腎結核:さまざまな診断法と治療法

3月 14, 2020
腎結核の診断を行うために、培養したものを顕微鏡で観察する必要があります。

腎結核は、一般的に結核菌が原因で起こります。

腎結核は両方の腎臓を傷つけ、腎不全や壊死も引き起こします。

多くの場合、結核は肺で始まりますが、腎結石は肺結核の患者の多くに起こります。

結核菌は、血液、直接接触、およびリンパ系によって腎臓に到達します。

腎臓は、肺に次いで2番目に結核の影響を受けやすい場所で、腎結核によって影響を受けるのは、腎臓、精巣上体、前立腺ですが、泌尿生殖器にも影響を与える可能性があります。

腎結核の症状

最も一般的な症状は次のとおりです。

  • 腎臓の痛み
  • 頻繁で痛みを伴う排尿
  • 血尿

ほとんどの患者はツベルクリン反応で診断が可能です。

また尿検査でも結核菌が陽性になります。

男性の場合、症状は精巣上体や、一般的ではありませんが、前立腺炎とも関連があります。

診断

腎結核:さまざまな診断法と治療法 腎臓への影響

腎結核の診断を行うために、結核菌が原因であると確定する必要があります。

そのためには、結核菌を培養検査して顕微鏡で確認する必要があります。

菌による診断

診断は3つのステップで行われます。

  • 耐酸性アルコール耐性菌の実証
  • 細菌の分離
  • 結核治療薬に敏感かどうかの検査

さらに、これらの細菌はそれらを識別するために特別な染色技術を必要とします。

これは、細胞壁に多くの脂質が含まれているためです。また、抗酸菌は発育が遅いため、固形培地で8週間培養させる必要があります。

細菌を染色し、顕微鏡でそれらを見ることが最も簡単で最速の手順です。

続きを読む:詳しく学ぼう!広域抗生物質について

抗酸菌の培養と確定

培地には、固体、放射性液体、非放射性液体、二相性液体など、さまざまな手法がありますが、現在、最も敏感で最速のものは固体および液体の媒体です。

抗酸菌培養

最も効果的な手法は、溶解遠心法と放射分析法で、専門家はHIVの重症例や原因不明の発熱にそれを使用しています。

新しい診断技術:DNAまたはRNAの遺伝子培養

これは新しい手法で、診断が迅速に行われます。

この手法では、ある特定の細胞を何百も複製することができるため、迅速に診断が行われます。

試験管内感受性試験

試験管内試験にはさまざまな方法があります。

病理診断

サンプルを顕微鏡で観察する病理診断は、生検を行ってサンプルを取ります。

腎結核の治療

腎結核:さまざまな診断法と治療法 薬について

神結核の治療には、特定の薬物に耐性がないことを確認する必要があります。

治療に従わない、または治療に完全に終了しないと、逆に体が耐性を作りやすくなります。

再発を防ぐためにも、しばらく治療を続ける必要があります。治療に対する反応を監視する最良の方法は、結核菌の検査です。

実際、腎結核の治療薬には2つのグループがあり、どう機能するかそしてどのような副作用があるかに基づいて分類されます。

腎結核を治療する薬の選択肢

第一選択薬

これらは結核治療の最初の選択肢として選ばれる薬です。

  • 抗菌薬:イソニアジド、リファンピシン
  • 静菌薬:エタンブトール

第二選択薬

あまり活性がなく、より多くの副作用がある薬です。

医師は、耐性型や特別なケースに第二選択薬を処方します。

これらの薬は、適切なトレーニングを受けた専門家のみが使用する薬です。

第二選択薬の一部をご紹介します。

  • カナマイシン
  • アミカシン

こちらもご参照を:効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核について

腎結核治療の副作用

最も一般的な副作用は肝臓の損傷(肝毒性)で、イソニアジドとリファンピシンを使用することで起こります。

軽度の副作用が一般的で、これらの副作用が現れても薬の服用をやめる必要はありませんが、重度の副作用の場合は、薬の服用を中止するか、治療を変更する必要があります。

この副作用は、短期治療を受けた患者の3-5%でのみ発生します。

腎結核に関しては、専門家もまだ研究を継続している段階であり、先進国と発展途上国の患者の違いの理由などはまだ明らかではありません。

そのため、このまま研究をさらに続けていく必要があるでしょう。

  • Highsmith, H. Y., Starke, J. R., & Mandalakas, A. M. (2018). Tuberculosis. In Kendig’s Disorders of the Respiratory Tract in Children. https://doi.org/10.1016/B978-0-323-44887-1.00029-8

  • Koch, A., & Mizrahi, V. (2018). Mycobacterium tuberculosis. Trends in Microbiology. https://doi.org/10.1016/j.tim.2018.02.012

  • Daniel, T. M. (2006). The history of tuberculosis. Respiratory Medicine. https://doi.org/10.1016/j.rmed.2006.08.006