自宅で手作り!空咳に効く咳止め薬3つ

4月 17, 2018
空咳の対処法は、人それぞれで効果が異なるので、様々な方法を試して何が一番効くか見てみましょう。

「空咳」とは、痰が絡まない咳のことを指します。体が喉や気管の中に異物を感知したときに起こる反応で、咳が異物を押し出す役目をします。

空咳を治すためには、体が異物を取り除く手助けをしてあげないといけません。

そのために、低刺激でありながら効果テキメンの手作りの咳止めをご紹介します。ベストな解決法は、問題を悪化させないようにナチュラルな方法を選ぶことです。

病院に行ったのに空咳の原因が不明なら、精神的要因の影響があるかどうか考えてみてください。心の問題が体の不調となって現れる人もいます。

もしその場合、ここでご紹介する咳止めも効き目はありますが、心理セラピーやヨガなど、別の解決策も試してみてください。

心理的苦痛が体に出ている場合、ありがちではありますが、温かい牛乳にハチミツを入れてみてください。喉が楽になるだけでなく、気分も楽になるはずです。

空咳に効く咳止め

1. 生姜+ハチミツ+レモンの咳止め

生姜

これらの材料は全て抗菌効果がバッチリのものですが、ハチミツと生姜は特に痛みの緩和に効果を発揮します。

材料

  • レモン 3切れ(45g)
  • ハチミツ 大さじ2(20g)
  • 生姜 3片(50g)
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • レモンと生姜を水に入れて湧かす。
  • ハチミツを加える。
  • 15分間待つ。
  • ガラスのボウルに液を漉しながら入れる。
  • そして冷蔵庫で保存する。

冷蔵庫で2ヵ月持ちます。スプーン山盛り1〜2杯分を、咳が治るまで毎日取りましょう。

慢性的な咳に悩む方も問題なく試すことができます。材料は全て健康上無害なものです。

こちらもお読みください:

ジンジャーウォーターの効能トップ5

2. アニス+カモミール+クローブの咳止め

カモミール

これらの材料はそれぞれ空咳にバッチリの特性を持っており、抗菌効果と痛み止め効果があります。また、空咳の原因となる痙攣も防いでくれます。

材料

  • 水 1カップ(250 ml)
  • カモミールのティーバッグ 1袋
  • アニス 大さじ½(5g)
  • クローブ 2本

作り方

  • まず、水にカモミールを入れ、沸騰させる。
  • 次に、クローブとアニスを加える。
  • 7分間待つ。
  • 液を濾す。

先ほどのレシピと同様に、簡単に長期保存ができる咳止めです。また、空咳が治るまで毎日2、3回摂取することに健康上なんら問題はありません。天然材料で作られているので、体に耐性ができたりアレルギーを発症するまでは、副作用は何もありせん。

こちらもオススメ:

過敏性腸症候群を抑える5つのお茶

3. 赤唐辛子+生姜+リンゴ酢の咳止め

赤唐辛子

他の記事で、病原菌を殺すリンゴ酢の効果についてご紹介しましたが、赤唐辛子にも同じ効果があります。辛い食べ物は、病原菌と闘うのに非常に効果的です。ですから、香辛料の効いた咳止めをご紹介しましょう。

材料

  • 赤唐辛子 大さじ1/4(1.5g)
  • ハチミツ 大さじ1(10g)
  • 粉末生姜 1/4個分(1.5g)
  • 水 大さじ2(20g)
  • リンゴ酢 大さじ1(10g)

作り方は、材料を全て混ぜ、スプーン1杯を毎日摂取するだけです。あっという間に良くなるはずです。

大抵の人にとっては美味しくはない咳止めですが、薬局で買う薬用の咳止めだと思いましょう。良薬は口に苦し、ということで是非お試しください。

誰もが十人十色で違います。同じ健康問題があったとしても、体の反応は異なることがあります。そのことを心に留め、何日かごとに違う療法を試すのもアリです。そうすることにより、自分に一番ピッタリの咳止めを発見して活用することができるでしょう。

あなたへおすすめ