髪を傷めずにブリーチする方法

· 6月 26, 2018
髪の色のトーンを下げたり変えたりしたい方は、今回ご紹介する髪を傷めないシンプルな方法をぜひお試しください。

髪の色を明るくするためには様々な商品が市販されていますが、それらに含まれる化学物質は髪に大なり小なり悪影響をもたらすことがあり、場合によっては取り返しのつかない結果になることもありえます。1年に何度も髪を染めると、傷める可能性はさらに高くなります。ではどうすれば髪を傷めずに色を明るくできるのでしょうか?

髪色のトーンを変える、特に明るくすると、おしゃれに見えたり若く見えたりしますよね。髪にやさしいナチュラルな方法で、髪色をブリーチして希望のトーンに近づけるためのテクニックを活用しない手はありません。また、一度ブリーチした髪色をより長期間保ち、それによって髪を傷める製品を頻繁に使わないためにも役立ちます。

髪をブリーチするとはどういうこと?

髪にクリームを塗る女性

毛髪は三つの部分に分かれています。一つ目はケラチンで構成される細胞でできている毛表皮(キューティクル)で、髪の内部を守り、髪のツヤ・光沢に影響を与える部分です。

二つ目は毛髪の内部を構成する皮質(コルテックス)という部分で、70%が細胞間充物質で残りが角化したケラチン質の細胞です。三つ目が髄質(メデュラ)で毛髪の芯にあたり、元来の色素や皮脂腺の脂肪などでできていますが、空気を含んだ空胞で構成され、メデュラの太さで髪の強さが決まります。

髪をブリーチするということは、色素に直接働きかけて髪の色の比率を減少させるプロセスです。オキシドールと漂白成分のある材料を組み合わせると、活性酸素が放出され色素に作用して色が明るくなります。元々の髪の色素によって色の変わり方が違います。

濃い髪色の人が金髪にするにはこの作業を何度も実行する必要があります。けれども化学製品で脱色すると髪が傷んでしまいます。将来的に、あるいは使用の時点で悪影響がある可能性がありますから、注意して行わなければなりません。髪の色を抜けば抜くほどダメージが激しくなるでしょう。

こちらもお読みください:髪の色を明るくする3つの簡単な方法

ダメージなくナチュラルに髪色をブリーチする方法

髪を傷めずにナチュラルな方法で髪色をブリーチすることは可能です。これらのテクニックで今の髪色より明るくしてみましょう。また確実なことは、髪のツヤに違いが出ることです。

 

1. カモミールティー

カモミールティーで髪を明るく

カモミールは髪色を明るくするために最もよく使われる材料ですから初めに取り上げます。もう一つ同様のブリーチ作用のあるレモンを組み合わせて使います。方法は簡単です。

鍋にコップ2杯の水を入れて火にかけます。沸騰したらカモミールティーのティーパックを2袋入れます。その後冷蔵庫に入れて冷やし、冷えてからレモン果汁½個分を加えます。

濡れた髪に、スプレー容器を使ってカモミールティーを吹きかけ、約20分間作用させます。効果を出すには最低週2回行う必要があります。

より効果が見えるようにするにはシャンプーにカモミールエキスを加えるのも良いでしょう。こうすると毎日の入浴によって効果が出ます。同様にカモミールエキスの含まれる製品も市販されています。

こちらもお読みください:手軽で効果的 カモミールを使った自然療法

2. レモン・卵・ビールのヘアパック

髪にダメージを与えず色を明るくするヘアパックを作るには、まず卵白を角が立つまで泡立てます。そこにアルコールフリーのビールをコップ1/2杯加えます。木じゃくしで混ぜ、レモン果汁も加えます。

このヘアパックを塗れた髪にマッサージしながら塗布します。20分間作用させたら、たっぷりの水で洗い流します。この場合も週2回行います。ビールにはこんな活用法もあるのです。

 

3. リンゴ酢とハチミツ

髪にスプレーする女性

もう一つの髪を傷めずブリーチする方法にはリンゴ酢とハチミツを使います。まず鍋に水を入れて中火にかけ、ハチミツ大さじ2を加えます。沸騰したらリンゴ酢大さじ2を加えて、もう2分間加熱します。火から下ろして冷蔵庫に入れます。

冷えたら髪に塗布し、ドライヤーでやや温かい風を当ててより吸収されやすいようにします。他の方法と同様、20分間作用させた後、たっぷりの水で洗い流します。

 

ブリーチの後は、髪のケアにより気を遣うということを意識しましょう。常に輝く髪をなびかせるには当然ですね!