両親を失った後の世界の生き方

· 8月 7, 2016
誰の人生にも起こることですが、誰一人として自分の両親を失うことに対して心の準備はできてはいません。その状態を受け入れるためには充分な時間を必要とします。

親が子供よりも先に他界するのは一般的なことですが、人生の中で多くのことを与えてくれた親の死を受け入れるのは容易ではありません。

特に強い絆のある家族の場合、大切な親を失い自分の行く道がわからなくなることもあります。

親を失った後、辛いことに直面したら誰にアドバイスを求めたらいいのかと途方にくれる人もいます。

親の死の受け止め方には個人差がありますし、これまでの親子関係も影響しますが、一般的な感情としては「癒えることのない喪失感」を感じるといわれています。

親を亡くした悲しみや辛さの中で、心にできた空虚感を抱えながら、家族の楽しく幸せだった思い出や両親が残してくれたものを糧として、強く生きて行く必要があります。

また、生前両親が与えてくれた教育、しつけ、優しさ、強さ、知恵、そして幸せな思い出や記憶は、いつまでも私たちの中に残ります。

本記事では、両親を失った時に、その苦境に強く立ち向かい、前を向いて人生を進む方法をご紹介します。

こちらの記事もご参考に:泣いて心を解放することの大切さ

両親を失う心構えができている人はいない

親とともに築き上げてきた家族の絆の延長に、親を失った喪失感があります。

子供がすでに成人して親から離れて暮らしている場合や、すでに自分の家族を持っている場合でもそれは同じです。

大切な人を亡くした後は、その喪失感を埋めるために、自分や他人、そして周りを責めるような気持ちが生まれることもありますが、親はいなくなっても、彼らと築き上げた絆は、いつまでも残っていることを忘れないでください。

肉体的には、親と会うことはできなくなりましたが、精神的な部分では、いつまでも親とつながっています。

父親がくれた勇気や愛情、母親からの優しい眼差しなどはいつまでも私たちの心に残り、それを次世代へと受け継ぐことができます。

親を失った悲しみから、精神状態にダメージを受けて、うつ症状を発症する人がいますが、親から学んだ数々の大切な教えを思い出し、自分の足で人生を再び歩き始める必要があります。

table-on-beach

心の痛みはひとりひとり違うもの

親を失った時に感じる痛みには個人差がありますが、一般的には次のような段階を経験します:

  • 拒否
  • 怒り
  • 葛藤
  • 感情的な痛みの現れ
  • 受け入れ

一般的にこれらの過程には1〜3ヶ月ほどの期間を必要とします。

悲しみの乗り越え方は人それぞれなので、親を失った時、自分の兄弟や姉妹が自分ほど激しい悲しみを感じていないように見えても、悲しみの表現方法が違うだけで、誰もが自分の中で親を失った悲しみを乗り越えようとしています。

決して家族の悲しみ方に口を出すべきではありません。

日本人は自分の感情を表に出すのが苦手な場合もあるため、一見するといつも変わらないようにふるまう人もいます。

また、自分の中で悲しみを消化できない場合は、自分の心が癒される場所を見つけてください。

  • 一人の時間を過ごす
  • 昔の写真を見る
  • 仲の良い友人と話す

心を癒す方法は人それぞれですので、自分に合う方法を見つけましょう。

「時間が解決する」という言葉があります。

親を失った瞬間は、その悲しみが癒える日など来ないと考える人がほとんどですし、その喪失感はなくなることはありませんが、親を失った悲しみや苦しみが徐々に小さくなり、前に進む日はやってきます。

その日のためにも、自分の心を癒す方法を見つけてください。

こちらの記事もご参考に:ぽっかりと胸に開いた穴

woman-beach

別れを言えず親を失った場合

両親を失う理由には、様々なものがあります。長い闘病、不慮の事故、突然の心臓発作など…

  • お別れの言葉や感謝の言葉を言えずに亡くなってしまった場合には、子供はひどく傷つく傾向があります。
  • 喧嘩したまま、またはお互い誤解をしたまま親が亡くなってしまう場合は、死を受け入れるのがとても困難になるでしょう。
  • 過去に戻ったり何かをやり直すことはできません。しかし、親に別れを言えず失ってしまったことを悲しむのではなく、親と過ごした幸せで楽しい時間を思い出してください。

誇らしい思い出とともに笑顔を取り戻す

親を失うという経験は、心に傷を残す場合もありますが、いつまでも悲しみに打ちひしがれず前に進むことが大切です。

そして徐々に親がいなくても強く生きて行く方法を身につけ、幸せになることができます。

  • 子供が悲しみに支配されたまま生きていくことを望む親はいません。親を失った直後に笑顔で過ごすのは簡単なことではありませんが、親との素晴らしい思い出とともに笑顔で毎日を生きて行くことが大切です。
  • 私たちの人生に強さを与えてくれる親との思い出や特別な瞬間を思い出してください。
  • 両親と共に過ごした日々を、自分の現在の家族や子供たちに伝えましょう。親から学んだことは私たちが次世代の子供たちに受け継ぐ心の贈り物であり、愛情の遺産です。
  • 親との思い出から、自分のルーツを知ることで思わぬ発見があり、またそれが幸せな人生への第一歩となります。
hands-touching-leaves

私たちの多くが、予期せぬ別れに直面しますが、親や愛する人から受けた愛情は、彼らを失った後も、私たちが前進するための強さとなります。

愛する人と一緒に過ごす時間を大切にし、今を生きる喜びを感じてください。