包茎の治療・ケア・アドバイスについて

子どもの包茎は、通常、生後3歳になる前に自然に治ります。それ以降、つまり大人になってもこの状態がある場合は、主に手術で治療が可能です。
包茎の治療・ケア・アドバイスについて

によって書かれた Edith Sánchez

最後の更新: 09 8月, 2022

包茎の治療には、いくつかの方法がありますが、どの方法を選択するかは、特に重症度によって異なります。時には、問題を克服するためにある種の行動を取るだけで済むこともあれば、手術が必要な場合もあります。

最近まで、包茎はほとんど手術で治療されていました。しかし現在では、手術に対してはより慎重な意見が多くなっています。

一般的には、段階的なアプローチをとり、他に方法がない場合にのみ手術が行われます。しかし、どんな場合も、泌尿器科医や小児科医が提案する最良の選択肢を参考にしましょう。

包茎とは

包茎とは、陰茎の皮膚が剥れず、亀頭を露出させることができない状態と定義することができます。これは、陰茎の先端にまるで輪っかがはまっており、皮膚が正常に滑るのを妨げているような不快感を生じさせます。

赤ちゃんが生まれたときには、このような状態になっていることがよくあります。しかし、時間の経過とともに陰茎の皮はゆるみ、3歳ごろには正常な状態になります。それでも、大人になっても包茎が残っていて、違和感を覚えるケースもあります。

また、後天性の包茎の可能性もあります。これは、性器に何度も感染症を起こすことが原因です。この場合、慢性的な炎症が起こり、包皮に瘢痕化が生じ、その結果、包皮が狭くなります。

生殖器の感染症は、糖尿病などの病気を持つ人に多く見られます。また、病的なものや化学療法などの治療で、免疫力が低下している人にも起こります。

種類と程度

包茎には、さまざまな種類と程度があります。これは適切な治療法を選択する上で重要な要素になります。

包皮がどの程度引っ込むかによって、IからIVまでのグレードに分けられます。種類は以下の通りです。

  • 真性包茎。包皮の開口部は最小限で、排尿に大きな支障をきたします。
  • カントン包茎 (強絞約型包茎)。包皮口周囲の皮膚が肥厚している場合。感染症の再発が原因です。
  • 潜在的絞約型仮性包茎。上の2つのカテゴリーに当てはまらないケースは、このグループに分類されます。
包茎を防ぐ 包茎とは
乳児の場合、包茎は正常で生理的な状態です。

包茎の治療

包茎の治療には、主に4つの方法があります。子供の場合は小児科医が、大人の場合は泌尿器科医が、最適な選択肢を提案するべき立場の人たちです。

1.改善のためのエクササイズ

包茎は正しい動きで治療することができます。包皮をゆっくり動かして、亀頭を覆ったり出したりします。医師は、症状が非常に軽い場合には、このタイプの治療法を勧めています。しかし、このような運動は、包皮に小さな裂け目や切れ目を作ってしまうことがあります。傷が治るにつれて、包茎を悪化させてしまいます。したがって、常に医師のアドバイスに従いましょう。

こちらもお読みください:ペニスのぶつぶつの原因と治療法

2.ステロイド軟膏

包茎の治療にステロイド軟膏を使用することについても、賛否両論があります。一般的な意見としては、一部の子供には有効かもしれないが、大人には勧められないということです。これらの軟膏はコルチコステロイドを含み、包皮の皮膚を柔らかくするのを助ける物質です。

清潔な手で、30秒ほど優しくマッサージするように塗ります。1日1~2回、4~8週間を目安に塗布してください。場合によっては、男の子には大きな効果は認められないという意見もあり、むしろ考え得る悪影響として、包皮が厚くなり、包茎手術をしなければならない場合に困難が伴うことがあります。ステロイドは、必ず4歳以上の男児に、医師の指導のもとで使用しましょう。

3.外科的治療

手術は、包茎の一般的な治療法です。これは「割礼」として知られており、その目的は包皮の余分な皮膚を取り除くことです。手術は外来で行われ、ほとんどの場合、局所麻酔で行われます。所要時間は約45分から1時間です。通常、男児の場合、2~3日の入院が必要ですが、3~4日で元の生活に戻ることができます。通常、7歳から10歳の子供に行われます。

大人は2〜3日の安静が必要です。1ヶ月間は性交渉は控えるように言われます。手術は包茎を根本的に解決しますが、時に大人には心理的に悪い影響を与えることもあります。

4.デバイスの使用

包茎治療の第四の選択肢は、特定の器具を使うことです。最もよく知られているのは、プラスチック製のリングです。これは、麻酔を必要としない小さな手術によって装着されます。リングは包皮の下から亀頭の周りに挿入され、陰茎の先端を圧迫することはありません。日が経つにつれて、このリングが徐々に皮膚を切り、10日後にようやく皮膚が落ちます。多少の違和感を生じますが、手術ほどアフターケアを必要としません。

包茎の手術 デバイス
包茎の手術は素早くかつ完全に問題を解決することができます。

手術後のケア

包茎の手術は誰にとっても同じというわけではありません。そのため、医師はそれぞれのケースに応じた対処法を指示します。一般的には以下のようなケアが推奨されます。

  • 傷口を清潔に保つ。毎日、シャワーで温めたお湯で患部を洗浄すること。ガーゼと9%食塩水を用いて洗浄し、消毒薬を塗布する。
    中性洗剤を使用する:医師の指示がない限り、クリームやジェルなどの他の製品を使用せず、中性洗剤を使用するのが一番です。
    傷口を乾燥させる。ガーゼや専用のタオルで陰茎を乾燥させる必要があります。優しく触れるようにし、決して摩擦を与えないようにします。
    患部を保護する。摩擦や刺激を避けるために、亀頭の周りにガーゼを当てるのがベストです。
    下着をつける。ぴったりとした下着を着用し、ペニスが上を向くようにします。その他の衣類はゆったりとしたものを選びましょう。
    スポーツは避ける。運動は、特に負荷のかかるものは術後1ヶ月は避けなければなりません。
    海水浴場やプールにも行かないでください。術後4週間は、プールや海水浴場の利用はお勧めできません。
    手術後、排尿を怖がる必要はありません。排尿は問題なく行えます。出血が見られる場合は、医師に相談するのが一番です。

     

  • 傷口を清潔に保つ。毎日、シャワーで温めたお湯で患部を洗浄すること。ガーゼと9%食塩水を用いて洗浄し、消毒薬を塗布する。
  • 中性洗剤を使用する。医師の指示がない限り、クリームやジェルなどの他の製品を使用せず、中性洗剤を使用するのが一番です。
  • 傷口を乾燥させる。ガーゼや専用のタオルで陰茎を乾燥させる必要があります。優しく触れるようにし、決して摩擦を与えないようにします。
  • 患部を保護する。摩擦や刺激を避けるために、亀頭の周りにガーゼを当てるのがベストです。
  • 下着をつける。ぴったりとした下着を着用し、ペニスが上を向くようにします。その他の衣類はゆったりとしたものを選びましょう。
  • スポーツは避ける。運動は、特に負荷のかかるものは術後1ヶ月は避けなければなりません。
  • 海水浴場やプールに行かない。術後4週間は、プールや海水浴場の利用はお勧めできません。

手術後、排尿を怖がる必要はありません。排尿は問題なく行えます。出血が見られる場合は、医師に相談するのが一番です。

包茎の予防

二次性包茎を防ぐには、正しい衛生習慣を身につけることが一番です。特に、シャワーを浴びるときは、包皮を引っぱり、亀頭に水をかけて、感染症の原因となるものを溜めないようにする必要があります。

同様に、安全な性行為をする必要があります。コンドームを使用するのが一番です。

包茎を治療しないと、尿路感染症の頻発、性感染症にかかるリスクの増加、セックス時の痛みなどの合併症を引き起こす可能性があります。また、陰茎癌のリスクも高くなります。

こちらの記事もおすすめです。
世界エイズデーについて知っておくべきこと
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
世界エイズデーについて知っておくべきこと

世界エイズデーには、エイズが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV-Ⅰ) の感染によって引き起こされる疾患であることを覚えておく必要があります。世界中にエイズ患者がいますが、科学の進歩により、早期に発見された場合は治療を行なって進行を遅らせることが可能になりました。



  • Capua Sacoto, Carlos Di, et al. “Cáncer de pene: Nuestra experiencia en 15 años.” Actas urologicas españolas 33.2 (2009): 143-148.
  • Loyola, F. H., Bravo, Y., & Vilcaromero, M. (1999). Estudio Histológico e Histoquímico del Glande de Pene Humano. In Anales de la Facultad de Medicina (Vol. 60, No. 3, pp. 199-203). Universidad Nacional Mayor de San Marcos.
  • Morales Concepción, J. C., González Fernández, P., Morales Aránegui, A., Guerra Rodríguez, M., & Mora Casacó, B. (2008). Necesidad de circuncisión o dilatación del prepucio: Estudio de 1.200 niños. Archivos Españoles de Urología (Ed. impresa), 61(6), 699-704.
  • De Luna, G. O., & Rodríguez, M. F. (2007). En la fimosis es aconsejable el tratamiento con corticoides tópicos antes de plantearse una opción quirúrgica. Pediatría Atención Primaria, 9(35), 475-483.
  • de Luna, G. Orejón, and M. Fernández Rodríguez. “En la fimosis es aconsejable el tratamiento con corticoides tópicos antes de plantearse una opción quirúrgica.” Pediatría Atención Primaria 9.35 (2007): 475-483.