100%自然の力を使って虫歯を予防・治療する方法

7月 18, 2018
虫歯かもしれないと思ったら、歯医者に行くのはもちろんですが、自然の力を使ったこの歯磨き粉を試してみてください。そして、もちろん、お口の衛生にも特に気をつけましょう。それが悪化を防ぐポイントです。

虫歯はには予防が何より大切です。

虫歯は口の中にすむバクテリアが過剰な酸を生み出した時に起こります口の衛生状態が良くない時、食べかすが残っている時などに起こります。

子どもや若者に起こることが多いのですが、もちろん大人やお年寄り、また幼児でも虫歯になることがあります。

虫歯は早めにケアするのが大切です。どうしてでしょうか? 放っておくと神経や血管に影響を与え、激しい痛みや感染、最悪の場合は歯を失うこともあるからです。

今日は、虫歯の原因を見ていくと共に、100%自然の力を使って虫歯を予防・治療する方法を見ていきましょう。

虫歯の原因

虫歯は歯を保護するエナメル質の上に歯垢(プラーク)が形成されることから始まります。歯垢は食べかすやバクテリアの層です。歯垢は古くなると歯石となります。

  • 歯垢から発生される酸は歯のエナメル質を脱灰してしまいます。穴や虫歯へとつながるのです。
  • 次に、バクテリアと酸が歯の組織に到達します。言い換えると、さらにひどいダメージを与えるのです。
  • 定期的に検診を受け、素早い発見をすることで歯を失うということは免れるでしょう。

ですが、感染がある場合は歯の中心まで到達してしまいます。そうなると神経と血管が影響を受け、歯が完全にダメージを受けてしまうのです。

リスクファクター

歯科検診

虫歯ができるリスクファクターは人によって様々ですが、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 糖分の多い食べ物
  • ソーダなどの炭酸飲料
  • 磨き残し、磨き不足
  • フッ化物の欠乏症
  • 口内乾燥症
  • 胃酸の逆流
  • 喫煙
  • 摂食障害

虫歯の症状

虫歯の臨床症状は、その場所や深刻さにもより、人それぞれ異なります。また、最初は何も症状が出ないでしょう

ですが、一旦悪化すると、様々な症状が現れるでしょう。

  • 突然の歯痛
  • 知覚過敏
  • 甘いもの、熱いもの、冷たいものを食べた時や飲んだ時のかすかな痛み
  • 歯に穴が空く
  • 歯の表面に茶色や黒、または黄色味を帯びたシミ
  • 特定のものを噛んだ時の痛み
  • 口臭

複雑な状態

虫歯を放っておくと複雑化してしまいます。主なものは以下です。

  • 歯の膿瘍
  • 激しい痛み
  • 歯の周りの炎症や膿
  • 歯が割れたりダメージを受ける
  • 歯がグラグラする
  • 噛み辛い

虫歯を予防、治療する100%ナチュラルな方法

虫歯に良い自然療法

虫歯があるかもしれないと思ったら、歯科医院に行きましょう。ですが、検査や治療をしてもらうと同時に自分でもできることがあります。

例えば、歯や歯茎を傷つけることなく感染を抑える自然療法があります。

材料

  • 水 大さじ1(15ml)
  • ココナッツオイル 大さじ1/2(7g)
  • ミントオイル 大さじ1/4(3g)
  • 粉末クロロフィル 大さじ1/2(7g)
  • 食ベられる珪藻土 大さじ3(45g)
  • 重曹 大さじ1/4(3g)

使う道具

  • プラスチック製の容器
  • スプーンまたはフォーク
  • 歯ブラシ

作り方

  • 材料を全て容器に入れます。フォークかスプーンを使って混ぜましょう。
  • 市販の歯磨き粉と同じくらいの質感になるまでしっかりと混ぜ合わせましょう。

使い方

  • 作ったペーストを歯ブラシに乗せ、いつもと同じように歯磨きをします。
  • 毎食後に使いましょう。
  • 結果を出すには少なくとも1ヶ月間続けましょう。

虫歯をやっつけるその他の方法

歯を磨く女性

上記でご紹介した天然の歯磨き粉以外に、虫歯予防としてできることとして、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • 砂糖の多くふくまれるもの、加工食品を食べる量を限定しましょう。
  • ソーダなどの炭酸飲料を飲む代わりに水や天然のフルーツジュース(酸性でないもの)にしましょう。
  • 口の衛生にさらに気をつけましょう。1日3〜4回歯磨きをしましょう。
  • フロスやマウスウォッシュを使い、歯ブラシでは届かない場所の感染を防ぎましょう。
  • 感染が疑われる時はすぐに調べましょう。

あなたは虫歯の症状がありませんか?感染が悪化する前に自然の力を使ったこの歯磨き粉を試してみましょう。

症状が治まらない、または悪化するようであれば、歯科医の診察を受けましょう。

あなたへおすすめ