羊のミルクの特性、利点、栄養価

今回は、羊の乳を摂取することで得られる効果や栄養価をご紹介します。食事に取り入れることができる高品質な食材です。
羊のミルクの特性、利点、栄養価
Saúl Sánchez Arias

によって書かれ、確認されています。 栄養士 Saúl Sánchez Arias.

最後の更新: 20 11月, 2022

羊のミルクは栄養価の高い製品です。牛乳と一緒に、あるいは牛乳の代わりに、日常的に食事に取り入れることができます。

これから羊乳の健康効果をご紹介しますが、まず最初に、乳製品は頻繁に食事に取り入れる必要があることをお伝えします。主な食事療法のガイドラインでは、毎日少なくとも2~3食分の摂取を推奨しています。

これによって、カルシウムの必要量を簡単に満たすことができ、さらに、十分なタンパク質の摂取を保証することができます。

羊乳の栄養価

栄養面では、羊のミルクは100mlあたり約100キロカロリーであることに留意する必要があります。炭水化物は5グラム、タンパク質は5.6グラムです。

脂質は大栄養素の中で主要な成分であり、前述の量で6.3グラムです。脂質に関しては、脂肪酸のほとんどが飽和タイプであることに注目することが重要です。

しかし、羊の乳には数種類の必須微量栄養素も含まれています。カルシウム、亜鉛、ビタミンA、ビタミンC、葉酸、ナトリウムなどです。このため、1日の必要量を確実にカバーできる理想的な食材と言っても過言ではないでしょう。

一部の乳製品。

羊乳のメリット

まず最初に、羊乳の除脂肪体重機能に対するプラスの効果についてお話します。これは、生物学的価値の高いタンパク質が濃縮されている点のことです。

羊の乳に含まれるタンパク質は、すべての必須アミノ酸と優れた消化率スコアを持っています。これらの栄養素は、サルコペニアのような複雑な病態の発生を防ぐのに役立つことが証明されています。

さらに、羊乳は、骨折のリスクを高める骨マトリックスの変化を防ぐのに決定的な役割を果たします。これは、閉経を迎えた女性の場合、骨粗鬆症がより頻繁に発生するため、重要なポイントになります。骨粗鬆症にならないためには、ビタミンDとカルシウムの摂取量を最適化する必要があると、Osteoporosis International誌に掲載された研究結果で述べられています。

視覚の健康に関わる問題を防ぐために、ビタミンAの1日の必要量を満たす必要性も忘れてはなりません。Sub-Cellular Biochemistry誌に掲載された研究でも、このことが確認されています。

羊のミルクにはこの栄養素がかなり含まれているので、この効果を得るには最適でしょう。傷の治癒を促進する要素としても重要な栄養素です。

妊娠中の女性には、葉酸のことを考慮して、羊乳をお勧めします。妊娠中は、このビタミンの必要性が高まります。このビタミンの必要量は妊娠中に増加し、胎児に不足が生じないようにこのサプリメントが投与されるのが一般的です。しかし、新鮮な食品を通じて食事に含まれる葉酸の量を増やすことも重要です。

こちらもお読みください:ヘーゼルナッツミルクの栄養価と特徴

牛乳のほうが良いですか?

この質問に対して答えを出すのは難しいです。

実は、両者は互いに排他的な食品ではないのです。どちらも日常的に食事に取り入れることをお勧めします。

どちらも栄養価が高く、健康に良いとされる製品です。タンパク質の濃度や脂質組成が多少異なりますが、この変化により大きな変化が生じることはあまりありません。

牛乳。
牛乳と羊の乳は、お互いを補完し合うことができます。一方が他方を完全に置き換える必要はないのです。

羊乳は栄養価の高い食品

羊のミルクは優れた品質の食品なので、定期的に摂取することができます。しかし、量を増やしすぎるのはよくありません。脂質が含まれているため、かなりカロリーの高い食材であることに変わりはなく、体重増加の原因になる可能性があります。

人によっては、胃腸の観点から牛乳の摂取に好反応を示さない場合があります。これは微生物叢の変化に関連しており、その結果、細菌の多様性が失われることに繋がります。

いずれにせよ、牛乳の摂取後に何か症状が出る場合は、乳糖を含まないものを試してみるのが一番です。また、専門家に相談し、診断検査を受けることも考慮してください。

こちらの記事もおすすめです。
植物性ミルクの成分と効能について
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
植物性ミルクの成分と効能について

近年では、植物性ミルクの人気がますます高まり、主流とも言われる製品になりました。乳糖不耐症の人にとっては優れた選択肢であるため、多くの人が牛乳の代わりに植物性ミルクを選ぶ傾向があります。ただし、確実に良好な栄養価を摂取するためには、製品のラベルを確認し、特定の注意点に留意することが大切です。



  • Martone AM, Marzetti E, Calvani R, et al. Exercise and Protein Intake: A Synergistic Approach against Sarcopenia. Biomed Res Int. 2017;2017:2672435. doi:10.1155/2017/2672435
  • Weaver CM, Alexander DD, Boushey CJ, et al. Calcium plus vitamin D supplementation and risk of fractures: an updated meta-analysis from the National Osteoporosis Foundation [published correction appears in Osteoporos Int. 2016 Aug;27(8):2643-6]. Osteoporos Int. 2016;27(1):367-376. doi:10.1007/s00198-015-3386-5
  • Saari JC. Vitamin A and Vision. Subcell Biochem. 2016;81:231-259. doi:10.1007/978-94-024-0945-1_9