5つのタイプの幸せ

8月 13, 2017
5つの異なるタイプの幸せがあることをご存知ですか? 幸せには様々な形があり、その定義も異なりますが、全てに共通すること、それは幸せが私たちを喜びで満たすという事実です。

幸せにはそれぞれ種類があると考えたことはありますか?

幸せの定義は一つだと考える方も多いかもしれませんが、私たちが人生で経験する幸せは5つのタイプに分類することができます。そして幸せになるためには、自分がコントロールできない過去や未来のことばかり考えるのではなく現在を生きることが大切です。

過去を思い返したり未来の心配をする時間を、愛する人との時間、自分のための旅行、そして人生を楽しむための時間として使いましょう。

誰もが経験する幸せ

1.日々の喜び

私たちの毎日の生活には、ポジティブで幸せな気持ちになるような喜びに溢れた出来事や体験がたくさんあります。

何か特別なことをしなくても体験できる毎日の幸せは、小さく目立たないようなふとした日常の中にあります。

朝起きた時のコーヒーの香り、静かで誰にも邪魔されない自分だけの読書の時間など、私たちに幸せを運ぶ出来事は毎日の生活の中で経験できる幸せです。

日々の出来事に注意を払い、これらの小さな幸せを見逃さないようにしてください。

2.フロー状態

フロー状態という言葉を耳にすることが少ないかもしれませんが、これは皆さんがすでに経験している精神状態です。

自分の周りで起きている出来事や時間を忘れるほど、何かに没頭することはありませんか?

絵画、執筆活動、パフォーマンス、運動など、時間を忘れてしまうほど没頭する何かを見つけることで、フロー状態と呼ばれる精神状態に到達します。

数学が大好きな人は、計算だけではなく数字や公式を活用しているだけでもフロー状態になります。この種類の幸せは、各個人によって異なります。

皆さんがフロー状態になる幸せは何ですか?

 

3.人間関係における幸せ

人間は社交性のある生き物なので、他者との間で強く健康的な絆を築くことが非常に重要です。

時には自分一人の時間も大切ですが、あなたを愛してくれる人、あなたが信頼している人、そして一緒に楽しい時間を過ごせる人が、あなたに幸せをもたらしてくれます。

 

4.目標達成で得られる幸せ

達成しなくてはいけない目標はありますか?

その目標はあなたにとってどれほど大切ですか?

目標を達成することで、達成感や幸せ、そして自分にかけていたものがついに見つかったように感じます。自尊心を高める非常にポジティブな体験をもたらす幸せです。

5.人生の意味を問う幸せ

日々の生活の中で、人生に迷ったり、落ち込んだり、時には悲しくなることがあるのは、自分の人生を無意味だと感じているからです。また、解決すべき問題を解決せずに過ごしていると、迷路の中に迷い込んだような気持ちになり、精神状態が不安定になることもあります。

私たちは誰もが人生の目標を持って毎日を過ごしており、目標を達成することで私たちは幸せを感じます。

もちろん自分の進むべき道がまだ決まらないという人も多くいますが、モチベーションを維持しながら自分の人生を特別なものにすることで私たちは幸せになります。

今回ご紹介した5つの種類の幸せはどれも全て重要です。

これらのどれか一つを経験し、幸せを感じられている人は、人生のバランスが正しく保たれています。

幸せは私たちの進むべき道の妨害にならないだけではなく、私たちに見つけてもらうのを待っています。

自分だけの幸せを見つけに行きませんか?

あなたへおすすめ