イボの予防と治療に役立つ食事法

· 3月 9, 2019
イボにお悩みの方は、正しい食生活を実践することで解消するのに役立つかもしれません。

イボにお悩みの方で、その治療がうまくいっていない方は、本記事をこのまま読み続けてください。

悩みのタネとなるイボを緩和したいとき、食事が大きなカギを握ります。

 

イボとは?

イボは、体がウイルスに攻撃されたときに発生しますが、イボを引き起こす最も一般的なウイルスは、ヒトパピローマウイルス(HPV)です

そしてイボができる場所で、有名なのが1つの有名なタイプは性器にできるイボである尖圭コンジローマです。

コンドームを使った安全なセックスを常に心がけるべきですが、それでも感染の危険は常にあることをお忘れなく。

尖圭コンジローマができた場合には、自然療法よりも先に、必ず医師の診察を受けて医師のアドバイスに従うことをお勧めします。

またイボは、足の裏、性器またはその周辺、脚、または顔に現れるため、注意を払うことが不可欠です。

黒子の多い首

野菜を食べる

イボを治療するための最初のステップは、十分なビタミンとミネラルを摂取することです。

最も良い方法が、緑の葉野菜と海藻を食べることで、どちらもビタミンBとカルシウムが豊富です。

このタイプの食物は、免疫システムを強化してHPVの症状を緩和する際のサポートを行います。

ケール、昆布、ほうれん草、ブロッコリー、レタス、スピルリナ、ルッコラなどを食生活に加えることをお勧めします。

緑の野菜

栄養価が高い海藻類を積極的に食べるように心がけてください。

イボにおすすめの果物

免疫システムを強化する効果のある果物は、イボの緩和に役立つと言われていますが、どの果物を食べるかによってもその効果が異なります。

いくつかの果物をご紹介します:

  • トマト、ベリー、ピーマン:抗酸化物質が豊富で低カロリーです。そのため、カロリーを心配することなく食事に加えることができます。
  • 赤ピーマン、レモン、その他の柑橘系の果物:ビタミンCが豊富に含まれています。
  • カボチャとカボチャの種:細胞の相互作用能力を向上させるのに役立つビタミンAが含まれているため、イボに効果的だと言われています。

芳香性のあるハーブ

芳香性のあるハーブは、料理に風味を加えるだけではなく、ウイルス、細菌、または寄生虫感染症を緩和するための体づくりに欠かせません。

芳香性のあるハーブは、フラボノイドおよびフェノール酸として抗酸化物質を含んでいます。

フラボノイドは抗菌効果があるため、心臓の問題に対処するのに最適です。

フェノール酸は酸化による細胞の損傷を軽減する効果があります。サプリメントなどとしてフェノール酸を摂取することもできますが、芳香性のあるハーブから取り入れるのが効果的です。

ハーブ

  • ニンニク
  • タイム
  • オレガノ
  • ローズマリー
  • 緑茶、紅茶
  • クローブ

これらのハーブを、ハーブティーとして飲むのが効果的です。砂糖や人工甘味料を加えるのはお勧めしませんが、天然のオーガニックハチミツで甘みをつけることができます。

ご存知ですか?:驚きの食用植物8選

タンパク質

タンパク質が豊富な食品

イボを治療する時に役立つもう一つの栄養素がタンパク質です。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を食生活に含むことが大切です。

  • 鶏肉
  • 七面鳥
  • 豆腐
  • ナッツ類

豆と同じように、ナッツはカルシウムとビタミンBが非常に豊富に含まれているため、前述した野菜と組み合わせるとその効果を最大限に活用することができます。

鶏肉や七面鳥、そして冷水魚はお勧めですが、赤身肉は避けてください。

あまり一般的ではありませんが、もう一つのお勧めのタンパク質は牡蠣です。

免疫システムを強化するミネラルである亜鉛を多く含んでいるため、イボの治療をサポートするのに役立ちます。

イボを治療する際に避けるべきである食品

ここまでは食べるべき食品をご紹介しましたが、最後に避けるべき食品をいくつかご紹介します:

  • 加工食品
  • 不健康な脂肪
  • カフェインと他の興奮剤
  • アルコール
  • マーガリンとバター