胃もたれを早く回復させる方法

· 9月 19, 2015
リンゴは胃の不快感を取り除いてくれ、消化器官の詰まりを防いでくれます。

胃もたれ、消化不良は、食前や食後に胃に不快感を感じさせます。へそや胸骨の内部の部分から湧き上がってくる、焼けつくようなムカムカ感、痛み、暑さなどです。また、食事のし始めもしくは食後すぐに気持ちが悪くなったりもします。

胃もたれを引き起こす原因

  • お酒の飲み過ぎ
  • 味の濃い調味料や脂肪分の摂取
  • 食べ過ぎ
  • ごはんを早く食べる
  • 神経質、感情のストレス
  • カフェインの摂り過ぎ
  • タバコの吸い過ぎ

この焼けつくようなムカムカ感は消化器官が通常の働きをするのを妨げます。

これを防ぐ簡単な方法をご紹介します。

 

カモミールティー

この植物には吐き気、不快感、胃の痛みなどを和らげてくれる成分が含まれているので消化器官の働きを促進してくれます。また即効性もあります。熱したお湯にカモミールティーを1パック入れて5分ほど置いたらゆっくりと飲んでください。

 

シナモンの煎じ茶

シナモンの煎じ茶を飲むことは不快感や胃もたれを解消するには理想的な方法です。症状を感じたときにコップ一杯飲むと効果がわかるでしょう。

 

パクチー

pacuchi

パクチーには胃もたれを和らげる成分が含まれています。パクチーを数束沸騰したお湯に入れて10分ほど置いてパクチーを取り出して飲んでください。

 

緑茶

少し重たい食事をした後に緑茶を飲むと、胃もたれを和らげてくれます。冷めないうちに飲んでください。

 

オレンジ

オレンジはクエン酸とアスコルビン酸が含まれているので、胃もたれなどの症状を早く和らげてくれます。一番効果があるのは、食前に搾りたてのオレンジの果汁を飲むことです。そうすることで胃酸をコントロールする手助けをしてくれ、消化の働きを促進させてくれます。

 

重曹

jyuusou

 

胃もたれの重曹によって簡単にコントロールすることができます。家庭用の制酸剤を作るのは簡単で、コップ半分の水に重曹をスプーン一杯分入れるだけです。胃酸を中和して症状を和らげてくれます。

 

リンゴ

リンゴには食物繊維が多く含まれているので、胃もたれの症状で悩んでいる時にはおススメです。リンゴの皮にはたくさんの栄養が含まれているので、皮ごと食べるのが一番いいでしょう。

リンゴは消化器官に入ると、消化の詰まりをきれいに掃除してくれるので少しの期間で症状を和らげてくれるでしょう。

こちらもお読みください:お腹を引っ込めるリンゴダイエット

ショウガ

syouga

つい食べ過ぎてしまったとき、2枚の薄く切った輪切り状の生の生姜に塩を少しかけて、飲み込む前にたくさん噛んでください。そうすることで消化液を活性化させます。また生姜湯にして飲むことでも痙攣、胃痛、ガスの溜まり、腫れなどの症状を和らげることができます。

 

グレープフルーツ

皮に含まれるビタミンやその他の栄養素は胃もたれが原因で引き起こすイライラやムカムカを和らげることができます。おろし金でこの皮を細かくして、数時間ほど天日干しにして乾かしたものをスプーン1杯分、胃が痛むときに飲んでください。

 

パイナップル

painappuru

食事の前に何切れかのパイナップルを食べることをおススメします。パイナップルにはたんぱく質分解酵素が多く含まれているので、消化を早く手助けしてくれます。

こちらもお読みください:便秘に効く!パイナップルレシピ5選

お湯

お湯を飲むことは体を落ち着かせる効果があるので、胃もたれに一番効果があるとも言われています。お湯を飲んだあとはすぐに横にならないようにしましょう。

 

気をつけましょう

胃もたれに効く方法はたくさんありますが、しっかりと胃もたれにならないように予防をするということ、特に体から送られる警告サインを見逃さないことが大事です。満腹になってしまったらそれ以上食べないこと、気分が悪くなるような重い食べ物を控えることが大切です。