日焼けによるシミを防ぐ8つのアドバイス

7月 24, 2019
シミが発生しても、深刻な健康上の問題へとつながることはありませんが、美容上の観点からシミを予防したいと考える人が多くいます。本記事では8つのアドバイスをご紹介します。

シミの発生を避けるためには、日常の生活にいくつかの基本的なケアを取り入れることが大切です。

一般的にはシミは無害で健康上のリスクはないと考えられますが、多くの人が美容的な観点から、シミの発生を防ぎたいと考えています。

シミの発生を最小限に抑えるためには、まず肌が紫外線にさらされるのをできる限り減らすことが大切です。

これに加えて、いくつかの手軽な方法でシミの予防を補完することができます。

今回の記事では、8つの推奨事項を紹介します。

太陽によるシミとは何ですか?

シミを英語では「肝臓の斑点」と呼ぶこともありますが、一般的なシミは肝臓とは無関係です。

シミとは平らな褐色の斑点で、通常は日光に常にさらされている肌に発生します。

これは、紫外線がメラノサイトを増殖させるからです。

大きさや形はさまざまですが、顔、首、肩、手の甲などに現れる傾向があります。

癌性に見えるかもしれませんが、一般的なシミは無害であり、特定の治療を必要としません。

そのため、シミを予防し最小限に抑える主な目的は審美的な理由です。

こちらもご参考に:シミを撃退!天然フェイシャルトリートメント7選

シミを予防する8つのアドバイス

太陽の光が私たちの肌に与える悪影響はとても大きいため、肌の健康のためにも紫外線による攻撃を最小限に抑えることが大切です。

市販の日焼け止めや日焼け予防製品を使う方法に加えて、予防効果を高めて補完する方法を活用しましょう!

1.日焼け止めを欠かさない

日焼け止めを塗る女性

日焼け止めは、夏の間だけでなく、一年中使用してください。

私たちの肌は、曇りの日でも紫外線の悪影響を受ける可能性が高いため、シミを予防したり、黒色腫の発生リスクを軽減するときには、SPF 50以上の日焼け止めを塗ってください。

晴れている時は特に、2時間ごとにそれを塗り直してください。

2. 特定の時間帯に太陽を避ける

太陽の光は、体内でビタミンDを合成するのを助けるため、一日数分間日光浴をするのは健康に良いとされています。

ただし、一日の中で太陽の光が最も強く「攻撃的である」とされる時間帯である午前10時から午後3時までの間は、できる限り太陽の光を避けることをお勧めします。

この時間に屋外に出る場合は、日焼け止めを使用し、腕や脚などの肌の露出を保護する衣服を着用するようにしましょう。

可能ならば、屋外活動を別の時間帯に行うようにしてください。

3. 帽子とサングラスの着用

肌を保護する衣服を着用するだけでなく、帽子やサングラスなどのアクセサリーを活用するのもお勧めです。

帽子とサングラスを着用すれば、紫外線が頭や目に直接的な影響を与えるのを避け、シミの予防にも効果があります。

帽子やサングラスの中にはUVコーティングのついた製品も多く販売されているため、購入時に確認しましょう。

4. 香料入りの製品を使用しない

香水を使う女性

感光性反応を引き起こす可能性がある化粧品や薬に気をつけてください。

シミの発生を防ぐためには、香料の入った製品の使用を避けてください。

化粧品や香水には香料が添加されているものが多くありますが、これらの製品を使った後に太陽の光にさらされると、シミの発生につながる可能性があります。

香料の成分の中には、過剰なメラニンと過剰な色素沈着を引き起こす光毒性反応が起こるものがあります。

太陽の光を浴びる可能性がある場合は、これらの製品を使用せず、SPF値の高い日焼け止めを使用してください。

こちらもご覧ください:肝斑に効く5つの自然療法

5.日焼け止め効果のある化粧品

最近では、日焼け止め効果のある化粧品が販売されています。

特に、日焼け止め効果のあるファンデーションなどは、肌を均一に美しく見せながら、紫外線から肌を保護する効果があるとして人気です。

6. ビタミンC摂取量を増やす

シミを防ぐためには、体内に補給する栄養素も大切です。

十分な栄養素を体内に補給することで、肌の健康にも反映されます。

多くの栄養素をバランスよく摂取することが大切ですが、継続的な太陽の光から肌を保護するためには、抗酸化物質として作用するビタミンCの摂取が欠かせません。

柑橘系の果物をはじめとするビタミンCを豊富に含む食品は、体内でコラーゲンを生成し、細胞を復元するのに役立ちます。

サラダ、スムージー、ジュースなどの方法で摂取するのが良いでしょう。

7.保湿マスク

保湿マスク 日焼けによるシミを防ぐ

保湿マスクは、肌の潤いを取り戻すだけでなく、シミの発生を防ぐ抗酸化剤として働きます。

水分を補給する保湿マスクの利点を最大限に活用するためには、シミができてから使用するのではなく、シミができる前から予防として、週に1~2回適用してください。

市販の保湿マスクもありますが、天然素材で作る自家製の保湿マスクもお勧めです。

完熟アボカド、蜂蜜、ココナッツオイルなどの成分を組み合わせることで、独自の保湿マスクを作りましょう。

  • 太陽の光にさらされやすい場所にマスクを塗布したら、20分間そのままにします。
  • しっかりと洗い流しましょう。

8. 水分補給

水を飲むだけではシミを予防することはできませんが、十分な水分補給は肌の健康維持にとても効果的です。

1日2リットルの水を飲むと、細胞の再生が促進され、乾燥、しみ、早期老化のリスクが軽減されます。

結論

シミを予防するためには、今回ご紹介したようなシンプルな習慣を取り入れましょう。

私たちの肌は常に太陽にさらされています。そのため、シミを予防するためのお手入れは、一年中一貫して継続することが大切です。

  • D’Orazio, J., Jarrett, S., Amaro-Ortiz, A., & Scott, T. (2013). UV radiation and the skin. International Journal of Molecular Sciences. https://doi.org/10.3390/ijms140612222
  • Matsumura, Y., & Ananthaswamy, H. N. (2004). Toxic effects of ultraviolet radiation on the skin. Toxicology and Applied Pharmacology. https://doi.org/10.1016/j.taap.2003.08.019
  • Jablonski, N. G., & Chaplin, G. (2010). Human skin pigmentation as an adaptation to UV radiation. Proceedings of the National Academy of Sciences. https://doi.org/10.1073/pnas.0914628107
  • Antoniou, C., Kosmadaki, M. G., Stratigos, A. J., & Katsambas, A. D. (2008). Sunscreens – What’s important to know. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. https://doi.org/10.1111/j.1468-3083.2007.02580.x
  • Gallagher R. P. (2005). Sunscreens in melanoma and skin cancer prevention. CMAJ : Canadian Medical Association journal = journal de l’Association medicale canadienne173(3), 244-5.
  • Heerfordt, I. M., Torsnes, L. R., Philipsen, P. A., & Wulf, H. C. (2018). Sunscreen use optimized by two consecutive applications. PloS one13(3), e0193916. doi:10.1371/journal.pone.0193916
  • Steinemann, A. (2016). Fragranced consumer products: exposures and effects from emissions. Air Quality, Atmosphere and Health. https://doi.org/10.1007/s11869-016-0442-z
  • Pullar, J. M., Carr, A. C., & Vissers, M. C. M. (2017). The roles of vitamin C in skin health. Nutrients. https://doi.org/10.3390/nu9080866
  • Al-Niaimi, F., & Zhen Chiang, N. Y. (2017). Topical Vitamin C and the skin: Mechanisms of action and Clinical applications. Journal of Clinical and Aesthetic Dermatology.
  • Williams, S., Krueger, N., Davids, M., Kraus, D., & Kerscher, M. (2007). Effect of fluid intake on skin physiology: Distinct differences between drinking mineral water and tap water. International Journal of Cosmetic Science. https://doi.org/10.1111/j.1467-2494.2007.00366.x