キュウリを使った/洗顔クリームの作り方

6月 9, 2016
キュウリに含まれる洗浄成分は、様々なタイプの肌に効果的。保湿だけでなく、皮脂量も調節。

世界中の女性たちの間で、普段のお肌のお手入れに自然のものを使うことがどんどんポピュラーになってきている今日この頃。

肌を美しくするための商品もたくさん市販されているものの、環境にも肌にも優しいという理由で、家で手作りしたものを使いたいという人もたくさん。

洗顔は、そんな自然派お手入れの中でも良く話題に上るもの。顔に残った汚れを落として肌に栄養分を与えるためにも欠かせないステップ。

ということで、ここでは家でできる洗顔料の作り方をご紹介。どこでもすぐに手に入るキュウリを使って、その美容効果を最大限利用。

キュウリ洗顔料の利点

キュウリと言えば、様々な料理に使われる世界でも最もポピュラーな野菜の一つ。95%以上が水分であるのに加えて、健康に欠かせない抗酸化物質も豊富。

しかし様々な料理に欠かせないだけでなく、キュウリは肌にも良いことがいっぱい。ビタミンEと自然の油分が豊富で、肌を再生して保湿する効果が。

キュウリは昔から美容のために利用されてきた野菜。くすんだ肌をきれいにして、老化現象の予防、特に目の周りのお手入れに良く使われるもの。

pepino

こういったキュウリの効用を考えれば、フレッシュな肌を常にキープするための自然派洗顔クリームとしてキュウリを使うのにも納得。

さらに、ビタミンAとCも含んでいるのが嬉しいところ。どちらも強力な抗酸化物質で、フリーラジカルのダメージを軽減して、コラーゲンとエラスチンの生成も促進。

だからこそ、キュウリは日焼けしてしまった肌に最適。肌をきれいにして修復を促すため、肌の回復もより早いものに。

その一方で、目の下の隈にもとても効果的。緩やかな抗炎症作用があり、目の周りの血流を良くして、見た目をきれいにする効果が。

キュウリの洗顔クリームの作り方

Crema-de-pepino

キュウリを使ったこのシンプルな洗顔クリームは、市販品と同様の効果がある上にずっと安く済み、代わりに使うのにもってこい。

さらにその成分のおかげで、様々なタイプの肌に利用できるのが嬉しいところ。保湿力がありつつ、皮脂の生成もコントロールしてくれる。

材料

  • キュウリ一本
  • 脱脂粉乳1/2カップ
  • ローズウォーター1/2カップ
  • コットン1つ

作り方

  • キュウリを小さく切って、脱脂粉乳とローズウォーターと混ぜる。
  • 実際に肌に使う前に、これを冷蔵庫で数時間休ませる。

使い方

Beneficios-del-pepino-para-la-piel

  • コットンをこの液に浸したら、きれいにしたいところに塗り広げながら優しくマッサージ。
  • 皮脂の出すぎをコントロールしてくれるため、てかりがちなTゾーンのお手入れに最適。
  • クリームが乾いたらぬるま湯で洗い流す。
  • 毎日、もしくは必要な回数だけ繰り返す。

注意点

余ったクリームは、ガラス容器に移して冷蔵庫で5日間保存が可能。

ここで紹介した分量以上に作るのは避けた方が無難。というのも、5日間以上経つと悪くなってしまい、作ったばかりの時のような効果もなくなるから。

このクリームの主な目的は肌の汚れを落とすことではあるものの、シワ、目の下の隈の予防としても毎日使えるもの。

ここまで紹介してきたとおり、簡単かつ毎日のお手入れにとても効果的なのがこのクリーム。

初めて使った時から急に効果が表れる、というわけではないものの、長い目で見たその効果は使い始める価値大!

 

あなたへおすすめ