完熟プランテンのローストをおいしく作る方法4選

· 6月 25, 2018
完熟プランテンのローストはこの上ないデザートです。このローストに何を詰めるかはシェフの創造性次第で如何様にもなります。この記事では、5つの方法をご紹介したいと思います。

完熟プランテンバナナのローストは、ラテンアメリカでは大変人気のある料理です。コロンビアやベネズエラでは、非常によく活用される具材です。最も一般的な料理は、スライスしたプランテンの中に削った固めのチーズを挟んでベジタブルオイルで炒めたものです。

プランテンはローストにした後で、何かトッピングをしたり、中に何か詰めたりして、ヘルシーなおやつとして楽しめます。完熟プランテンに詰めものをするのに役立つ様々なアイデアを以下にご紹介します。

完熟プランテンのローストの作り方

バナナ切れ込み

手順はとても簡単です。まず、プランテンの皮を剝き、オイル、またはマーガリンやバターをプランテンにまぶします。油をまぶす時は、プランテン全体を覆うように手でまぶすことをおすすめします。

それから、高温のオーブンに入れ、片面を20分間焼き、もう片面をまた20分間焼きます。きつね色に焼き上がったら、真ん中に切り目を入れ、プランテンに詰め物をします。下記のレシピのように、トッピングや詰め物をする方法には様々あります。

完熟プランテンのロースト チーズ詰め

チーズはプランテンの詰め物として最も一般的なもので、溶けるとクリーミーで美味な仕上がりになります。

材料

  • 完熟プランテンのロースト 4本 (150g)
  • ブラックペッパー、または味つけに使うスパイス
  • オーブンで加熱するのに適したチーズ(モッツァレラ、クリームチーズなど) 4切 (80g)

作り方

  1. まず、オーブンを約200℃に予め熱しておきます。
  2. 最近調理したばかりのプランテンを縦方向に開きます。
  3. チーズを割れ目に詰め、ペッパーをふりかけます。
  4. チーズが溶けるまで180℃で熱します。
  5. 出来上がったら、冷めないうちにすぐに頂きましょう。

完熟プランテンのロースト チーズと肉詰め

こちらは甘さとしょっぱさが上手い具合にコントラストになって美味しい一品です。

材料

  • 塩・こしょう 少々
  • 牛肉(スライスされたもの) 500g
  • トマテ・フリート 1/2カップ (100ml)
  • ベシャメルソース 1カップ(200 ml)
  • トマト(細かく刻んだもの)1個分 (30g)
  • 完熟プランテンのロースト 4本 (150g)
  • 玉ねぎ 小(細かく刻んだもの)1個分 (25 g)
  • パプリカ(細かく刻んだもの) 半個分 (15g)
  • パルメザンチーズ(削ったもの) 1カップ (150g)
  • モッツァレラチーズ(細かい塊状のもの) 2カップ (300 g)

作り方

  1. まず、オーブンを約200℃に予め熱しておきます。
  2. 野菜をソテーにします。まず、玉ねぎからソテーし、次にパプリカ、そしてトマトをソテーします。
  3. 肉を入れ、少し炒めた後に、トマテ・フリートを加えます。塩・こしょうで味付けをします。
  4. 肉がジューシーながらもきちんと焼けている状態になるまでしばらく具材を炒めます。
  5. 最近調理したばかりのプランテンを縦方向に開きます。
  6. 残りの材料(肉、ベシャメルソース、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ)をプランテンに詰めます。
  7. パルメザンチーズが溶けるまで180℃で熱します。
  8. 出来上がったら、冷めないうちにすぐに頂きましょう。

こちらもお読みください:美味しいホットウィングのレシピ

 

エンパナダ風バナナ

完熟プランテンのロースト ツナ詰め

ツナはあまりプランテンと相性が良くないように思われますが、実はとてもよく合います。

材料

  • 塩・こしょう 少々
  • レモン果汁 半個分 (50ml)
  • 乾燥パセリ 小さじ1
  • トマト(細かく刻んだもの)1個分 (25 g)
  • オリーブオイル 大さじ4(80g)
  • 完熟プランテンのロースト 4本 (150g)
  • 玉ねぎ 中(細かく刻んだもの)1個分 (40 g)
  • パプリカ 小(細かく刻んだもの)1個分 (20 g)
  • モッツァレラチーズ(細かい塊状のもの) 2カップ (200 g)
  • ツナ缶(オイル漬けのもの。調理するプランテンの量に十分な量)

作り方

  1. まず、オーブンを約200℃に予め熱しておきます。
  2. 玉ねぎをソテーし、その後、パプリカとトマトを加え、しばらく炒めます。玉ねぎは「あめ色」になるくらいまで炒めます。この時、炒め過ぎないように気をつけます。
  3. ツナを加え、混ぜます。
  4. 塩、コショウ、パセリ、レモン果汁を加えます。味が全体に馴染むように全材料をよくかき混ぜます。
  5. 最近調理したばかりのプランテンを縦方向に開きます。
  6. 調理したツナをまずプランテンに詰め、その後、モッツァレラチーズを詰めます。詰める時は、入れ過ぎないように気を付けます。  食べる時に量が多くならないように適量を心がけます。
  7. チーズが溶けるまで180℃で熱します。
  8. 出来上がったら、冷めないうちにすぐに頂きましょう。

こちらもお読みください:

完熟プランテンのロースト グワカモレ詰め

グワカモレは、アボカドでできたおいしくてシンプルなディップのことです。プランテンにおいしいアボカドを詰めるメキシコ風のレシピです。

材料

  • 完熟プランテンのロースト 4本 (150g)
  • グワカモレ 2カップ(300 ml)
  • アボカド 4切 (40g)
  • 白チーズ(削ったもの) 2カップ (300 g)

作り方

  1. 最近、調理したばかりのプランテンを縦方向に開きます。
  2. グワカモレ、アボカド、削ったチーズをプランテンに詰めます。
  3. 出来上がったら、冷めないうちにすぐに頂きましょう。

ローストしたプランテンに詰めるのは何もこれらだけである必要はありません。詰め物にできる材料のチョイスは無限です。冷蔵庫やパントリーにあるソースや具材を様々使って、いろいろ試してみるだけで新たなレシピができます。完熟プランテンの味や質感に合う新たな材料を見つけることができるかもしれませんよ。