自家製ティラミスの作り方

· 8月 21, 2018
ティラミス作りに難しいことはありません。少しだけ忍耐が必要ですが、自家製ティラミスは努力する価値が十分ある美味しさがあります。

ティラミスはイタリアのモダンデザートで、50年代に生まれてから世界中の食通を魅了しています。使われている材料を見るとその理由が分かると思いますが、なんと使われているのはマスカルポーネチーズ、コーヒー、卵、お酒、ココアパウダー、そしてチョコレートなど一般的な材料ばかりなのです。

もちろん、ティラミスは違う種類のチーズ(新鮮でクリーミーであれば)を使って作ることもできますし、レディーフィンガーと呼ばれるようなビスケットを底に敷いて作ることもオススメです。大切なのはブラックコーヒーで、しっかり味を出す為にはコーヒーの味が強いものを選ぶといいでしょう。

ティラミスの栄養成分

ティラミス

ティラミスには砂糖が含まれているので、もちろん食べ過ぎてはいけません。また、砂糖の代わりにステビアやハチミツを使うのも良いです。あなたの好みに合わせて作ってください。チョコレートは絶対にダークチョコレート(出来れば、カカオの比率が高いものが健康的です)を使いましょう。

作り始める前に、ティラミスの栄養成分表を見て、1人前のティラミスにどのくらいカロリーが入っているか確認しましょう。もしダイエット中なら、栄養成分をメモしておくのも良いアイデアです。では、ティラミス1人前(147g)に含まれている栄養成分を見てみましょう。

  • 409カロリー(1日の推奨摂取量の25%)
  • 脂質:31.67g
  • 炭水化物:42.47g
  • タンパク質:8.3g

材料

今回紹介するのは6人分の材料です。この量を参考にして人数に合わせて作ってください。

  • 卵:4つ
  • 砂糖:100g
  • コーヒー:180ml
  • ココアパウダー(味付け用)
  • マスカルポーネチーズ:400g
  • ダークチョコレート:200g
  • レディフィンガー:200g

作り方

ティラミス2

先ほどもティラミスは簡単に作ることができると述べましたが、準備に約1時間ほどかかるので少しだけ忍耐が必要です。しかし、ティラミス作りは楽しいですし、実際に食べる時にはどれだけ時間がかかっていても後悔しない美味しさです。

  • コーヒーを180mlドリップして冷まします。
  • 卵2つ分の卵白をメレンゲにします。
  • 別のボウルに4つ分の卵黄を砂糖と一緒に泡立ててください。
  • そこにマスカルポーネチーズを徐々に加えて、少し形になるまでゆっくり混ぜてください。
  • そこにメレンゲを加えます。
  • 長方形のお皿の下にレディーフィンガーの層を作り、コーヒーを入れて浸します。
  • そこに先ほどのマスカルポーネチーズの層を作っていき、砕いたチョコレートを振りかけます。
  • 同じように、レディーフィンガーを敷いてコーヒーで浸し、マスカルポーネチーズとチョコレートの層を作ります。
  • 最後に、ココアパウダーを上に振りかけて、冷蔵庫で3時間冷やします。一夜明けた後だとさらに味が良くなるでしょう。

美味しいティラミスを作る為のヒント

最初に説明したように、ティラミス作りがどれだけ簡単か、そしてその工程の中で最も難しいのは待つことだというのがご理解頂けたと思います。もしかすると、始めて自分で作って味見をした時、店で買うティラミスとの味の違いに驚くかもしれません。なぜなら、店では生クリームを使ってティラミスを作っていることが多いからです。今回紹介したレシピの方が健康的ですし、自家製なので味も良いでしょう。

ティラミスと一緒に何か飲む場合は、コーヒー(ブラックコーヒーは避けてください)か、紅茶が合います。小さいお子さんには、柑橘系のジュースが良いでしょう。お酒が好きな方は、ミディアムボディの赤ワインと一緒に食べると、味がより引き立つのが分かると思うので是非試してみてください。