髪にツヤを与える5つのヒント

5月 2, 2016
毎日のブラッシングは頭部の血行促進に不可欠です。髪のキューティクルを閉じ込め、より輝きを与えるためには、冷水シャワーで最後のすすぎを行うことをお勧めします。

短かろうが長かろうが、太かろうがコシがなかろうが、どんなタイプの髪でも美しい髪にすることは可能です。美しい髪に大切なのは輝き。光沢のある、柔らかな先端の髪は、健康的で生き生きとして見えます。この記事では、わずか数日で髪の輝きを増す、髪に栄養を与えるケア方法をいくつかシェアしましょう​​。

毎日のブラッシングでつやのある髪に

西洋では、おばあちゃんから寝る前に100回ブラッシングしろ、とよく言われたりしたそうです。今の時代、そんなアドバイスは古めかしく聞こえるかもしれませんが、このおばあちゃんの知恵は科学的な事実を含んでいます。髪を繰り返し優しくブラッシングすると、頭皮の血行を刺激し、体が作り出す天然オイルを末端から毛根まで行き渡らせて保湿します。

最も健康的な効果を得るためには、天然毛ブラシを使う必要があります。

おでこから後ろにブラッシングすることから始め、同じことをうなじから上向きに行います。これは快適で、リラックスした感覚を与えてくれるでしょう。1日わずか2分のブラッシングで十分であり、すぐに驚くべき効果が出ます。

kami

頭皮をマッサージ

上記でもこのことを示唆しましたが、頭皮をマッサージすることは、光沢のある健康な髪に不可欠です。

また、血行を改善し、一日において時にストレスを最大に受ける頭皮を深く活性化させる、もう一つの方法です。

頭に両手の指の先端を押しあて、軽く圧力をかけ、小さい円を描くようにマッサージします。

額の周りからスタートし、ゆっくりと首に向かって後方の下に移動していきます。

いつしてもいいですが、頭に緊張を感じる時や、一日おきにブラッシングと交互に行ってもいいでしょう。

kami2

ココナッツオイルを使用

  • 植物ベースのオイルは間違いなく、通常シャンプーとコンディショナーに含まれる、短期的な効果しかない化学物質なしで、自然に髪に水分を与えます
  • 植物オイルの問題点は、脂肪含有量の多さのために、髪が脂っぽくなったり、ボサボサに見えるということです。
  • その解決法はココナッツオイルを使うことで、油っぽい触感にもかかわらず、非常に簡単に吸収されるので、自然な皮脂生産を調節します。
  • シャンプーの直前や洗髪後に使いましょう。髪の中ほどから先端部のみに適用します。
  • 非常に少ない量を使用してください。
  • 油を均等に分散させるため、その後髪をブラッシングします。
hoomumeidokondishonaa

酢でリンスする

自宅でできる効果的なコツは、コンディショナーとして酢を使用することです。酢は髪に輝きと栄養を与えるだけでなく、化学的ヘアケア製品を使用すると変えられてしまうことがある、自然のpHを調節します

リンゴ酢1に対し、水3と混ぜます。すすぎの前に数分置きましょう。

お酢の匂いは、髪が乾いたら消えますので、心配しないでください。気になる場合は、お好みのエッセンシャルオイルを数滴加えてみてください。

ヘルシーな脂肪を摂取

つやのある髪は、適切な栄養補給の結果です。この結果を達成するために、脂肪分は大切ですが、肌や髪に栄養を与える良い脂肪分だけ食べましょう。

それは何か?

  • 低温圧搾された植物オイル:オリーブ、ココナッツ、ゴマ、フラックスシード、小麦胚芽、ヒマワリ油、その他
  • ナッツ
  • 種子類
  • アボカド
  • 卵の黄身
  • プレーンヨーグルト

一日を通して水をたくさん飲むこと、特に朝一番に飲むことを忘れないでください。健康な髪は、健康な腎臓に関連しており、水を飲むことで内側から髪をケアします。

あなたへおすすめ