過剰な発汗を止めるためにできること

実は多くの人が悩む汗っかき問題。今回の記事ではそれを解決する方法をご紹介します。
過剰な発汗を止めるためにできること

最後の更新: 13 5月, 2022

過剰に汗をかいてしまう、そんな悩みはありませんか? 夏や冬に関係なく、過剰に汗をかいてしまうという人は多いのではないでしょうか。過剰な汗を止める方法をこの記事でご確認ください。

汗っかきのせいで、自信が持てなかったり、仕事など他人と接する場面で恥ずかしい思いをすることもあります。

過剰な発汗はしばしば「多汗症」と呼ばれ、誰もが同じように悩むわけではありません。手に過剰に汗をかく人もいれば、足やわきの下など、体の他の部位に汗をかく人もいます。

過度の発汗を治療するためのさまざまな製品がありますが、自分に合ったものを見つけるのは難しいものです。原則として、皮膚科医に相談することがまず望ましい対策です。以下では、この問題にうまく対処するために、いくつかの問題点を挙げてみます。

タルクで過剰な発汗を止める

タルク 過剰な発汗

タルクは汗を吸収してくれる優れた味方です。足の過度の発汗に苦しんでいる場合、非常に役立ちます。

しかし、場合によってはタルカムパウダーだけでは多汗症を抑えられないこともあります。手やわきの下に使用すると、面倒になることさえあるのです。代替案として、いくつかの研究ではホウ酸を提案しており、これは非常に効果的です。ただし、使用を開始する前に、医師に相談することをお勧めします。

過剰な発汗を止めるための特定のデオドラント剤の使用について

特定のデオドラント剤の中には、医師によってのみ処方され、夜間にも使用することができるものがあります。このタイプは、多汗症を徐々に整えていくことができます。

このため、自分のケースに合った製品を処方し、経過を見守ることができる医師の診察を受けることが大切です。

綿の服を使用する

過度の発汗にお悩みの方は、ポリエステルやナイロンの衣類が問題を大きくし、より顕著にすることにお気づきでしょう。

これを防ぐには、体が汗をかくことができる涼しい綿の服を選ぶことが望ましいのです。

綿の服を使用する 発汗

さらに、着替えを持ち歩くのもよいでしょう。そうすることで、私たちはより自信を持つことができ、必要であれば着替えることができるようになります。

ストレスや不安を軽減する

ストレスや不安は、過剰な発汗の引き金になります。問題は、特にストレスについては、自分がそれらに苦しんでいることに気づかないことが非常に多いということです。

十分な休息をとる、スポーツをする、リラクゼーションクラス(ヨガや瞑想)に参加するなどは、これらの要因による過剰な発汗を調整するためのオプションです。

こちらもお読みください:効果的な瞑想のコツ9選

体の衛生状態を保つ

気持ちよく過ごすためにも、過度の発汗に伴う体臭を防ぐためにも、体の衛生状態を良好に保つことが望ましいです。

つまり、毎日シャワーを浴びることです。汗をかく部位は、朝と夜の両方に洗う必要があるかもしれません。

また、医師から勧められたデオドラント剤などは、責任を持って指示通りに使用しなければなりません。

食生活に気をつける

特定の食べ物や有害な習慣は、悪影響を及ぼします。さらに、上記の推奨事項をすべて無意味にしてしまうこともあるのです。

食生活に気をつける 汗の問題

喫煙、コーヒーの飲み過ぎ、辛いものの摂取頻度、飲酒についてです。これらの習慣はすべて、過剰な発汗を増やし、問題を悪化させる可能性があります。

多汗症と上手に付き合うには、野菜や果物を多く含む食事と、十分な水分の摂取が欠かせません。

緊急時キット

上記のことに加えて、一定のアイテムを常に携帯しておくとよいでしょう。

例えば、手に汗をかく場合は、汗拭きシートを携帯することが大切です。足の場合は、タルクのパウダーなどがまた役立つでしょう。

状況が改善されない場合は、多くの場合、汗を制御するために、注射、あるいは手術が必要になることがあります。したがって、医者に行き、自分自身のケアを始め、過度の発汗を調節するためにある種の習慣を生活に取り入れることが予防につながります。

あなたは多汗症でお悩みですか? コントロールできていますか? これらのヒントがあなたのお役に立つことを願っています。

こちらの記事もおすすめです。
寝汗の最も一般的な原因5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
寝汗の最も一般的な原因5選

多くの場合、 寝汗 の一般的な 原因 はご自身の身の回りの環境で見つけることができます。気温が高すぎる、重いパジャマで寝ている、または暖かすぎる毛布を使用している可能性などがあります。ただし、これらの理由のいずれかが原因で発生しない場合は、他の考えられる原因を考慮する必要があることもあります。



  • González Llaneza, F. M. (2018). Estudio Rorschach sobre control y tolerancia al estrés asociado a hiperhidrosis primaria en jóvenes hiperhidróticos. Humanidades Médicas18(2), 291-310.
  • Hasson, A., Kam, S., & Cataldo, K. (2014). Toxina botulínica en el tratamiento de la hiperhidrosis focal primaria. Dermatología Revista mexicana58(4), 331-338.
  • Macía, I., Moya, J., Ramos, R., Rivas, F., Ureña, A., Rosado, G., … & Saumench, J. (2010). Hiperhidrosis primaria. Situación actual de la cirugía del simpático. Cirugía española88(3), 146-151.