医療用マスクについて知っておくべきすべてのこと

5月 25, 2020
医療用マスクにはさまざまな種類があり、それぞれに特定の機能があります。すべてのマスクがすべての状況に役立つわけではありません。また、マスクを正しく装着することも重要です。

医療用マスクは、私たちを保護するアイテムの一つで、汚染物質の暴露から気道を保護します。

マスクはろ過材でできており、クリップまたは鼻用アダプターと輪ゴムまたは留め具が付いています。

マスクの中にはバルブを備えているものもあり、呼吸を容易にして結露を防ぎます。このタイプは長期間使用のために作られています。

医療用マスクの種類

医療用マスクには2つのタイプがあります。

手術用マスク

このタイプのマスクは、呼吸時に粒子をフィルタリングすることで私たちを守ります。

高効率FFPマスク

このタイプのマスクは、使用者が粒子を吸い込まないように、環境内の粒子をフィルタリングします。

様々なデザインのものが販売されており、円錐形、水平または垂直に着用するタイプがあります。

その効果に応じて、グレード1、2、3に分類されます。グレードは、環境内の汚染物質をどれだけ適切にフィルター処理するかによって異なります。

  • FFP1:ろ過効率78%、環境濃度は最大4 TLV(作業環境許容濃度)
  • FFP2:ろ過効率92%、環境濃度は最大12 TLV
  • FFP3:ろ過効率98%、環境濃度は最大50 TLV
医療用マスクについて知っておくべきすべてのこと 医療用マスク

続きはこちらから:呼吸器系に効果的 ユーカリを使った自然療法5選

医療用マスクの使い方

どのタイプのマスクが適しているかは、使用者のリスク要因によって異なります。

ただし、医療用マスクを使用する前後は、必ず手を洗ってください。

汚染されたエリアに入る前にマスクを着用し、外で脱いでください。より適切な保護を得るために、正しく装着されているかを確認しましょう。

医療用マスクが、濡れたり損傷したりした場合に備えて、使用後に交換することも重要です。湿気がたまるとフィルター効果が作用しなくなるため、呼吸が多い場合はマスクを交換することもお勧めします。

どのタイプの医療用マスクを使用する必要がありますか?

ある環境から別の環境に移動するときや自分の活動を変更する際には、手術用マスクを使用する必要があります。

FFP2マスクは顔の表面にぴったりフィットし、鼻と口を完全に覆って粘膜を保護します。また、感染症の隔離や予防措置にも利用できます。

FFP3マスクは、暴露の危険性が高い状況で使用するタイプです。

マスクの着脱方法

適切に身を守るためには、マスクの正しい装着方法を知ることが重要ですが、マスクを正しい方法で外すことも大切です。

正しい方法でマスクを外さないと、病気になる可能性があります。

マスクの装着

医療用マスクを正しく装着するには、汚染されたエリアに立ち入る前に装着する必要があります。

次の手順に従ってください。

  1. 手を洗い、マスクの有効期限を確認してください。マスクに欠陥があってはなりません。
  2. マスクを装着する準備ができました。マスク以外にも保護具を使用する場合は、必ず保護具の着用順序を考慮してください。基本的には、ガウン、キャップ、パンツ、マスク、メガネ、手袋の順です。
  3. マスクを正しい方法で装着して、正しく身を守りましょう。眼鏡をかける場合は、メガネを外してマスクを調整する必要があります。その後、再びメガネをかけます。
医療用マスクについて知っておくべきすべてのこと 装着方法

続きはこちらから:買い物時に新型コロナウイルスへの感染を防ぐ方法

医療用マスクを正しく装着するためのアドバイス

  1. ノーズクリップを上にして、マスクを両手で持ちます。次に、中央で慎重に折り曲げてクリップを成形し、下端を引っ張ってマスクを開きます。
  2. あごの下にマスクを置き、2つのバンドを頭にかぶせます。
  3. 下のバンドを耳の下に通し、上のバンドを頭の上に通します。
  4. 最後に、ノーズクリップを両手でモールドして、鼻の形に合わせます。

マスクを外す方法

保護具を外すときは、手袋、メガネ、スボン、帽子、ガウンの順番で外します。汚染されたエリアの外で、マスクを外してください。

保護具を適切な容器に入れた後、手を洗う必要があります。

結論

私たちを保護するのに役立つ、さまざまな種類の医療用マスクがあります。

医療用マスクは環境内の有害な粒子をろ過するため、正しいタイプを選択して正しい方法で装着することが重要です。

すべてのマスクが常に役立つわけではなく、逆効果になることもあるため注意が必要です。

  • Cárcoba Alonso, A. (1992). Los equipos de protección individual. Salud y Trabajo.

  • Morelos, R., Ramirez, M., Sanchez, G., Chavarín, C., & Meléndez, E. (2014). El trabajador de la salud y el riesgo de enfermedades infecciosas adquiridas. Revista de La Facultad de Medicina de La UNAM.

  • Mutual de Seguridad CChc. (2013). Protección respiratoria. ACHS.