イボの種類と治療法

25 7月, 2020
イボは手や足にできることが多いです。また、子宮頸がんと関連しているために、女性にとってはより危険性の高い性器にできるイボもあります。
 

イボは非常に一般的に見られる問題です。通常、イボは見た目が嫌なだけです。しかし、発生した場所によっては、実際に不快感を与えることもあります。大抵の場合、イボは痛みを伴わない小さな皮膚の成長に過ぎません。

知らない人も多いですが、イボの主な原因はウイルスです。具体的には、ヒトパピローマウイルス(HPV)で、100種類以上のサブタイプ(亜型)があります。つまり、イボには多くの種類があり、様々な場所に現れる可能性があるということです。しかし、主に手や足に現れることが多いです。場合によっては、患部に不快感を与えないように治療する必要があります。

この記事では、イボの最も一般的な種類とその治療方法について説明します。

イボとは?

イボは、皮膚に現れる小さなこぶです。中には白っぽいものやピンク色のものもありますが、大抵は皮膚と同じ色をしています。また、血管が凝固したものである黒斑が表面にあるものもあります。

前述したように、イボの原因はヒトパピローマウイルスです。亜型が多いウイルスなので、多くの人がこのウイルスに触れることになります。しかし、イボはそんなに一般的なものではありません。つまり、このウイルスに接触したすべての人が発症するわけではないのです。理由としては、健康な人であれば誰でもウイルスと上手に戦うことができ、症状が出ないことが多いからです。

そのため、イボは感染に抵抗できない、つまり子供や免疫が弱っている人に多く見られます。ウイルスと接触してから最大6ヶ月後にイボが現れることもあります。

ほとんどのタイプのヒトパピローマウイルスは、皮膚の接触やタオルなどの物を通して感染します。しかし中には、子宮頸がんとの関連性が高いヒトパピローマウイルス16型や18型のように、性的に感染するものもあります。さらに、イボは広がりやすく、例えば、指にイボがある子が爪を噛んでいることがよくあります。この場合、手や顔にイボが増える原因になります。

 

こちらもお読みください:イボを手軽に取り除く9つの方法

イボの種類と治療法
イボは体の様々な場所に現れることがあります。

イボにはどんな種類があるの?

イボには形や場所によって様々な種類があります。まず、一般的なイボについてご説明しましょう。丸くて表面が厚く、手や足に現れる傾向があります。他のタイプは以下の通りです。

  • 平らなイボ。幼い子供に最もよく見られます。小さいのが何個も集まって現れる傾向があります。
  • 扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)。細長く、小指のように柔らかいイボです。首やまぶたによく見られます。
  • 足底疣贅。足の裏や足の指に現れる傾向があります。歩くことでイボに継続的に圧力がかかるので、非常に厄介です。
  • 性器疣贅。男性および女性の性器、さらには鼠径部または肛門に出現します。性的接触によって感染する傾向があります。また、コンジロームとも呼ばれています。

これらのタイプの中でも、ヒトパピローマウイルスは発がん性物質の可能性があるため、性器疣贅には最も注意が必要です。また、感染症によるものが非常に多いので、病変を注視する必要があります。現在は、ある種のHPVに対して有効なワクチンがあり、子宮頸がんはこのウイルスとの関連性が高いことがわかっているので、多くの国で若い女性に摂取されています。

こちらもお読みください:指のイボを治す5つの方法

HPVワクチン イボの種類と治療法
HPVワクチンは、予防策として若い女性に使用されています。
 

治療

ほとんどのイボは、圧迫による摩擦や痛みが生じるため、美容上の理由や不快感のためだけに治療されます。治療では、イボを取り除くことだけが目的ではなく、免疫システムがウイルスと確実に戦えるようにすることが目的です。

現在では、さまざまな治療法があります。凍結療法は、イボを冷却することでイボが落ちるようにする技術です。レーザーや手術もイボを除去するために使用されます。イボを溶かす酸の薬もあります。しかし、イボの種類によって最適な治療法が異なるので、医師に相談してみるのが一番です。

 
  • Allevato, M. A., and Lucila B. Donatti. “Verrugas genitales.” Act Terap Dermatol 28 (2005): 302-312.
  • Domíguez, Hugo Fernández, Abián Mosquera Fernández, and Benigno Monteagudo Sánchez. “Revisión bibliográfica de los tratamientos de la verruga plantar.” Revista española de podología 25.4 (2014): 138-141.
  • Llardén-Garcia, M., M. Pena-Arnáiz, and J. M. Casanova-Seuma. “Tratamiento actual de las verrugas.” FMC-Formación Médica Continuada en Atención Primaria 13.1 (2006): 45-54.