胃に良くない飲み物

10月 15, 2019
胃は、食べ物と飲み物を消化する役割を担っています。飲み物を飲みすぎると私たちの胃はどうなってしまうのでしょうか。この記事では、特に胃の状態を悪化させてしまう飲み物をご紹介します。

胃は、食べ物や飲み物を消化するのに不可欠な器官です。食べ物や飲み物は胃で吸収されるわけですが、私たちは、胃に悪い食べ物や飲み物を過剰摂取してしまうことがあります。これは悪い習慣や知識不足などによって起こります。

刺激の強い飲み物

1、アルコール

カクテル 胃に良くない飲み物

アルコールは、胃やその他の器官にとっても最も刺激が強い飲み物であると言われています。毒性が高いため、少量を時々飲むのが推奨されています。アルコールは胃だけではなく、肝臓、腸、心臓やその他の器官にも悪影響を与えます。飲んだ直後から悪い影響が現れます。

アルコールの成分は、栄養価の高いものであるとは言えず、カロリーも高いです。利尿作用もあるため、大量に消費すると脱水症状を引き起こす可能性があります。これが二日酔いになる理由です。

また、アルコールは私たちの身体を傷つける可能性があります。アルコール度数が高く、他の市販の飲み物と組み合わせて飲むとさらに良くありません。これらの飲み物には大量の砂糖が含まれているため、カロリー値を上昇させます。長期的に見て、私たちの健康に良くありません。

この記事もお読みください:飲酒がもたらす健康への悪影響10

胃に良くない一般的な飲み物

・アグアルディエンテ(蒸留酒の一種):最も胃に良くないものの一つ。それは特に高濃度の糖分を有するフルーツベースを蒸留するプロセスに原因があります。特にアルコールの割合が高いもの(例えば、50%)は有害です。

アニス、または上清液:胃に最も有害なドリンク。アニスという名前は使われている植物から来ていて、アルコールの割合が高いです。他のドリンクのベースとして使われていることが多いです。一部の国では、食品を消化するための補助剤として使用されています。世界的に広く消費されていることも特徴的です。カロリーが高く、一杯で約300キロカロリーです。

カクテル、ラム、ウォッカ

・カクテルは高カロリーであることで知られています。ラム、テキーラ、ジン、ウォッカなどで作ります。また、コーラ飲料と混ぜることもあります。これらの飲み物と組み合わせることで、アルコールおよびカロリーの濃度をさらに高めます。

・ラム:ラムは主にサトウキビから作られ、高濃度の砂糖が含まれています。一杯約250キロカロリーです。アルコール値も高く、一般的にモヒートなどのカクテルを作るためのベースとして使用されます。

・ウォッカ:エナジードリンクと合わせて飲むのに特に人気が高いアルコールです。一杯約300キロカロリーとカロリーが高く、アルコール値は42パーセントです。ウォッカは最も強力なお酒の一つです

2、刺激の強い飲み物

コーヒー 胃に良くない飲み物

コーヒー、紅茶、炭酸飲料などの飲み物は胃に悪影響があるため、摂取量には気をつけましょう。これらの飲み物を日常的に消費をすると、腹部の膨張や胃の内部にダメージを与えたりします。胃潰瘍不眠症はこれらの飲料の過剰摂取が原因となることがあります。

この記事もお読みください:胃潰瘍がある時に経験する8つの不快な症状とは?

3、エネルギードリンクとアルコールを混ぜたもの

胃に良くない飲み物

エネルギードリンクとアルコールを混ぜたドリンクは、特に私たちの体にダメージを与えます。これを飲むと胃や代謝の問題、また睡眠パターンの乱れなどを引き起こす恐れがあります。また、アルコールとカロリー値が上昇することで、脱水症状になる可能性があります。

さらに、アルコール中毒になったり、最悪の場合、昏睡状態に陥る可能性があります。アルコールと興奮剤を混ぜたものは深刻な健康被害をもたらす危険性があるので注意をしてください。

  • Anderson, P., A. Gual, and J. Colon. “Alcohol y atención primaria de la salud: informaciones clínicas básicas para la identificación y el manejo de riesgos y problemas. Organización Panamericana de la Salud. 2008. ISBN 9789275328569.” (2011).
  • González-Iglesias, Beatriz, et al. “Búsqueda de sensaciones y consumo de alcohol: el papel mediador de la percepción de riesgos y beneficios.” anales de psicología 30.3 (2014): 1061-1068.
  • López, C. M. “Riesgos y beneficios del consumo de bebidas con alcohol: un enfoque de salud pública.” En: Cuadernos FISAC (Fundación de Investigaciones Sociales), México 1.1 (2000): 56-78.