美味しいホットウイングのレシピ

今回ご紹介するのは美味しいホットウイングのレシピです。いつでもどこでもお楽しみいただけるおすすめのレシピです。

ホットウイングという手羽先で作った料理をご存知ですか?

海外では家でスポーツ観戦するときや持ち寄りパーティーなので定番のレシピです。ホットウイングを提供するレストランもありますが、自宅で作る人が多くいます。

ホットウイングで大切なのがスパイスです。唐辛子や調味料を独自に組み合わせることで、美味しいホットウイングが出来上がります。

ホットウイングのレシピをご紹介する前に、辛い料理には健康へのポジティブな効果だけではなくマイナスの効果もあります。

ただし、大切なのは食べる量です。

胃腸系に問題が生じている人は、腹痛などを引き起こす辛い料理を食べるのは避けるべきですが、大切なのは食べる量と食べる頻度です。

そのため、自宅で自家製のホットウイングを作れば、辛さを調節することができるため、好きなものを我慢せずに健康的な方法で調理をすることができます。

ホットウイングの作り方

ホットウイングの作り方

ホットウイングの歴史的背景ははっきりしていませんが、そのレシピは「バッファローウイング」として名前が知られているニューヨーク州バッファローに由来すると考えられています。

シェフはスパイシーな味付けのウイングは誰も食べず、ただ皿の上に積み重なっているのを見て、チキンそのものではなく、ソースとその調理法を含むレシピを作ることに決めました。

その中でもシェフであるテレサ・ベリッシモは、パセリ、ドレッシング、そして植物油を混ぜ合わせてから調理する方法を考案し、それが大成功を収めました。

料理では創造力が大切であることを示す素晴らしい例です。

材料

  • カレーパウダー 大さじ1  (25 g)
  • バター 1 1/2カップ (125 g)
  • 鶏肉(手羽先)10 カップ (1 kg)
  • タバスコ 大さじ6  (240 ml)
  • トマトピューレ 3 カップ (360 ml)
  • カイエンペッパー 大さじ1  (25 g)
  • チリパウダー 大さじ1 (25 g)

レシピ

  • 鶏の手羽先の皮などを取り除きます。
  • オーブンを190ºCに予熱します。
  • 手羽先に何もつけずオーブンで15分間焼き、黄金色にします。フライパンではなくオーブンを使うのがポイントです。
  • 中サイズのボウルでホットソースを作ります。
  • バター、タバスコ、チリパウダー、カイエンペッパー、カレーパウダーなどのすべての材料を混ぜます。
  • 少し味見をして、塩が多くないか、また辛すぎないかを確認してください。
  • できる限りバランスの良い風味を心がけてください。
  • 手羽先が綺麗に焼けたら、温かいうちにホットソースの中に入れます。
  • 手羽先をオーブン皿に取り出したら、上からソースをかけましょう。
  • 再び手羽先をオーブンに入れて、15分程度調理したら出来上がりです。

 

カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ