迅速導入全身麻酔とは?

06 2月, 2020
気道に起こる異変は死に至らしめる可能性がありますが、全身麻酔の迅速導入は、多くの命を救うための鍵となります。

迅速導入とは、全身麻酔の口腔気管挿管を指します。この手順は通常、緊急治療室で行われます。ただし、成功させるためには、間違えると患者の命を危険にさらす可能性のある、一連の手順に従う必要があります。

ある研究によると、「救急医療の医療専門家にとって、入院前治療室などから気道管理を徹底することは、基本として求められる能力の1つ」とされています。

したがって、医師が迅速導入の方法を知っていることが不可欠です。これにより、患者の誤嚥のリスクが軽減されます。

こちらもお読みください:食道の機能障害:食道アカラシアの症状と治療法

いつ迅速導入が行われる?

急患 迅速導入全身麻酔

急性換気不全のリスクがある患者が緊急換気室に到着したとき、迅速誘導を必要とします。アセスメントを素早く行い、医師が正確に手順を実行できるようにします。

迅速誘導を実行することで起こりうることは、低酸素血症から、気管チューブが挿入されたときに気道を傷つけることまで、さまざまなものがあります。したがって、落ち着いて、手順を正確に実行することが重要です。

場合によっては、経口気管挿管をいつ実施すべきかが明確ではありません。しかし、迅速導入を必要とすると判断された場合、医師が実行します。

ただし、次の症状を考慮する必要があります。これらの症状は、迅速導入の必要性を明確に示すことができます。

  • 首の腫れた血腫
  • 低血圧を伴う胸部外傷
  • 広範囲の火傷
  • 気道の閉塞
  • 心臓発作

上記に加えて、患者が正常に呼吸できないために動揺している場合は、すぐに鎮静剤を打つ必要があります。その後、医師はできるだけ早く迅速導入を実行する必要があります。

こちらもお読みください:オピオイド鎮痛剤とその使用目的について

正しい手順

迅速導入全身麻酔

挿管を成功させるには、一連の手順に従う必要があります。医師はこれらの手順を迅速かつ正確に実行します。そうすることで、前述の失敗を避けることができます。

挿管前のアクション

  • 枕を下に置いて、患者の頭を上げます。
  • 顎を前方に押し上げて持ち上げます。
  • 口腔咽頭腔から異物を取り除きます。
  • すべての分泌物(血液、嘔吐物)を吸引します。

迅速導入

  • 片手で喉頭鏡を持ち、口の隅から挿入し、舌を動かして喉頭鏡を前方に持ち上げます。
  • 喉頭蓋に器具の先端を置きます。
  • 誤嚥や逆流のリスクを減らすために、別の専門家がセリック法を実行します。挿管している間、絶えず行わなければなりません。
  • 声門または声帯があまり見えない場合は、BURPを行って露出させます。これにより、医師は気道を損傷することなく喉頭鏡を適切に配置できます。
  • チューブを正しく挿入したら、チューブを動かさずに喉頭鏡を取り外します。酸素を送り込みます。

セリックとBURPを行うことが推奨されますが、患者が外傷に苦しんでいる場合や気管に異物がある場合は、使用されません。

一般的に、迅速導入を実行する場合、薬物の使用は必要ありません。ただし、薬剤がなければ、患者に挿管することが不可能な場合があります。

患者が落ち着かないときは、鎮静剤を投与する必要があります。また、患者が激しい痛みを感じている場合、鎮静剤に加えて鎮痛剤も投与する必要があります。

緊急治療室の医師が、患者に微小管阻害薬を提供しなければならない状況がいくつかあります。これは、チューブが圧力のために気管を通過できない場合に不可欠です。

お読みいただいた通り、迅速導入は、緊急治療室で働くすべての専門家が正しい実行方法を知っている必要がある手順です。そうすることで、気道に与えるダメージを最小限に抑えることができます。

さらに、特定の状況で使用すべき医薬品を知ることも重要です。迅速導入は、間違いなく不可欠な応急処置と言えるでしょう。

  • Almarales, J. R., Saavedra, M. Á., Salcedo, Ó., Romano, D. W., Morales, J. F., Quijano, C. A., & Sánchez, D. F. (2016). Inducción de secuencia rápida para intubación orotraqueal en Urgencias. Repertorio de Medicina y Cirugía25(4), 210-218.
  • Calvache, J. A., Sandoval, M. X., & Vargas, W. A. (2013). Fuerza aplicada por el personal de salud sobre un simulador del cartílago cricoides durante la realización de la maniobra de Sellick en la intubación de secuencia rápida. Revista Colombiana de Anestesiología41(4), 261-266.
  • Carrillo-Esper, R., Vinay-Ramírez, B., & Bahena, A. (2008). Maniobra BURP. Revista mexicana de Anestesiología31(1), 63-65.