日焼け止めクリーム

日焼け止めクリーム
しわが早くから出来たりシミが出来るのを防ぐ一番の方法は、毎日日焼け止めを塗ることです。

 

これ自体は自然療法というより皮膚科医が支持する予防法の一つですが、日焼け止めクリームはとてもおすすめなアイテムです。皮膚を保護してシミが濃くなるのを防ぎます。

その他の注意点

肝斑は早めに対処すれば全く問題ではありませんし、さらに皮膚科医による指示の中に家庭療法が含まれる可能性もあります。

これらの自然療法で一番大切なことは、方法に従って根気よく続けることと、これも一人ひとりの肌の状態であると理解することです。

こちらの記事もおすすめです。
肝斑やシミの自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
肝斑やシミの自然療法

肝斑は、日光にさらされることによって顔にできるシミです。よくある肌の疾患で、肌の色が白色かオリーブ色の若い女性に多くみられます。この記事では、肝斑やシミの特色、原因についてくわしく説明し、いくつかの自然療法をご紹介します。お肌の状態が気になる方は、ぜひ試してみてください。




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。