ホウ砂中毒の影響と注意すべき使い方

ホウ砂は、注意事項を守り、吸入や皮膚・粘膜への接触を避ければ、掃除の強い味方になります。この記事で詳しくお伝えします。
ホウ砂中毒の影響と注意すべき使い方

最後の更新: 21 8月, 2022

ホウ砂中毒は、吸入、摂取、皮膚接触など、いくつかの方法で起こります。中毒の結果、呼吸器系の問題、消化器系の問題、刺激など、さまざまな影響を引き起こす可能性があります。

ホウ砂は、クリーニング製品、洗濯用洗剤、さらには化粧品にも含まれています。また、子供が遊ぶスライムの成分にもなっています。幼い子供は、たとえ低用量であっても、反応のリスクが最も高いと考えられています。

したがって、完全に安全な物質とは言い切れません。また、完全に排除するとまでいかなくても、ホウ砂はいくつかの注意点を守って使用する必要があります。

ホウ砂とは? 何に使用される?

ホウ砂は、四ホウ酸ナトリウムまたはホウ酸ナトリウムとも呼ばれ、水溶性の塩です。このアルカリ性の化学物質は、白い粉末の形で市場に出回っています。

また、掃除、洗濯、パーソナルケア化粧品など、用途の異なるさまざまな製品に含まれている成分でもあります。ホウ酸ナトリウムは、歯磨き粉、洗口液、化粧水、スキンクリーム、保湿剤、日焼け止め、塗料やエナメル、除草剤、そして先ほど紹介した子供用のスライムにも含まれています。

その意味で、家庭用、工業用を問わず、その用途や適用範囲は多岐にわたります。

シャワーの掃除 カビ
ホウ砂は、市販品でも自家製でも、カビを除去するために最もよく推奨される物質の一つです。

こちらの記事もおすすめ:家の中のカビを除去する方法

ホウ砂中毒の症状

ホウ砂は少量であれば、必ずしも毒性があるわけではありません。もしそうであれば、化粧品や食品に含まれることはないでしょう。しかし、純粋な形で大量に含まれる場合、さまざまな反応を引き起こす可能性があります。

その反応は、吸い込んだり、飲んだり、皮膚についたり、粘膜に触れたりすることによって、さまざまです。また、長期間にわたって接触が続くと、反応の強さが増します。

皮膚接触

専門家は、この物質が皮膚から吸収される可能性があると考えています。皮膚接触によるホウ砂中毒の影響としては、乾燥、刺激、発赤、かゆみ、刺すような痛みなどが考えられます。

長時間接触すると、湿疹、紅斑性皮疹、乾癬性皮膚炎を誘発することがあります。また、糊やホウ砂、染料などで作られた家庭用パテ(スライム)の取り扱いによるアレルギー反応として、小児に接触皮膚炎を発症した事例が報告されています。

粘膜反応

目などの粘膜に接触すると、刺激、炎症、痛みなどを生じることがあります。継続的または反復的な暴露により、アレルギー性結膜炎を引き起こす可能性があるのです。

ホウ砂吸入

最大暴露限界値は、8時間で、空気1立方メートル(m3)あたり2ミリグラム(mg)のホウ砂の濃度と推定される。または、時間が短い場合(15分未満)には6 mg/m3 です。

これらのレベルを超えると、ホウ砂中毒を起こす可能性があります。

吸入した場合、異なる作用が現れることがあります。

  • 粘膜の乾燥
  • 粘膜の乾燥 呼吸器官の刺激
  • 口、鼻および喉の発赤
  • 唇のひび割れ
  • 呼吸器障害
  • 肺水腫

また、この物質を取り扱う作業者では、乾いた咳、鼻血、喉の痛み、気管支炎、喉頭炎などの症状も挙げられています。しかし、ホウ酸ナトリウムにさらされた作業者の呼吸器症状を数年間調べた結果、累積暴露に関連する肺機能の変化を示す証拠は見つからなかったという研究報告もあります。

ホウ砂の摂取

ホウ酸ナトリウムを大量に摂取すると、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの胃腸障害や、頭痛、筋肉のけいれん、全身の脱力感などを引き起こす可能性があります。

また、腎臓や中枢神経系の機能に影響を及ぼすこともある。重症の場合、ショック、血圧低下、頻脈、乏尿、チアノーゼなどが起こります。

大人で10〜25g(0.4〜1オンス)、子供で5〜6g(0.2オンス)が致死量と推定されています。

その他の影響

2021年に行われたレビューによると、ホウ砂中毒は動物の妊娠に影響を及ぼすと考えられており、20%の胎児体重の減少を示したとされています。しかし、ヒトでは同様の根拠はありません。また、発がん性との関連もありません。

こちらもお読みください:環境に優しいホウ砂と重曹の洗剤

ホウ砂を使用する際の注意事項

まず、ホウ酸ナトリウムを含む子供用のパテを購入したり、作ったりしないことをお勧めします。肌荒れを起こすだけでなく、手を口に入れてしまう可能性が高いからです。

また、ホウ砂は掃除や害虫駆除に有効ですが、毒性があるため、取り扱いには注意が必要です。

この点に関して、安全性に関する推奨事項のうち、以下の点に留意する必要があります。

  • 皮膚に触れない
  • 絶対に飲み込まない
  • 洗浄には自然素材の代替品を使用する
  • 手袋、顔面シールド、またはマスクとゴーグルを使用する
  • この物質の取扱いに関する事前の情報なしに使用しない
  • 室温で、密閉できる容器に入れ、子供やペットの手の届かないところに保管する
  • その物質を取り扱う際に使用した衣服や履物は、脇に置いてから洗濯する
掃除する ホウ砂
家庭でホウ砂を扱う場合は、手袋を着用する。さらに、ゴーグルを着用するのがよい。

ホウ砂中毒の場合の対処方法

ホウ砂中毒の場合、接触形態によって取るべき対処法が異なります。以下は、その目安です。

  • 目に入った場合。直ちに多量の水で洗う。数回目をパチパチさせる。コンタクトレンズは外す。
  • 皮膚に付着した場合。衣服を脱ぎ、石鹸と水で皮膚を洗い、衣服を再使用する前に十分に洗濯する。
  • 吸入した場合。ホウ砂を吸入した者を新鮮な空気のある場所に移動させる。呼吸困難の場合は、酸素吸入を行う(救急隊に連絡する)。
  • 飲み込んだ場合。意識があれば、コップ数杯の水または牛乳を飲む。その後、制吐剤や電解質とともに、支持的な水分補給が必要な場合がある。時には嘔吐の誘発が必要で、救急隊を呼ぶ必要がある。活性炭はお勧めできません。

ホウ砂は安全?

米国食品医薬品局(FDA)と欧州化学品庁(ECA)は、土壌に影響を与える可能性があるため、ホウ砂を制限物質とみなしています

しかし、アメリカの機関は食品添加物への使用は認めていません。また、3歳以下の子供用のボディケア製品への配合も制限されています。

ただし、皮膚や目への接触、吸入・摂取を避け、予防措置を講じれば、洗浄用や洗濯用洗剤などとして使用することは可能です。

こちらの記事もおすすめです。
排水口の詰まりを解消する4つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
排水口の詰まりを解消する4つの方法

排水口の詰まりを取るのは本当に嫌な仕事ですよね。食器や鍋、フライパンを洗った時に出る食べ物や油の残り、石鹸カスなどがだんだん蓄積されて排水口を塞いでしまうのです。放っておけば水の流れが悪くなるだけでなく、悪臭もしてくるでしょう。排水口付近だけでなく、キッチン中が臭うなんてことになるかもしれませ...



  • Hadrup N, Frederiksen M, Sharma A. Toxicity of boric acid, borax and other boron containing compounds: A review. Regulatory Toxicology and Pharmacology. 2021. https://doi.org/10.1016/j.yrtph.2021.104873.
  • Ibáñez, C, Mantero, C, Silva, L, Rabinovich, M, Escudero, R, & Franco, J. (2012). Preservación de madera tratada con Zn y Mn y efectividad de tratamiento antilixiviante con bórax. Maderas. Ciencia y tecnología, 14(2), 165-174.
  • Kotevska B, Demerdjieva Z, Tsankov N, Kazandjieva  J. Allergic Contact Dermatitis Caused by Homemade Slime. Serbian Journal of Dermatology and Venereology. 2018; 10 (2): 52-56
  • Young J. Borax. J. Chem. Educ. 2001; 78(5): 588. https://doi.org/10.1021/ed078p588.
  • Wegman  D, Eisen  E, Hu X, et al. Acute and chronic respiratory effects of sodium borate particulate exposures. Environmental Health Perspectives. 1994; 102(suppl): 119-128.